サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦う司書と恋する爆弾(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/290p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-08-630257-8
文庫

紙の本

戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 山形 石雄 (著)

【スーパーダッシュ小説新人賞大賞(第4回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)

税込 628 5pt

戦う司書と恋する爆弾 BOOK1

税込 473 4pt

戦う司書と恋する爆弾 BOOK1

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限

【合本版】戦う司書シリーズ

税込 4,741 43pt

【合本版】戦う司書シリーズ

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 23.4MB 無制限
Android EPUB 23.4MB 無制限
Win EPUB 23.4MB 無制限
Mac EPUB 23.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

戦う司書シリーズ (集英社スーパーダッシュ文庫) 全10巻完結セット

  • 税込価格:6,50359pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

本という記憶のかけらに魅せられてみる

2009/10/29 23:04

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと詳しい人なら「残留思念」なんてコトバを聞いたことがあるだろう。その名の通り、人の強い思いがその場その物に残り留まることだ。そして多くSFやオカルト・ホラーやファンタジーの世界では、その思念の主がその場に居らずともメッセージを伝達できるための手段であったり、怨みつらみを強く抱きつつその場で死んだ主のダイイングメッセージであったりとその場その時にあわせて作中で使い分けられていく。

またいっぽう「記憶のカケラ」なんてロマンチック?な言い方もする。そもそも記憶なんていうのは形にすることは出来ないし、ましてやカケラ・・・のもととなる固形物すら存在しないのだが、それでも人は何とか形にして相手に伝えよう、残そうと努力し記録装置・記録媒体を作り出してきた。

ただし。これらはみな「記録させる」ものであり、「記憶する」ものではない。その生き様やその思いを誰かが見て聞いて感じてそれを写し録る作業、つまり第三者が見た「一部もしくは一面」を編集したものが記録媒体である。 記録は、記録するたびにその人の「今の思い」に合わせて変化する。

所詮記録は不毛なもの。それでも少しでも正確な少しでも質の良いものをと人は絶えず努力してきたし、これからもそうだろう。
それほどまでに残したいと願うのだ、人間は。
誰かにこの思いを伝えたい、あの人にこの私を見て欲しい、真実を皆に知って欲しい・・・
人は一人では生きられないし、一人では淋しすぎる。
作中イラ・ミアが言うように一人で生きているように見えても必ず自分を見ている人がいる。その人に自分の生き様を知って欲しいと切に願う。
淋しくないように、愛されるように、会うことが出来なければなおさらのこと。
そして本書に登場するメディア=本は私がこうして読んでいる「記録媒体」ではない。登場する本人、視点となる主役そのものが死に、化石となり、本となったものである。
ありえない夢のような記憶装置=本を手にした殺人爆弾人間の少年が、本の中の少女に恋をしたことから物語は始まる。

劇中劇というか、その少女(姫様)の物語自体はさほど真新しいものではない。文章も簡単だしするする~っと読んでしまえる作品ではある。
ただこうした「本」の設定と全体の運びと盛り上がりはなかなかのもの。
本をこよなく愛する私としては、こうした世界観に触れられたことだけでも読む価値があったと思う。シリーズ化しているとのこと、なかなか楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライトノベルは紙に書いたエロゲ

2007/01/03 09:03

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ツンデレ!ツンデレ! - この投稿者のレビュー一覧を見る

安易な萌え文化が蔓延するラノベ業界
その中でひときわ輝く、この物語
キャラは全てにおいて人間くさく
空想の世界にて、その存在感はリアルを超える
今のラノベ業界にて、小説であると呼ぶ、呼べる物があるとしたらこれだろう
その、重厚な物語はライトを超えつつある
「ラノベは紙に書いたエロゲ」
この言葉に真っ向から対抗し、打ち破るだけの力を秘めた素晴らしい物語
そう、戦う司書の物語
読んで、後悔はしない
後悔はしないどころではない、貴方が抱いていたライトノベルと言うものに対する見方、それを大きく変えてしまうだろう
この物語にはそれだけの力がある

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたの過去に恋してる

2006/05/01 08:32

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人は一生に一冊の本を書くことができる、なんていうけれど、この物語の世界では、その生涯が余すところなく一冊の「本」になってしまう。そしてその「本」は何故か地中から発掘され、図書館に収蔵される。これは、そんな「本」を管理する司書の物語。
 第一作目である本作は、この司書たちに何故か対立する教団によって全ての記憶を消され人間爆弾にされた少年と数百年前に大量虐殺犯として処刑された少女の「本」の出会いのお話です。少年は「本」を読むことによって恋に落ち、少女はその能力である未来視によって恋に落ちる。一方はすでにこの世から消えてしまっているにもかかわらず、不思議に共に生きているかのような感を抱かせます。
 本筋であると思われる教団と司書の戦いには本来無関係なこの出会いが、いかに物語を収束させるのか…
 若干、導入部が冗長な感があり、読みづらいかも知れませんが、一度流れに乗ってしまえば、すんなりと読めると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/14 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 04:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/03 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/27 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/03 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/18 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/25 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/06 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/20 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/03 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。