サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鳩のなかの猫(クリスティー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/472p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-130028-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鳩のなかの猫 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),橋本 福夫 (訳)

鳩のなかの猫 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

972(税込)

鳩のなかの猫

823(税込)

鳩のなかの猫

ポイント :7pt / 紙の本より149おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

2006/09/02 19:14

投稿元:ブクログ

サラーっと読めます。全寮制女子校ということで結構期待したけど、生徒があまり出てこない。シャイスタと、ジュリアがお気に入り。

2005/07/29 23:37

投稿元:ブクログ

ポアロ作品。生徒も教師も女だけのイギリスの寮制女子校(鳩たち)に、鋭く残忍な人物(猫)が忍び込む。やがて殺人事件が起こり、中東で起こった宝石消失事件とも絡み合っていく。最後まで気の抜けない展開がたまらなく面白い。
女学校の生徒ジュリアがポアロに事件解決を依頼し、後半ポアロが大活躍するのだけれど、ジュリアの行動力がすがすがしい。この辺りは「マギンティ夫人は死んだ」の後にぜひ読んで欲しい。
私はそのジュリアのお母さんの行動も大好き。ある意味キーパーソンとして登場し、なかなか姿を現さず、いざとなったら切り替えの早い行動を取る。とっても素敵だ。

2008/09/20 13:05

投稿元:ブクログ

ポアロもの。有名校メドウバンクで起こる事件を扱ったもの。ポアロものですがポアロは解決するためだけに出てきて、ほとんどが登場人物たちの描写で、実質ノン・シリーズみたいな作品ですが、宝石の行方やどうして殺されたのか、という謎がありサスペンスチックで面白かったです。

2015/12/14 16:56

投稿元:ブクログ

図書館で。
まさかあの人だったとは…!という犯人でした。一番関係なさそうな立場に居たので。彼女は些細な事で人を殺しすぎ。これでは学校も大変だろうなあ…。でも学校側は本当に単なるとばっちりなのでさらに可哀想。ま、あの校長先生なら何とかしそうな気もしますが。

という訳で宝石がどこにあるのか、とかそういう事よりも学校経営とか女性同士の人間関係とかそういう所を面白く読みました。最後に出てくる奥さんも中々大した女性です。校長先生とかこういう奥さんを女性が描けるってもの嬉しいな、と思いました。

2012/08/03 22:14

投稿元:ブクログ

エルキュール・ポアロ・シリーズ

ラマット国で起きた革命。アリ・ユースフ王から宝石を託されたの友人ボブ・ローリンスン。姪であるジェニファーの持ち物に隠された宝石。国からの脱出中に死亡したアリ王とボブ。ジェニファーが入学した名門校メドウバンク。入学手続きの時にジュリアン・アップトンの母親が目撃した人物。アリ王の従姉妹シャイスタの入学。彼女に送られる荷物を監視するために庭師として潜入したアダム。何者かに殺害された体育教師スプリンガー。殺害現場の体育館。ジュリアとジェニファーのテニスラケットの交換。校長の秘書アンのアリバイ。校長の引退と後継者の噂。殺害されたドイツ人教師ヴァンシッタート。後見人の公爵が学校を訪れる日に何者かに誘拐されたシャイスタ。ジュリアに送られたラケットと持ち去られた古いラケット。ラケットの秘密に気がついたジェニファー。ポアロへの相談。犯人を強請ろうとし逆に殺害されたフランス人教師ブランシュ。

2010/01/08 11:51

投稿元:ブクログ

アガサ・クリスティー

この表紙から、女子高の少女が首吊り自殺をしたのかと思いましたが、
そういうお話ではなく。

中東のラマット王国末裔の残した宝石と、イギリスの名門女子高での事件。
教師達、様々な思惑。
ドキドキ感はないもののなかなかおもしろいのです。

ポワロの登場が少ない分、
読者も犯人探しを出来るように様々な複線が潜んでいます。
例えば、第一人称が実は犯人だったりするような
そういう手法を使っているクリスティの他作品とは
また違う楽しみ方が出来ます。

2010/07/11 17:51

投稿元:ブクログ

女学校ものですよ。
女子学生の中に突入するポアロ大先生。
十代の女の子ばっかり… ということを逆手にとったトリック。
さすがクリスティー。

2010/12/02 16:50

投稿元:ブクログ

これはポアロ作品に入れていいの?ほんとに最後しかでてこないし、冴えてる名推理!てほどでもない。いろいろな著名人の秘書を渡り歩いてるシャプラント、あたしはなっからこいつだと思ったもの。都合よすぎる経歴でしょ。閉鎖的な寄宿生の名門女子校、という場所設定はあまり時代のずれを感じなかった。西洋より東洋の少女のほうが年よりませてみえる、というのは?だったし、女性の年齢は膝で判断しろというくだりではおもわず自分の膝をみたわ……。全体としては、面白かった、クーデターに倒れた某国の正義の王子、彼が残した莫大な資産はちゃんと納得いく使われ方におさまったし。魅力あるキャラの女性が多くでてくるのでこのメンバーのまま続編が欲しいくらい。でも、宝石ってそんな、女の人を狂わす魔力があるかなー。私もきらいではないが、そんなに目の色変わるほど欲しくもないがな。鳩のなかの猫というタイトルはちょっとしっくりこない。閉鎖的な女子校のなかは鳩が象徴するような平和的な娘や女教師ばかりじゃないもの。どっちかっていうと、「猫のなかの豹」のほうがしっくり。若干、登場人物が多すぎて、女教師だけでもイラスト入りで顔と経歴紹介とかあればすっきり読めるかも。それとロビンソンの素性が結局曖昧だったから、★は3で。

2011/02/14 00:02

投稿元:ブクログ

ミステリーというより、サスペンスに近い?

あっ、でもミステリーとサスペンスの違いってよく分からないけど(汗)イメージです、イメージ。

最初は題名に騙されて、猫が活躍するのかと思ってたけど、全然違ってました(外国の方が書かれた小説には、そういう本が多いですものね)。鳩の中の猫っていうのは、外国のことわざのような言葉らしく、日本風に言えば飛んで火にいる夏の虫・・いや~違うか。なんだろ~。羊の中のオオカミ・・そんなことわざ無いか。

まあ~ようするに、同じ仲間同士の中に、敵が紛れ込んでいるって思ってください。そして、その敵をいろんな人が推理していく物語です。最後の犯人はけっこう意外でした。でも、そっか~、注意深く読んでいれば想定できたかもしれない人物でした。

2010/11/07 14:22

投稿元:ブクログ

2010年9月にNHKでオンエアされた、デビット・スーシェ主演のポアロ物新作4本のうちのひとつ。珍しく、これはほぼ原作に忠実に映像化されていました。
ポアロ物の中では好きな作品なので、脚色の少ない映像化は嬉しかったな。

2015/05/20 09:09

投稿元:ブクログ

中東で殺害された皇子と専属パイロット、行方不明になった皇子の宝石。
イギリスのとある女学校で起こった3つの殺人事件。
女学校を抜け出してきた少女に事件の解決を依頼され、エルキュール・ポアロが動き出す。

-------
中々ポアロが出て来なかったけど、面白かった。
宝石の在り処は途中で直ぐに分かったけど、犯人はちょっと意外だったかな。
途中まで違う人が犯人だと思ってた笑
ビックリとか凄くて興奮、と言うほどでもないけど、面白い作品だと思う。

2011/08/04 20:32

投稿元:ブクログ

最初はポアロものだとは気が付かなかった。

アガサクリスティの分身は誰だろうかと思いながら読み進んだ。
ジュリアだろうか。

女学校のあり方を問うような内容があるが、
最後は急展開で、うまくついていけなかった。

2011/05/01 22:55

投稿元:ブクログ

ポアロってなってるけど、ポアロはゲスト出演て感じ。
殺人事件と国家機密が合わさっていて面白かった。

2012/12/12 01:55

投稿元:ブクログ

半分以上読んで、やっとやっとポワロさん登場!
なかなか出てこないから、ポワロさんの本を読んでるんだよね…?って途中不安になったよ。。


宝石に目が眩む人々…怖かった。
最後は本当に相応しい人のもとへ最良と思われる形で遺贈されて、本当によかった。

2013/08/12 12:31

投稿元:ブクログ

ポワロ作品

【ストーリー】
あるアラブ国家でクーデターが発生した。その事態を予期していた若き領主は、代々受け継がれた宝石を友人に託し、やがて秘密の手段で国外へと持ち出される。
それから6週間後。上流階級の子女を多く集め、領主の友人の妹も通う女学院で、新任の体育教師が射殺体で発見される。

【解説】
国家の動乱と女学院での殺人。犯人像や動機は序盤から暗示され、該当者も徐々に絞られてくるが、終盤意外な流れになり、飽きさせない展開だった。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む