サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 考えないヒト ケータイ依存で退化した日本人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

考えないヒト ケータイ依存で退化した日本人(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-101805-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

考えないヒト ケータイ依存で退化した日本人 (中公新書)

著者 正高 信男 (著)

IT化の極致のケータイでヒトは脳の外部化に成功。が、それによって思考力の衰退、家族崩壊などの退化現象が現れた。出あるき人間、キレるヒトなどは次世代人類ではないのか。霊長類...

もっと見る

考えないヒト ケータイ依存で退化した日本人 (中公新書)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

IT化の極致のケータイでヒトは脳の外部化に成功。が、それによって思考力の衰退、家族崩壊などの退化現象が現れた。出あるき人間、キレるヒトなどは次世代人類ではないのか。霊長類研究の蓄積から画期的文明・文化論を展開。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

正高 信男

略歴
〈正高信男〉1954年大阪生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。学術博士。現在、京都大学霊長類研究所教授。専攻は比較行動学。著書に「子どもはことばをからだで覚える」「父親力」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価2.4

評価内訳

紙の本

面白そうなテーマはあるのですが・・・。現代の日本の若者に違和感、危機感を覚える大人が、自分の知識を用いて納得のいく説明を組み立てる努力をしているといったところ。

2005/09/20 14:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 霊長類研究者が考えたケータイ文化論、「ケータイを持ったサル」の続編。NHK「人間講座・人間性の進化史」のテキストをもとに加筆・訂正されたものだそうです。今回は「キレる」などの現象、「メールの文字」などを扱う対象として、特に日本の若者についての現象を論じています。
 前作もそうでしたが、印象は「現代の日本の若者に違和感、危機感を覚える大人が、自分の知識を用いて納得のいく説明を組み立てる努力をしている」でしょうか。様々な「目に付くこと」をとりあげているせいか、まとまりが少し散漫になっている印象は否めませんでした。
 メールで使われる独特の文字についての推論やパーティというものの分析とか、文化論として面白くなりそうな話もあります。表音文字、表意文字のどちらを使っているかでメール文字の変化やメールの使用法そのものに差があるのかとか、日本の若者についてだけでなく、世界各国、各世代、ともう少し対象を広げて評価・検討されてから文化論を開陳して下さってもよかったのではないでしょうか。学生さんのテーマになりそうなアイデアとしてみると面白そうなのがいっぱい入っておりますね。
著者は謙虚な気持ちで書かれたのかもしれませんが、前書きでいきなり「趣味でしている作業」「宝くじでも買ったつもりで」と書かれてしまわれるのでは、読むほうは真面目な本としては読みづらくなります。新書の中には、一般の人にもわかりやすいがとても丁寧に論じられている素晴らしいものがあるので、期待して開くのですが。。。そういう(趣味とか宝くじとかの)内容でテレビの教育番組も作られたのかと思うと、残念ですがそちらも疑ってしまいたくなります。それははずれた宝くじより残念かもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

俗流若者論スタディーズVol.4〜これは科学に対する侮辱である〜

2005/07/26 01:36

15人中、15人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後藤和智 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、昨年12月から今年1月にかけて行なわれた、この著者・正高信男による「NHK人間講座」のテキスト『人間性の進化史』をほとんどそのまま書籍化したものである。
 はっきりいって、突っ込みどころが満載なんだよ、これ。『人間性の進化史』を既読の人には本書の突っ込みどころが全てテキストの突っ込みどころと重なるんだけれども、まだ読んでいない人のためにいっておくと、例えば第2章「キレる」で採り上げられている「ギャル文字」。あたしはこの文字が血反吐が出るほど嫌いなんだけれども、それにしても正高の「ギャル文字」に対する評価はひどすぎはしないか?何せ、自分が理解できないことをそのまま《どう考えてももはや言語的コミュニケーションの範疇を逸脱していると、考えざるを得ない》(57ページ)と断定しちゃってるんだから。いいんだろうか、科学者として。しかもこのあと、これによってワーキングメモリーが衰退化し、「キレる」犯罪が急増するのだ!っていっちゃうんだよ。すごい論理展開だよね、これ。萌え萌えの美少女キャラが甲高い声で本書の主張を必死に叫んだら、萌えちゃうんだろうな……あたし。
 おっと、話が脇道にそれてしまった。急いで本題に戻そう。本書第1章は「出あるく」。「歩く」と表記されていない時点である程度の政治性を感じてしまうあたしは明らかに異常なのかもしれないけれども、それはさておき、この「出あるき」の定義が、《必ずしも自宅で家人と侵食を共にせず、しょっちゅう外を「ほっつき歩いて」生活する者の総称》(4ページ)ってなってる。これは定義に従うしかないんだが、3ページにおいて正高、これが「ひきこもり」よりも大きな問題になっていることに気付こうとしない、っていってるんだ。そりゃそうだ。あんたが勝手に問題化してるだけだから。ついでに言うと正高は「ひきこもり」に関してもあまり知識も情報も持っていないんじゃないか、と思う。
 それにしても、最近の正高の仕事を読んでいると、正高にとって現代の若年層はサルでないと気が済まないんじゃないか。要するに、まず最初に現代の若年層はサルである、とぶち上げ、自分の論理を強化するために若年層を必死になって粗探しして、その「問題行動」に対してそれはサルの行動だ、と罵るわけさ。自転車操業ってやつだな。それらの仕事を読んでいると、若年層をサルと決め付けて罵っている正高の顔と、それに賛同して正高と一緒に若年層に石を投げる多くの人たちの顔が浮かんでくるのはなぜだろう。
 本書では、前著『ケータイを持ったサル』(中公新書)で見られた、データの例示や実験による検証(もちろん、データの採用やグラフの書き方が恣意的だったり、実験も捏造じゃないかと思わせるものばっかりなんだが)はない。ただ正高の妄想に基づくアナロジーが繰り返されるだけだ。たとい霊長類学という衣をまとっていたとしても、本書が単なる「親父の愚痴」であることは言うまでもない。もう少し深く突っ込んで言うならば、俗流保守御用達の疑似科学本だ。
 いい加減、この自称学者を持ち上げるのはやめにしないか。そうでないと、『ケータイを持ったサル』から本書への変遷に見るとおり、自分は万能なんだ、という感覚を正高に与えかねない。そもそもこの著者は科学を侮辱してる。科学の知見を自分に都合のいい形に社会に当てはめてレイシズム(人種差別)を行なう、というのは、明らかに科学に対する侮辱だよ。
評者のブログはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/24 22:17

投稿元:ブクログ

ゼミでとりあげた本。
なんとなくいいたい事はわかったけど、実証的じゃない!!!
言ってることに根拠がなさすぎて苦労しました笑。

2006/04/21 00:45

投稿元:ブクログ

人間は複雑化するシステムの中で進化し、その脳の進化による、ケータイ文化が脳の退化を引き起こす、といったような逆説が起こっているいらしい。
「ワーキングメモリ(短時間だけ記憶する、例えば次に乗る電車の時間など、一定時間覚えておけば、それ以降まで継続するひつようはないような記憶)を使わなくなる≒頭を使わなくなる、悪くなる」という論理は、なるほど自分にも戒めておかないと、と思った。

2012/08/01 21:13

投稿元:ブクログ

ケータイ依存で退化した日本人~言語遺伝子と思われるFOXP2が見つかり,この変化は10万年前の事と思われる。言語を獲得したヒトは家族生活を営むようになり,家の内と外という区別が出来上がり,内に包み込もうとする母性と外に押し出す父性が生まれた。コミュニケーションが可能な集団としては150~200が相当するらしい。携帯が普及した今は自他の区別がなくなり,自分を見失った若者は引きこもりでなく,出歩き型も増えてきた~という風に読んだが,「ケータイを持ったサル」で一世を風靡した人は昭和29年生まれの霊長類研究者。斜め読みしてしまった

2006/04/28 00:10

投稿元:ブクログ

技術が進歩して、便利になる反面、わたしたちヒトはどんどん退化していく。使う側も考えながらものを使わなければならないのね。

2008/04/05 00:00

投稿元:ブクログ

今更ながらに正高本。この人の文章は、ホントに1つのことをいうためにあらゆるデータを持ってくるなぁと感心。。。すごいですな。

2009/07/06 13:31

投稿元:ブクログ

著者の「暴論」は確かに暴論ではあるが、このような極論はあるならばあったほうがいいというもの。か?

携帯電話やその他のIT文明が姿勢に及ぼした影響を事細かに取り上げ、「だからサルなんだ」と論証している。生物学的な考え方が随所にみられ、特に進化だとか進歩だとかの部分は力尽きていたこともありよく理解できないまま読み飛ばしたのだが。
「人間らしさ」に対する著者の考え方には同意できる点もあるが、「だからサルなんだ」の論拠になるとどうもすっきりとしない。
とくに、「アダルト・チルドレンからの手紙」「いまどきの「常識」」を読んだ後にこれを読むと、著者の論拠に対する検証の薄さがよく見える。
「オウム真理教」に入信したものに「高学歴で理系の人々が多かった」ことに対する見解は全くこの人の「生物学者」という立場に立ってのものであり、「そういう人もいたのかもなあ」とは思うが、なんとも実態とかけ離れているのではないかという不安が残る。
また、尾崎豊は「アダルト・チルドレンからの手紙」に登場する人々からの指示はあったみたいですが、本書とほぼ時を同じくして出された「いまどきの「常識」」の著者が教授をしている大学の生徒たちからはさほどの指示はないようです。

また、結論を持たない人の主張は、ただの揚げ足取りでしかありません。責任感のない批評、批判ならだれでもできることです。
著者は「ITがこれから先サル化に対する対策をとればよい」とたった一文で解決方法を説いてしまっていますが、著者は生物学者なのですから、生物学者なりの結論を持ってくるべきだと思います。分野外のことに対してわめくことは子どもでもできます。

結論。話半分、に読むのが適切かも。

2009/06/04 11:05

投稿元:ブクログ

これは霊長類の研究をしている著者が、あえて「人」ではなく、「ヒト」と生物の読み方をしているのは、人間もサルと同じような性質をもっているということから「ヒト」という読み方をしている。ひきこもりが増えているというが、それ以上にであるき人間(家に帰らない人)が増えている。確かにテレビでもよく観ることである。
であるき人間が増えているのは、ケータイの普及によるものだと著者はいう。確かにケータイは便利だが、いつでも連絡できるという安心感がであるき人間が増える原因となっているのだと思った。これはサルの性質に似ている。また、コミュニケーションをとるときも気の合うグループとしか話さない。グループをつくるときも、すぐに仲のいいグループができるが、コミュニケーションをとるのが苦手な人は、なかなかグループにはいれないということが何回かあると思った。この性質はオランウータンに似ている。
このように、ヒトもほかの生物とあまり変わらない。

2010/01/21 16:28

投稿元:ブクログ

 『ケータイをもったサル』の筆者による新書。『ケータイをもったサル』は国語の評論で出題されるってなイメージ。まだ通しで読んだことはないですが。

 さて、正高さんは京大霊長類研究所の教授なのでサルに詳しいです。んで、IT化によって日本人が「サル化」しちゃってるよ!と述べるのが本書。なかなか過激なことを仰っているので、にわかには納得しづらいですが、なるほど一理あるなと思わせる作り。でも、後半戦はあまりにもぶっ飛んでいるような・・・。
 一方で、過激ではあるものの、意外と新しさは感じないなあと思いました。本書が出版されてからの約5年で、その考えが一般化したとは考えづらいですが・・・。「自分」論や「社会」論は、取り立てて本書じゃなくても同じ意見は目にしそうなもんですね。ただその分、本書を読めばその辺の考えをカバーできるとも言えます。そういった意味では非常に有効な一冊。


【目次】
はじめに ― 裸のサルとしてのケータイ主義的人間
第一章 出あるく
第二章 キレる
第三章 ネット依存症
第四章 文化の喪失
第五章 サル化する日本人
あとがき

2011/04/01 21:13

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
通話、通信からデータの記憶、検索、イベントの予約まで、今や日常の煩わしい知的作業はケータイに委ねられている。
IT化の極致ケータイこそ、進歩と快適さを追求してきた文明の象徴、ヒトはついに脳の外部化に成功したのだ。
しかしそれによって実現したのは、思考力の衰退、家族の崩壊などの退化現象だった。
出あるき人間、キレるヒトは、次世代人類ではないのか。
霊長類研究の蓄積から生まれた画期的文明・文化論。

[ 目次 ]
第1章 出あるく(「出あるき人間」は次世代人類の先がけ? 従来の家出との相違点 ほか)
第2章 キレる(コミュニケーションの退化 人間とサルの違い ほか)
第3章 ネット依存症(ネット恋愛の発達 恋愛の進化史 ほか)
第4章 文化の喪失(文明と文化の違い 集団内凝集性と集団外排他性の促進 ほか)
第5章 サル化する日本人(人間はいつ人間になったか 「言語遺伝子」の発見 ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/10/31 21:48

投稿元:ブクログ

ところどころ納得できる部分もあるものの、全体的にきわめて主観的な私見にもとづいて主張が構成されているため、納得できないし、居酒屋でのただのオヤジの愚痴としかとらえられない。ケータイ・ITはもはや社会と分離不可能のものになってしまっている。この事実を受け入れた上でそこから生じる問題に関して解決方法を考えることが税金でメシを食ってる教授のできる社会貢献ではないだろうか。

2011/06/30 14:27

投稿元:ブクログ

近年、ケータイなどの急速なIT化でヒトの生活は便利に、かつ短絡的になった。しかし、その進歩と快適さを追求したあまりヒトは急速に生活スタイルを「サル型」へと変化させている。思考力の衰退、家族の崩壊、コミュニケーションの仕方も質が劣化しつつあるという。
人間の生活スタイルや思考力は進歩する中で、それが一方で衰退へと進む矛盾。普段全く意識はしなくとも、深く考えてみれば納得もできる。

2012/01/18 16:46

投稿元:ブクログ

(「BOOK」データベースより)
通話、通信からデータの記憶、検索、イベントの予約まで、今や日常の煩わしい知的作業はケータイに委ねられている。IT化の極致ケータイこそ、進歩と快適さを追求してきた文明の象徴、ヒトはついに脳の外部化に成功したのだ。しかしそれによって実現したのは、思考力の衰退、家族の崩壊などの退化現象だった。出あるき人間、キレるヒトは、次世代人類ではないのか。霊長類研究の蓄積から生まれた画期的文明・文化論。

2013/09/29 22:32

投稿元:ブクログ

前著『ケータイを持ったサル』(中公新書)とは異なって、こちらは科学的な装いを施すこともなく、ふつうのエッセイとして書かれた本です(生物学者が使わない「退化」という言葉をあえて使っていることからも、このことは明らかだと思います)。

至ってふつうのエッセイではあるのですが、内容はいま一つおもしろいと思えませんでした。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む