サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虫眼とアニ眼 養老孟司対談宮崎駿
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

虫眼とアニ眼 養老孟司対談宮崎駿

著者 養老 孟司 (著),宮崎 駿 (著)

虫好きの解剖学者とアニメーション映画監督がざっくばらんに語り合う「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」のこと、自然と人間のこと、そして子供たちのこと。書き下ろし原稿、描き下ろ...

もっと見る

虫眼とアニ眼 養老孟司対談宮崎駿

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

虫好きの解剖学者とアニメーション映画監督がざっくばらんに語り合う「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」のこと、自然と人間のこと、そして子供たちのこと。書き下ろし原稿、描き下ろしカラー読み物も収録!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

養老 孟司

略歴
〈養老〉1937年鎌倉市生まれ。解剖学者。著書に「ヒトの見方」「唯脳論」ほか。
〈宮崎〉1941年東京都生まれ。アニメーター・演出家。作品に「風の谷のナウシカ」「紅の豚」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『ポニョ』の原点を見つけた

2010/02/21 19:14

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

1997年から98年にかけての宮崎アニメでいうと『もののけ姫』の頃と、2001年の『千と千尋の神隠し』の頃の、養老孟司と宮崎駿の対談を収めたものです。初出は『広告批評』『キネ旬ムック』『致知』です。前2者は比較的知られている雑誌やムックだと思いますが、『致知』はあまり知りませんでした。調べてみると創刊30年になる人間学の雑誌のようです。たいした脈絡はなく、ただ単に2人の対談を集めて、ジブリアニメ『猫の恩返し』公開に合わせて出版したというもののようです。
なので、基本的には養老孟司と宮崎駿が、2人の興味関心の赴くままに話をしている印象があります。対談以前から知り合いであり、ほぼ同世代とも言える2人なので、話は縦横無尽に展開していきます。まあそれについていって、こちらがいろいろと刺激されることがあればいいのかとも思います。
対談はもちろん面白いのですが、それよりもこの3つの対談の前後に宮崎駿の描き下ろしカラー読物と養老孟司の書き下ろし原稿が収められていて、こちらの方がより面白かったりします。
特に宮崎駿の読物には、のちに『崖の上のポニョ』の構想にもつながるような「保育園と地続きでホスピスを」という絵と話が出てきます。読物全体はこの本に収められている対談から考えたこととなっていますので、実は『ポニョ』の一部は養老孟司との話の中から出てきたものかもしれません。この部分だけでも必読の価値があるように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

同じものを見ていても見ているものが違う

2005/09/09 21:39

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「バカの壁」で有名な養老さんと、宮崎駿
との対談を、文章に起こしたものです。
(その他もあります)
その内容は、文化人類学的なものから、地学、経済学、文化論
まで、幅広いのですが
お互いの専門分野は、お互い深く立ち入らず、
褒めあって、大人の会話になっています。
虫眼と、いうのは、養老さんが、趣味が昆虫観察なのは、
もとよりなのですが、、
大多数で同じ風景というか、場面を見ても
「あっ、ここに、なんとかという虫がいる!」と、叫ぶ子供が、
いるそうです。
大人は、同じところを見ているのに、えーどこどこと、なるのですが、
そういう、子供の眼のことを、いうそうです。
同じものを見ながら、見ているものが、まったく違うのですね、
アニ眼は、いうことなき、宮崎さんetcのアニメーターの、
普段、我々一般peopleが、一秒間で、ぱーっと
見ているものを、24コマ
(ジャパニメーションは、3コマ同じ絵なので、8コマですが、)
に分割して、絵に細分化することのできる眼です。
そういう風に、動きを細分化すると、
(実際は、動きを単純に細分化するだけでなく、多少のデフォルメや、
眼の錯覚を利用して、描写する為アニメーターの個性が加味されています)
鳥や、虫の羽ばたきが、大変変わって、印象深く見えてくるそうです。
知的なお二人の趣味や仕事の話しです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何もかも手遅れの気が

2018/09/07 02:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな対話を20年近く前にやってたんだなあ。「すべての関心が人間関係のみに向かっている」いるというパヤオさんの指摘は、ますます酷くなっているように思う。この対談時代に若者だった人が中年になったせいか、社会全体がその傾向。事態は何もよくなっていない。「映画が流行ったからといって社会には何の関係もない」というパヤオさんの冷静な分析は正しかったと言うことか。コナンの世界が現実になる日も近いのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/14 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/26 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/30 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/06 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/25 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/14 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/04 02:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/23 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/27 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/31 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/29 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

アニメ一般 ランキング

アニメ一般のランキングをご紹介しますアニメ一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。