サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 断章のグリム 1 灰かぶり

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

断章のグリム 1 灰かぶり(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/319p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3388-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

断章のグリム 1 灰かぶり (電撃文庫)

著者 甲田 学人 (著)

曰く、この世界に存在する怪現象は、全て“神の悪夢”の欠片である。この悪夢の泡は人間の意識に浮かび上がると、急速に人の恐怖や悪意や狂気と混ざり合う。そして、現実世界を変質さ...

もっと見る

断章のグリム 1 灰かぶり (電撃文庫)

616(税込)

断章のグリムI 灰かぶり

616 (税込)

断章のグリムI 灰かぶり

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「断章のグリム 1 灰かぶり」が含まれるセット商品

断章のグリム (電撃文庫) 全17巻完結セット(電撃文庫)

断章のグリム (電撃文庫) 全17巻完結セット

商品説明

曰く、この世界に存在する怪現象は、全て“神の悪夢”の欠片である。この悪夢の泡は人間の意識に浮かび上がると、急速に人の恐怖や悪意や狂気と混ざり合う。そして、現実世界を変質させながら溢れ出し、悪夢の物語を作り上げる。だが、浮かび上がった悪夢の泡が非常に大きかった時、個性が希釈されて物語の『元型』に近くなる。明示的、暗示的、様々な形で『昔話』や『童話』のエピソードに似たものになる—。普通であることが信条の白野蒼衣と、過去を引きずりつつ悪夢と戦う時槻雪乃。人間の狂気が生み出した灰かぶりの悪夢の中で出会った二人が辿る物語とは—!?鬼才が贈る幻想新奇譚、登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店秋田店

 夏と言えば怪奇的な...

ジュンク堂書店秋田店さん

 夏と言えば怪奇的なもの…ということで。
 誰もが幼い頃に読んだことのあるグリム童話が絡んでいますが、メルヘンな要素は何一つありません。
 あるのは衝撃的で猟奇的な怪奇事件だけです。
 ライトノベルだからといって侮ってはいけません。
 本当に怖いです。怖いけれど一気に読み進めることが出来ます。
 今年の夏は特に暑いので、暑さをまぎらわすにはちょうどいい本だと思います。
 読み終えた後、少々トラウマが残りますが……。
(コミック担当)

みんなのレビュー80件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

日常/非日常のバランスが悪い

2006/04/16 23:39

12人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

人の持つトラウマを核に、童話をモチーフにした怪現象が顕現する
それに立ち向かえるのは”傷”を武器として戦う「騎士」だけ
痛い話は相変わらずな感じですが、ちょっと安売りしすぎ
溜めがなく同じ表現が多用されるため、痛みに飽きてきますし、作者の意図なのか分かりませんが、バトル物みたいになってしまっています
前振りの「午後六時の階段」もどこかに行っちゃったし、主人公に記憶が戻るシーンも何が原因だったのか分からず唐突で、後半はポカーンとしてしまいました
全体的に繋ぎとなるエピソードが足りてない感じで、異常なシーンばかり書きすぎている様に思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/13 01:24

投稿元:ブクログ

「Missing」を手がけた甲田さんの最新作です。メルヘン*1、ゴスロリ、グロ。久方ぶりに読む甲田さんの文章は、やっぱり惹き付けられます。
まあ相変わらずの民俗学系への語りは凄まじくてここまでやられると爽快なわけですが、でも最後の方はちょっと文章意図的に切ったんじゃないかなあと思うような終わり方で。最後の戦闘後からのエピローグがあれだけ短いのは編集に切られたんじゃないかと思ったのですが、さてどうなんでしょうね。
まあともあれ、時間が楽しみなお話であります。

2006/05/09 20:19

投稿元:ブクログ

一巻目からグロいな、と思いつつ。今後どこまでいくのかなーとりあえず、挿絵はやはり翠川さんがよかた…ぐすん

2007/01/22 18:12

投稿元:ブクログ

童話に基づく恐怖劇―・・・

怖い、というより・・・残酷?
ミッシングを読んでも平気だった人は読んでも大丈夫だと思います。

私は「童話」に魅力を感じました。
色々探して読んでみたいですv

2006/05/01 00:31

投稿元:ブクログ

「夜魔」は買ってなかったので、久しぶりの甲田さんの新刊。
Missingからの痛いホラーな雰囲気は更にとぎすまされていて、駄目な人はとことんダメだと思う。
あと、たまに紛れ込んでくる民俗学の蘊蓄とか結構好き。

2006/10/26 16:34

投稿元:ブクログ

私の昔から通っているサイトの方がイラストを書かれていて、とても気にっています。
しかも作者が甲田さんなので二重に楽しめます。

2006/05/20 23:28

投稿元:ブクログ

着眼点は良いと思うし、設定も良いと思う。
ただ、甲田先生の作品を初めて読む読者は前半で投げ出したくなるだろう。
前半が非常に退屈なのだ。
文章のミスというよりも無駄な文章が多かったり、設定用語が多すぎてしかもその説明が一気に詰め込まれていて読むのが苦痛だ。
これは非常に痛い。小説は前半勝負ということは、小説の中では基礎なのに。
後半は盛り返しただけに本当に残念な作品だ。
灰かぶりを元にして、人間の狂気を表しているのは中々だし、後半に入るとまだ無駄はあるものの、前半よりはまとまっていて許容範囲だ。
総合的に見れば面白いが、やはり前作missingと比べるとやや劣る。
彼らしい詩的で丁寧な描写が今回はおざなりである。
設定は面白いので、あとは焦らず、読者がどうしたら読みやすいかを考えてくれれば良い作品になると思う。
とにもかくにも?に期待といったところか。

2006/08/29 06:42

投稿元:ブクログ

2006, 7,?? 読破 + 最初から大量の専門用語で無理やり感が否めなかった。ストーリーがワンパターンになりかけている。キャラクターにあまり魅力が無い。

2006/11/07 22:56

投稿元:ブクログ

 この巻は灰かぶりの話をモチーフに話が展開されます。本当はどういう話なのかといったことや解釈などは面白いと思いますが、ちょっとグロいです。前半は用語の説明が多くてちょっと読みにくい感じでした。

2006/05/13 02:14

投稿元:ブクログ

カス。
Missingがあまりにも神過ぎたのか、今度はケツからひりだした排泄物のような作品。
最近の流行を取り入れて甲田風にしましたよ、ってだけの作品。
星一つでも多いわ糞が。

2006/09/14 21:40

投稿元:ブクログ

曰く、この世界に存在する怪現象は、全て<神の悪夢>の欠片である。この悪夢の泡は人間の意識に浮かび上がると、急速に人の恐怖や悪意や狂気と混ざり合う。そして、現実世界を変質させながら溢れ出し、悪夢の物語を作り上げる。
だが、浮かび上がった悪夢の泡が非常に大きかった時、個性が希釈されて物語の『元型』に近くなる。明示的、暗示的、様々な形で『昔話』や『童話』のエピソードに似たものになる―。

普通であることが信条の白野蒼衣と、過去を引きずりつつ悪夢と戦う時槻雪乃。人間の狂気が生み出した灰かぶりの悪夢の中で出会った二人が辿る物語とは―!?
鬼才が贈る幻想新奇譚、登場!

2006/04/23 18:43

投稿元:ブクログ

この方の作品は初めて読みました。
ヒロインが自傷することで技を使う時点で「この作品は読めない」と思ったが、童話関係の資料をきちんと漁っているらしいその内容には感心した、ので、その誠意に敬意を払って最後まで読んだ。

若干独特の文体性格はあれども、きちんと文章を書く能力はあるらしい。
ただ、その作品の方向性は受け入れられないかもしれない。
物語であれ何であれ、登場人物が片っ端から傷つけられたり死んだりする話は苦手で、読んでいてあまり良い気分がしない。

特にこの作品はその殺し方、死に方自体が異常すぎるので、どこかにそういった雰囲気の内容であると暗示させるような一文が欲しかった。
絵柄と筋書きを読んだだけでは、このような内容とは思わなかっただけに、一部分でそういった表現が続くのならともかく、本文中かなりの割合でそういった表現が続いていたのは自分には結構辛かったので。


続きを読むかは二巻を読んで決めたいところだが、また残酷描写が多いようだったら継続して読むことはないかもしれない。

内容で使われていた童話関係の資料の正確さは評価できるが、残酷描写が多い点で読み手を選ぶと思ったので星三つ。

2006/12/12 10:34

投稿元:ブクログ

童話の真実が語られたり、戦闘があったりと中々なんだが、決め手にかけるような・・・。設定が全体的に重い。一人くらいは裏設定があってもいいから明るいキャラがいれば、もっと見方が変わる作品かもしれない。

2010/09/23 01:08

投稿元:ブクログ

全然ライトじゃないライトノベル。表現が露骨で、途中で怖くなってきた。童話をからめていて、それはとても面白いと思うけれど、これから先読み続ける自信がない。
2010/9/21

2006/08/23 02:01

投稿元:ブクログ

友人にお借りしました。
一言で表現するのならダークメルヘンといった感じでしょうか?
でもやっぱりホラーとかに分類したくなる。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む