サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-06263-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

誇大自己症候群 (ちくま新書)

著者 岡田 尊司 (著)

「普通の子」が些細なことから突発的に凶悪な事件を起こすのはなぜか。従来の精神医学では捉えきれない病理を「誇大自己症候群」という切り口で探る。自己の呪縛が肥大化した現代を検...

もっと見る

誇大自己症候群

税込 715 6pt

誇大自己症候群

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.8MB 無制限
Android EPUB 3.8MB 無制限
Win EPUB 3.8MB 無制限
Mac EPUB 3.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「普通の子」が些細なことから突発的に凶悪な事件を起こすのはなぜか。従来の精神医学では捉えきれない病理を「誇大自己症候群」という切り口で探る。自己の呪縛が肥大化した現代を検証しつつ、その超克を見据えた画期的論考。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡田 尊司

略歴
〈岡田尊司〉1960年香川県生まれ。精神科医。京都大学医学部卒業。同大学院にて研究に従事。現在、京都医療少年院勤務。著書に「自己愛型社会」等。小笠原慧の筆名の著書に「DZ」(横溝正史賞)等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

誇大自己症候群

2020/05/11 00:28

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ACE - この投稿者のレビュー一覧を見る

「普通の子」が些細なことから突発的に凶悪な事件を起こすのはなぜか。

この本では、従来の精神医学では捉えきれない病理を「誇大自己症候群」という切り口で探っていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事件を起こす、起こさないの違いは?

2006/08/25 11:18

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人を傷つけるような事件が起こった後、「普段はごく普通の人(子)だった」と書かれることが多くなった気がする。著者は犯罪を起こした少年たちを扱う医療少年院勤務の精神科医師なのだが、特に少年犯罪について、このように書いている。「障害と認められるような異常が無いケースがある。もし精神医学的には異常でないが、行動が異常であるなら精神医学は、その存在意義を問われる。」そしてこれらの犯罪を起こす原因を考えるために、「誇大自己症候群」という定義を提案するのである。
「他人を見下す若者たち 「自分以外はバカ」の時代!」も読んだ(その書評も書いた)のだが、その数ヶ月前に出版された本書も題材としては類似の状況を対象としている。本書は精神医学の立場で、「他人を・・」の方は心理学の立場で解明しようとした、と考えればよいだろう。
 「成長段階での過保護などの原因からつくられた自己中心的で傷つきやすい性格が、普段は穏やかでも、突然極端な行動を起こしたりするようになる。」というのが大まかな著者の考えであろう。主に幼児期の環境の検討などの事例研究から導き出された考え方であるが、脳のレベルで見た検討、という部分も興味深かった。感情や行動のメカニズムを知ることでなにか対応できるかもしれないという期待も少しある。
 前の評者の方も書いておられるのだが、本書の中では、あまりさまざまな事例を「誇大自己症候群」の言葉で説明してしまいすぎたのではないか、ということは気にかかった。歴史的な人物まで例に登場しているが、そこまですると「誰もが誇大自己症候群」であり、本書の「なぜ犯罪にまで結びつくのか」から離れてしまう感じがする。いや、「誇大自己症候群」の根底にあるのは、あるときは歴史に残るような行動にもつながる精神活動であることを示したかったのかもしれない。どのようなことでも極端になれば危険な結果に繋がることもあり、「正」の面がでる場合にもかならず「負」の面がついている、ということが言いたかったのかもしれない。
 おそらくどんな人間でも「誇大自己症候群」のような性質をもっているのだろう。自分の評価を周囲の評価よりは大きくすることで自分を認めることは、生きて行く力にもなり得る。本書でもそのポジティブな価値も認めている。それが「症候群」のような形で危ぶまれるものにならない状態に制御していくことこそ大事だと思う。しかしそうなると、本書の発端と思われる「犯罪にまでいたってしまった人たちは何が違うのか」の答えはなんなのだろう。それについての明快な答えはないようである。簡単に答えが見つかるようなものではなく、「ただ、きっかけだけ」なのだろうか。
 さらに残念だったのは、「普通の人、読者も誇大自己症候群かもしれない」という視点があまり感じられなかったことである。著者が治療者である、という立場で書かれているためなのか、どのように付き合えばよいか、防ぐにはどうしたらよいか、という、読み手自身は「誇大自己症候群」ではなく、その被害をこうむる側である様な書き方がされている。「自分以外はみな誇大自己症候群」であって、「犯罪に繋がるきっかけをつくらない」ため、というならこれも有効かもしれない。しかし、「普通の人たち」「予備軍の恐れのある人たち」への「自分がそこまで踏み切ってしまわない心構え」のアドバイスも書いて欲しかったと思うのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誇大自己?自己愛?むしろ日本人は過小自己症候群であろう

2005/12/26 18:46

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

何百万という人類の滅亡よりも自分の小指のけちな痛みのほうが心配なものだ。(ウィリアム・ハズリット)
それが人間である。けちな痛みどころか瀕死の重傷さえ無視せよと言うのか。
反社会的だから悪とは限るまい。スラムに生まれたというだけでいかに努力しようとも「朝起きたら無一文から始まる」人々はむしろ社会という悪に虐げられているだろう。
フランスでは頻繁にストライキが起こってメトロが止まる。良いことかどうかはともかくそれは「現代の病理」ではなく人間だからだ。
日本はまともな国なので反旗を翻す必要はない?そうだろうか。
破滅的な悪に向かう人間は大抵どこかで虐げられている。原因であれ結果であれ誇大どころか過小自己が問題だ。
未だに「日本の若者は何故こんなに人を殺さずにいられるのか」と研究している国もある。代わりに口を封じられ自分の命を落としているだけであろう。
この本のいい所は犯罪者のありのまましか描かないこと。悲惨な生い立ちは的確に描く。しかし「自分がどうだから赤の他人も巻き込んでいい」という発想は無論許さない。だが犯罪者を過度に擁護する人間を感情的に責めているわけでもない。すべてありのまま。
ただあくまで「この人の中のありのまま」なので全部真に受けないこと。精神科医兼作家なので心理学や精神医学を神の教えのように思っている一般人を惹きつけることはたやすいだろう。
現在少年院勤務。それだけで信用できるだろうか。少年院帰りの真面目な青年が語っていたが。「あそこでは正しいことも教わったが理不尽な洗脳が確かに存在する」と。
親からも社会からも壮絶な虐待を受け続け反旗を翻し暴走族に入ったがそれでも逃れられず一生精神病院暮らしの女性に出会ったことがある。
良いかどうかは別としてそれでも「暴走族に入ったのは誇大的で病んでいたから」と言いますか。
反社会的行動を推奨しているのではない。私は10円の菓子一つ盗むことを恥じる。赤の他人の家に火をつける・通りすがりの幼児を傷つける。とんでもない行為だ。害をなした人間にまともなやり方で立ち向かえ。裁判。人権保護団体。あらゆる方法で。
それでも「まともな訴え」が確実に通用するとは思えない。すべての人間が人間に相応しい扱いを受けられる社会というものがかつて存在したことがあっただろうか。
それでも自分に関わりのない人間を傷つけるな。そして「自分を不当に扱う存在であれば神であっても戦う」。それを「誇大自己」などと決して呼ばせるな。尊き誇りだ。
それからもう一つ。犯罪者の厳罰を望む理由として「被害者が無視されているから」というのがある。
日頃無視しているのは我々ではないか?過去を振り返ってみよ。誰かに一生癒えぬ傷を与えたことはないか?
罪を憎んで人を憎むのも大いに結構だ。だがエネルギーを持て余す暇があったら傷ついた人間をその十倍労われ。
※自サイトレビューより加筆修正

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/16 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/07 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/13 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/25 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/24 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/03 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/06 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。