サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 狂乱家族日記 5さつめ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狂乱家族日記 5さつめ(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-2827-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

狂乱家族日記 5さつめ (ファミ通文庫)

著者 日日日 (著)

不可思議な結末を迎えた「半獣化事件」は、超常現象対策局局長となった平塚雷蝶の謎めいた言葉「来るべき災厄」と共に、凰火の危機感を否が応にも高めたのだが、そんな凰火の不安など...

もっと見る

狂乱家族日記 5さつめ (ファミ通文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

狂乱家族日記 伍さつめ

432 (税込)

狂乱家族日記 伍さつめ

ポイント :4pt / 紙の本より173おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

狂乱家族日記 伍さつめ

463 (税込)

狂乱家族日記 伍さつめ

ポイント :4pt / 紙の本より142おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不可思議な結末を迎えた「半獣化事件」は、超常現象対策局局長となった平塚雷蝶の謎めいた言葉「来るべき災厄」と共に、凰火の危機感を否が応にも高めたのだが、そんな凰火の不安など毛ほども気にせず、凶華様は、能天気に「動物園に行きたいのだが」と宣うのだった。しかし、動物園で久々の休日を楽しむ乱崎家が帝架の同胞マダラと出会ったとき、すでに次なる危機は目前に迫っていたのだ—。馬鹿馬鹿しくも温かい愛と絆と狂乱の物語ついに佳境に突入。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

動物だらけの○}大会♪

2007/05/28 05:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

怒濤のテンションで突き進む狂乱家族日記シリーズの第五巻です。毎回思いますが、なんだこのデタラメな世界観w 子供のような発想の事件が地球規模でどっかんどっかん起こりまくる様はこれこそ喜劇という感じ。他にない魅力ですよねー(涼宮ハルヒが大人しく見えるくらいw)
今回は日日日さんの動物好きというか人外好きが遺憾なく発揮された感じで、世界中の人間がまとめて動物になっちゃう事件が発生します。これ、たぶん日日日さんの願望なんでしょうね……。ペケロクスケさんのイラストもあわさってとっても可愛いのw
テンション高い日日日節も全開で、もはや安心して読めちゃう。しかしどんどん事件の規模が大きくなってますが、変わらず登場人物の悩みはちっちゃくて……家族してて、そこが好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライオンの恋愛

2006/07/03 12:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は帝架がメインっぽいです
裏のメインとも言える平塚雷蝶も色々動き出して、物語の核心に向かって進み始めた感じ
キャラクターの立て方とストーリーの進め方のバランスが良いですね
他のキャラクターが自己主張を始めたせいか、凶華が微妙に空回り気味ですが
新キャラ・マダラと帝架の結末が楽しみ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/03 01:10

投稿元:ブクログ

動物園が怖すぎる。なんて危険なんだ動物園…!!メインは帝架君なんですが、個人的には前巻よりも更に雹霞と千花の仲が良くなってて嬉しい。お姉ちゃんて…お姉ちゃんて呼んでる…!附録?でついてきた栞みたいな「凶華様語録」がお気に入りです(笑)ラミネートしたい!

2006/07/27 22:31

投稿元:ブクログ

随分と分かり易い話の展開になってきたっぽい。多分このまま終わらないのだろうけど。

今月発売される6さつめに間に合ってよかった。いつもの泣かせる家族描写が全体的に少なかったけれど、それも前半だからということでよいのかなと。

後半の凶華さまの暴れっぷりに期待だね。

2010/06/19 08:25

投稿元:ブクログ

読了。・・・だけど今回は一冊で話が完結することなく次巻へ。

喋るライオンだとか生体兵器だとか精神生命体とかなんでもありな世界だけれど、規模がいきなり宇宙になると妙に設定がチープに感じるのは気のせいかな。

2006/08/09 19:53

投稿元:ブクログ

「たしかに小生は十三番に吹っ飛ばされて身体とか粉々になりかけましたけど……、待機させてた生物兵器たちに命令を飛ばして極秘の研究施設に運んでもらって科学的に怪我を治療して科学的に破損した身体を機械で補って――えぇっと?それから科学的に拒絶反応の克服をして科学的に大量のお薬を打って科学的にリハビリをしてこうして普通にお酒が飲めるまで回復したのですョ?」――――本文より抜粋(一部省略)

2008/05/23 13:57

投稿元:ブクログ

今回は帝架のお話(前編)
マダラの登場
動物の子供だらけになるお話。
話が長くなり前後編となってしまったので、
この巻だけでは消化不良。

2007/11/08 10:00

投稿元:ブクログ

不可思議な結末を迎えた「半獣化事件」は、
超常現象対策局局長となった平塚雷蝶の謎めいた言葉「来るべき災厄」と
共に、凰火の危機感を否が応にも高めたのだが。

そんな凰火の不安など毛ほども気にせず、凶華様は、能天気に
「動物園に行きたいのだが」と宣うのだった。
しかし、動物園で久々の休日を楽しむ乱崎家が帝架の同胞マダラと出会った
とき、すでに次なる危機は目前に迫っていたのだ――。

2008/08/22 18:43

投稿元:ブクログ

乱崎家《みだれざきけ》の次男(多分)のライオンの帝架くんのお話の前編。
珍しく、次巻はこれの続きです。

番外編の、知紅《しるく》と花山副局長の話続きがすごく気になる一冊。

2009/02/24 05:52

投稿元:ブクログ

前回はどういう終わり方だっけ? って感じで読み始めたのですが、意外と凰火さんが尾を引きづっていて、ぐちぐち言うので思い出せましたw

さて、表紙のライオンはなんじゃらほいですが、今回の主役? となるマダラちゃんの着ぐるみをきた凶華様です。前回同様SD凶華が出てきます。なんだか親近感。

ストーリー的には、またまた地球滅亡の危機!? これで何度目だったか…、乱崎一家が動物園で休養するなか、前回以上に人間が獣化するスピードがアップしたウィルス? がはやっててんやわんやです。しかも、今回は帝架くんが主役っぽくって、かつての褐色皇帝時代に世話になった、マダラちゃん(白いライオン、ジャングル○帝みたいだね)が登場、いろいろ暗い過去をぶっちゃけます。毎回皆さん大変ですね。

実は、六巻をちょこっとのぞき見しちゃいました。友達に借りて読んでるので、たまに巻が飛ぶもので。次巻もマダラちゃん登場するようですねぇ。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む