サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ユリシーズ 1(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/687p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-761004-7
文庫

紙の本

ユリシーズ 1 (集英社文庫 ヘリテージシリーズ)

著者 ジェイムズ・ジョイス (著),丸谷 才一 (訳),永川 玲二 (訳),高松 雄一 (訳)

ユリシーズ 1 (集英社文庫 ヘリテージシリーズ)

税込 1,242 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

6月16日、かの『ユ...

ジュンク堂

6月16日、かの『ユリシーズ』を読み始めるのに最適な日は今日を置いてありません。
なぜなら本書は、1904年6月16日、このたった一日を描いた小説だからです。

難解だ、と言われます。
細かいエピソードがあっちこっちに飛び回り、主人公も章ごとに変わっていく。
挑み甲斐のある言葉言葉が積み重なりじっくりと読む読書の
醍醐味を味わうにはもってこい。
買ったはいいけれども先に進めず眠らせている方も
このユリシーズの記念日に、引っ張り出して読んでみませんか?

ちなみに、それでも『ユリシーズ』は敷居が高い・・・という方には
こちらがおすすめです!
『世界文学を読みほどく』池澤夏樹著 新潮社


【折々のHON 2010年6月16日の1冊】

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

正に偉業──100年前に為された,cutandpaste,そして,remix。

2005/10/21 15:59

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:phi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品は 100 年前の文学におけるヒップ・ホップですね。全体を通じて流れる“ビート”に当るのが『オデュッセイア』で,その上に,多種多様な文学・思想・ノイズなどが,サンプリングされ,載せられています。今思い付く所では,大友良英のや David SHEA の作品とのアナロジィを感じますね。又,各章,文体ががらりと変えられている,という点では,18 人の MC たちによるマイク・リレイ,と考えることも出来ます。現在では,サンプリングも当り前の手法ですが,1 世紀も前にそれを,発想し,実行したジョイスは正しくパイオニアです。リアル・ヒップ・ホッパですね。
 後,真剣に本作品に取り組みたい,と考えるのでなければ,必ずしも,前以て『オデュッセイア』を読んでおく必要は無い,と思います。しかし,『ダブリンの市民』と『若い芸術家の肖像』──これら 2 つは必読でしょうね。■

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大兄,ユ,ユリシーズが文庫でこの値段ですぞ。これを買わないで何を買うって言うんですか。

2003/11/06 23:21

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:respondeo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんの数年前,本書がはじめて集英社から出たとき,文学少年だったぼくは本書が陳列された書店の棚の前を,羨望のまなざしとともに徘徊したものだった。三冊で,1万2000円(と税)。それは,明らかにひとつの本に費やす値段ではなかった(と税,は今より安かったが)。

それが,だ。あなた。デフレだかなんだかしらないが,文庫になって,一冊1200円だということだ。これは凄いのだ。集英社はエライのだ。この本一冊必死で翻訳することを考えてみればタダみたいなものではないか。なにせ『ユリシーズ』の英語は難しいのだ。下手すると本当に死ぬかもしれないぞ。そうでなくても,英文学研究者になってそのまま御陀仏かもしれないのだぞ。

それが,だ。あなた。デフレだかなんだかしらないが,文庫になって,一冊1200円で,しかも単行本についていた詳細な「註」は,そのままちゃんと残っているのだ。凄いのだ。この註がまた半端ではないのだ。当時のダブリンの様子からトマス・アクィナスの『神学大全』まで何でも載っているのだ。ほとんど,偏執狂なのだ。なにせ『ユリシーズ』の註釈はたいへんなのだ。下手すると本当に死ぬかもしれないぞ。そうでなくても,英文学研究者にそのまま御陀仏かもしれないのだぞ。

それが,だ。あなた。デフレだかなんだかしらないが,文庫になって。一冊1200円で,しかもなんと内容は同じなのだ。涙が出る。凄いのだ。感動なのだ。買うしかないのだ。

註:内容については何もふれなかったが,一言で言うと,登場人物たちがのべつくまなく,おしゃべりをしたり,蘊蓄をたれたり,エッチなことを考えたり,まあ,そこらへんのきみやぼくと同じようなことをえんえんえんえんと続けている小説なのだ。とにかく,えんえんえんえんえんと続くのだ。筋なんてどうでもいいのだ。で,それが面白いかって,面白いのだよ。

集英社はエライのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何とか読み終えました

2019/01/27 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてつももなくハードな読書だった。全く訳注がなければ意味が分からない。おそらく、訳の分かる人なんていないはずだ。1904年6月16日の出来事を作中の登場人物の意識の流れで描いているということになるのだが、いろいろな文体が私を惑わす。訳者も惑わす。訳者は古代英語から現代英語へと書き連ねている流れを「古事記」風、「源氏物語」風、「西鶴」風、「漱石」風、「宮沢賢治」風とアレンジして読ませようと試みる。読むほうも覚悟が必要だ。主人公のユダヤ人ブルームは妖艶な妻モーリの不貞を疑い、やきもきしながら砂浜で見かけた少女に興奮してオナニーをしてしまうという変態であり好感度が低い男だ。さらに年下の友人に妻の写真を見せる。この行動が意味不明で、まるで彼に寝取ってもらいたいかのようにも思える。不思議な感覚の小説だ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/22 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/16 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/12 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/31 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/09 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/08 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/07 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/02 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/26 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。