サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青い眼がほしい
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/06/01
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:16cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-120006-1
文庫

紙の本

青い眼がほしい (ハヤカワepi文庫)

著者 トニ・モリスン (著),大社 淑子 (訳)

青い眼がほしい (ハヤカワepi文庫)

税込 946 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

昔の話?いえいえ。。

2016/01/26 08:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メロリーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔の話のはずだけど何か変わった?カラコンにもはや違和感はなく、欧米に認められる事が大好きな日本人には胸に迫るものがありますね。ネラ・ラーセンの「白い黒人」、ジョン・カサヴェテス監督作の映画「アメリカの影」どちらも白人の血が混じっており白人のふりをして生きる女性が出てきます。これらも衝撃だった。それもできないピコーラ、どちらも不幸せでしょうが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トランプ政権下、黒人の地位は向上しているのか

2019/01/28 16:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

父親にレイプされるという想像を絶する過酷な運命を背負うことになった少女ピコーラは「誰よりも青い眼にして欲しい」と神に祈った。公民権運動が始まった1960年代以前の黒人は、白人と同じ権利を自分たちも持っているという事実を判ろうとしなかったというよりはそんなことは考えもしなかった。この本においても、黒人自身、白人との間に明確な線引きがあることを当然の様に許容していた。だから黒人たちは自分たちより劣っている(劣っていると思われる)黒人たちを「ニガー」と蔑むことによって不満を解消している描写が登場する。この作品は、奴隷から解放されても白人支配からは解放されていない時代の悲劇を描いているが、トランプ政権下、状況ははたして好転しているのかというと

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他の作品も読みたい

2015/09/25 18:41

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、テーマは重いけれど女性作家らしい繊細な感じがして、大事に読み進めて行きました。でも途中から圧倒され夢中に読んでいる感じになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/11 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/06 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/01 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/13 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/12 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/23 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/18 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/10 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/25 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。