サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エス 咬痕(SHY NOVELS(シャイノベルズ))

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

エス 咬痕 (Shy novels)

著者 英田 サキ (著)

エス-それは裏の世界に生きていながら、刑事の意を受け、内部情報をもたらす人物であり、スパイの「S」を意味する-。大物ヤクザ宗近をエスとし、自分の体を餌に情報を得る椎葉に、...

もっと見る

エス 咬痕 (Shy novels)

929(税込)

エス 咬痕-かみあと- 【イラスト付】

918 (税込)

エス 咬痕-かみあと- 【イラスト付】

ポイント :8pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エス-それは裏の世界に生きていながら、刑事の意を受け、内部情報をもたらす人物であり、スパイの「S」を意味する-。大物ヤクザ宗近をエスとし、自分の体を餌に情報を得る椎葉に、ある日命令が下り…。鮮烈な愛の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (19件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シリーズその2

2012/08/29 22:40

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

エスの二作目です。
今回は椎葉の同僚、永倉とそのエスである真生がメインでしたね。
一蓮托生であるエスとの関わり方に胸が痛くなりました。
絶対に愛してはいけない、というくだりは読んでいて苦しいです・・・
そんな葛藤をかかえている椎葉に今回、宗近は結構な仕打ちをします。
心も体も痛いです。
永倉も真生を愛していても絶対に、言わない。
最後までそれを貫きます。永倉はあれで報われたのかなぁ。
その後の真生がどうなったのか気になります。
自由に羽ばたけたのでしょうか。
「エス 裂罅」に続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

起承転結の承

2016/07/25 22:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

エスシリーズは全4感。1巻で椎葉と宗近のなれそめ。
2巻ではもう一組の刑事とエスが登場。この二人を通して、
主人公が相手との関係を苦しみながら模索していきます。
切なさ全開なのに、次の巻は新たな展開が起こるので、あとから読み返すと2巻はまだ平和なーと思えてきます。
1巻の安藤さんが死なすには惜しいキャラでした。あとから
じわじわきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/04 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/21 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/06 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/17 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/01 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/28 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/19 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/22 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/23 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/16 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/27 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る