サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

きりのなかのはりねずみ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2000.10
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:31cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-8340-1705-2
絵本

紙の本

きりのなかのはりねずみ (世界傑作絵本シリーズ)

著者 ノルシュテイン (作),コズロフ (作),ヤールブソワ (絵),こじま ひろこ (訳)

【産経児童出版文化賞(第48回)】こぐまの家に行く途中、はりねずみは霧の中に白い馬を見つけました。おもいきって霧の中に入っていくと…。霧の中ではりねずみが体験する、あこが...

もっと見る

きりのなかのはりねずみ (世界傑作絵本シリーズ)

1,404(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【産経児童出版文化賞(第48回)】こぐまの家に行く途中、はりねずみは霧の中に白い馬を見つけました。おもいきって霧の中に入っていくと…。霧の中ではりねずみが体験する、あこがれ、おどろき、おそれ、よろこびを描く、詩情あふれる絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店旭川店

きりのなかのはりねずみ

ジュンク堂書店旭川店さん

はりねずみは、辺りが薄暗くなってきた頃、仲良しのこぐまの家へ野いちごの“はちみつ煮”を持って出かけます。
2人でお茶をのみながら星を数えるために・・・。
深く落ち着いた色調のさし絵が、読者をも霧の中へと誘い込むロシア作家の絵本。

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

待っていてくれる存在がいるから道に迷っても会いに行く。

2009/10/26 22:40

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の存在を知ったのは、いつだったかな。

何かの本のデータを見ていたときに、
「この本を見た人は下記の本も見ています」に出てきたんだったかな。

表紙に惹かれた。

「はりはり」は、「ふわふわ」と同じくらい好きだったし、
「後姿」も、想像の余地が残されていて、そそられてしまうのだ。

うすぼんやりとして見えない先に、このはりねずみは入っていこうとしている。

わからないものに向かっていくのは怖いけれど、そこにはわくわくとした気持ちもある。

中表紙。

「はりはり」と「ふわふわ」の後姿。

夜空を見上げる二匹の間に、あったかいものが漂っているってわかる。

はりねずみは、日がしずんであたりがうすぐらくなってから、
こぐまのいえに出かける。

ふたりでお茶を飲みながら星を数えるために。

のいちごのはちみちを持って。

はりねずみよりも、木の後ろから覗いている
みみずくの目の方が大きくて、
どきっとさせられる。

みみずくって、はりねずみを食べたっけ!?

はりねずみは水たまりの中にいるお星様を見つけていて全然気づかないけれど、
みみずくはじーっとはりねずみを見ている。

みみずくは、存在感がはりねずみよりもあるくらいに大きい。

はりねずみは、井戸の中にもお星様がいるかなと覗いてみたりと、
ごくまのところにまっすぐいくでもなく、結構マイペースなのだ。

でも、夜のお散歩って、こんな感じで、昼間と違う景色に、わくわくするよね。

みみずくもはりねずみのあとからまねをしていたりする。

そして、はりねずみは、きりのなかで、むねがどきどきするくらいすてきな存在に出逢う。

きりに溶けてしまうような美しさ。

だんだん、こちらもきりの中に迷っているような気になってくる。

おそらく近いはずのこぐまの家になかなかたどりつかないのだ。

遠近感も不思議な感じ。

ぼーっとした背景に、はりねずみがきちんと見たものは、
いきなりどーんと出てくるような。

はりねずみがこぐまのところにたどりついたときの灯りの明るいこと、温かいこと。

どんなに道に迷っても、待っていてくれる存在がいるって幸せだ。

だから、道に迷っても行こうとするんだ、きっと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつもそばに置きたい

2015/02/02 18:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポルカドット - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもそばに置きたい、大切な一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニメーション史に残る名作

2004/08/19 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こひつじちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的な話なのですが、わたくしハリネズミコレクター
といたしましては外せない一冊です。

そして絵本は勿論なのですが、アニメーションの評価も
高い作品です。(現在DVDで見る事ができます)

2003年に発行された「世界と日本のアニメーションベスト150」
ではノンジャンル&オールタイムセレクションのアニメーション
のなかで堂々1位に輝きました。パチパチパチ…。

掲載ページは少ないのですが、この絵本の「絵コンテ」も
載っており、色鉛筆の素朴なタッチがたまらなく良いです。必見。


「世界と日本のアニメーションベスト150」はこちらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝説のロシア・アニメの幻想世界が再びよみがえる!

2001/03/22 10:36

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本の紹介に先立って思い出めいた話をひとつ。
 今から20年前後前、貸しビデオ屋さんなんてのがまだ一般的でなかったころ、都内にはいろいろなスタイルの映画館があった。映画好きは『ぴあ』を片手に名画座をチェックして、400〜500円で見られる二本立てを見逃すまいとアンテナを張っていたし、四谷のイメージフォーラムや御茶ノ水のアテネフランセなどで不定期に上映される珍しい映画をさがしていたものだ。

 足を運ぶ労をいとわない映画好きのための小屋がまだ多くあった時代に、「ロシアのアニメですごいのがある」という話がまことしやかに伝わった。
 それが、この絵本のもとになった「きりのなかのはりねずみ」なのである。観ることができたのは、西武のイメージフォーラムだったか吉祥寺のバウスシアターあたりだったか、記憶も霧の中にうっすらと遠のいてしまったけれど、同時上映の「話の話」などとともに、夢のように美しい画像が残像としてこの身の奥深く沈んでいる。幸せな映画体験であった。
 同時期に観たタルコフスキー映画の哀愁に満ちたロシアの大地へのオマージュとともに、ノルシュテインのこのアニメは、ロシア映画の金字塔なのである。

「20年たって何でまた絵本?」
 この絵本が注目の新刊として書店に並べられた時に、正直そう思った。
 手にとって眺めてみて、やはり強烈な映画体験には遥かに及ばない気がしたのだけれど、この話が絵本化されるメリットは大きいことに気がついた。
 
 日が沈んで、一緒に星の数を数えながらお茶を飲もうと、こぐまの家に出かけていくはりねずみ。夜空の星が水の中にもいることを発見したり、霧の中に不思議な白い馬を見つけたり、蛾のダンスに参加したり、迷ってしまって怖くなったり、川に落ちてしまったり…辿り着くまでに様々な思いをして、作家のノルシュテイン自身が言うように「人生そのものを経験する」ことになる。

 この話は、夜眠りにつく前の子どもに読み聞かせてあげるに、とてもふさわしいものなのだ。
 幻想的な夜の世界での出来事であるし、大変な思いをしてこぐまのところに辿り着き、最後に静かな時間を得たはりねずみの心の中が、一日いろんなことがあったけれど、今はおとなしく眠りを迎えるという子どもたちの心理状態にぴったりフィットする。

 映画を作るときにこめた自分の気持ちが、絵本という形でより子どもたちに身近な姿になって届けるとができると気がついたからこそ、映画の制作スタッフが再びつどってこれを作り上げたに違いない。

 限られた色を使った、渋い雰囲気の地味な絵本である。読んでいると、夜のふところにすっぽりと抱かれ、守られている気がする−−そんな絵本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

霧の中で、はりねずみが見たしろいうまはまぼろしだったのでしょうか。

2000/11/21 14:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杜若 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日がしずんで、あたりが薄暗くなったころ、はりねずみはこぐまの家に出かけます。
ふたりでお茶を飲みながら星をかぞえるのです。
道々、水たまりに映った星を見たり、古井戸の中をのぞきこんだりしていると、霧の中にしろいうまが浮かんでいました。
「しろいうまさん、きりのなかで おぼれないかしら?」
はりねずみが霧の中にはいっていくと、しろいうまの姿はみえません。はりねずみはどちらにいったらいいのかわからなくなってしまいました。
霧の中ではりねずみは、いったいどんなことを体験するのでしょう。

夕闇のダークブルーの空、白とグレイの入り混じった霧、しろいうま、“幻想的”な色合いと雰囲気を持った美しい絵本。
ロシアのアニメーション作家ノルシュテインが短編アニメーション「きりのなかのはりねずみ」を新たに絵本にした作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/09 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/02 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/22 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/10 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/29 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/19 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/15 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/25 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/03 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。