サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 他人を許せないサル IT世間につながれた現代人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

他人を許せないサル IT世間につながれた現代人(ブルー・バックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-257526-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

他人を許せないサル IT世間につながれた現代人 (ブルーバックス)

著者 正高 信男 (著)

いつもイライラ、キレやすい。他人に厳しく、無責任。ネットにがんじがらめに縛られた「IT世間」に群がる日本人の生態に、気鋭のサル学者がメスを入れた。「新しい世間論」の誕生!...

もっと見る

他人を許せないサル IT世間につながれた現代人 (ブルーバックス)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

他人を許せないサル IT世間につながれた現代人

842 (税込)

他人を許せないサル IT世間につながれた現代人

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いつもイライラ、キレやすい。他人に厳しく、無責任。ネットにがんじがらめに縛られた「IT世間」に群がる日本人の生態に、気鋭のサル学者がメスを入れた。「新しい世間論」の誕生!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

正高 信男

略歴
〈正高信男〉1954年大阪生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。学術博士。京都大学霊長類研究所教授。専攻は比較行動学。著書に「考えないヒト」「ケータイを持ったサル」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価2.6

評価内訳

紙の本

俗流若者論スタディーズVol.6〜もう疑似科学ですらなくなったのだなあ〜

2006/11/15 13:08

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後藤和智 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実を言うとあたしは、本書を読んで、この著者の言っていることを疑似科学と呼ぶことをやめようと思った。だって本書の内容って、前著にあたる『考えないヒト』(中公新書)の使い回しばかりであるだけでなく、同書を引いて、「自体はさらに深刻化している」とか言っている箇所まであるんだから。確かに事態は深刻だな、ただし著者が。
 前著の使い回しが認められる部分を簡単に説明しておく。例えば、45ページの「右脳人間」「左脳人間」。これに関しては、脳の右と左がそれぞれ別の役割を負っている、ということに対して有意な批判が出ているけれども(例えば、ロルフ・デーゲン『フロイト先生のウソ』文春文庫)、これは明らかに使い回しである。もう一つは、あたしも前著を批判する際に引いた「ギャル文字=言語という抽象的表記スタイルを捨て去った表現であり、コミュニケーションの退化を示す」論。正高はこれを相当気に入ったのか、本書でも119ページに引かれてるのよね。でも、前著第2章にもありましたから!残念!!
 余談だけれども、「ギャル文字」に関して、あたしは嫌いなんだが、それでもあの「文字」を文字として読みこなすには相当な知識と文化的リソースなしにして成立し得ないことは認めざるを得ない。それに、ある程度元の文字の特徴も温存しているので、正高のような論理はどうしても無理がある。大体こういう論理って、ハングルや中国語の簡体文字、それどころか日本語以外の全言語に関して「言語という抽象的表記スタイルを捨て去った表現であり、コミュニケーションの退化を示す」と言ってるようなものでしょ。
 統計の引用の仕方に関しても、前著よりもさらに劣化してる。何せ引いているのが、魚住絹代『いまどき中学生白書』(講談社)なる、統計学的には問題ばかり(種々のグラフにおいてN値が示されていない、「ネット族」「ゲーム族」などについて語っているのに、それが全体の内何パーセントであるかを全く示していない、など)の本だったりする。携帯電話によって犯罪が増えている、といっても、引用しているのはたった2件。明らかに十分な量ではない。しかしながら、本書の大部分を占めているのは、やはり著者自身の思いこみ。サルに詳しい自分がこういっているんだから今の若い奴らは退化しているんだ!っていう変な思いこみが全体に通底している。もはや疑似科学じゃないよ、これ。
 そして衝撃(笑撃)を受けたのが、あとがきの括弧の中に書かれた以下の文。《筆者個人は基本的にサルの行動になじんだ研究者である。だから、もっともっとサル化した人間がそこら中に溢れるのをじっくり見てみたいものだと願っている》(156ページ)。ああ、この著者、進化していないのだなあ(笑)。少なくとも、あんたの青少年に対する偏ったイメージを持つことをやめてみてはどうだい。そのための本として、岩田考ほか『若者たちのコミュニケーション・サバイバル』(恒星社厚生閣)を薦めておく。
 あと、前著の元になったNHK人間講座のテキスト、そして前著の帯においてはいしかわじゅん氏がイラストを担当し、本書では蛭子能収氏が担当している…もっと違うところに金をかけてくれ!
 評者のブログはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正高さん、またこんなのだしちゃったんですか

2006/12/18 14:11

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の「ケータイを持ったサル」2003では「思っていることを書いてくれた」と感じた。
「考えないヒト」2005では「あれだけでは言い足りなかったのだろう」と思った。
今回のこの「他人を許せないサル」では、「まだ言い続けなければならないのか」と悲しくなった。
 「正高さん、またこんなのだしちゃったんですか」・・・。
 著者は終始「なにかおかしい」「なにか言わねば」と現代人の心理状況について書き続けている。本書の内容は、前二冊とあまり変わっていない。タイトルからおおよそ推測できる内容である。危機感を抱いている「おかしい」状況そのものが変わっていないから書き続けるのだと言う著者の気持ちは伝わってくる。しかしなんだか、著者自身もその中に含まれるかのように感じられる今回のタイトルでもある。
 「他人を許せないサル」というタイトルは、「誇大自己症候群」「他人を見下す若者たち」といった先行する既刊の新書をも思い出させる。思いはどれも同じ線上にあるということなのだろう。前掲2冊の著者の新書もそうだったが、言いたい思いが強すぎるあまりか、学問的な分析、解析は弱い。例えば著者はケータイ文化についてここ数年調査している、とプロローグに書いているが、その結果などはあまりでてこない。「日本型のケータイ文化は、共通文化的風土を背負っている韓国や中国、インドネシアといった東アジア一体をも汚染してしまうだろう。p35」と預言めいた言葉であるが、香港などでは日本でケータイが広まるより数年早く携帯電話を持ち歩く姿が話題になっていた。香港は今どうなっているだろうか。こんなことも調査すればわかることだと思う。ブルーバックスという「科学をポケットに」というコンセプトのシリーズで出版されるには、少々理論や検証、説明などから離れすぎているのではないだろうか。ブルーバックスのコンセプトも変わったのだろうか。
 内容はあまり変わらなくても、形を変えて「新書」で出し続けるのはなぜだろう。前書きに著者自身が書いている「売れるものは、ほとんどが新書という形式で、お手軽に手に取れるものに限られる。・・ただし、すぐに忘れる。」を逆手にとっているのかもしれない。「すぐに忘れる」から・・・。
 著者の憂えている気持ちは理解できる。書評にもときどき同じような感想をいだく書き方のものがある。でも「あなたもわたしも、みんなどこかバカ」じゃないのだろうか。
 そう思いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/08 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/18 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/24 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/23 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/08 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/21 06:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/22 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/27 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/11 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/18 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/27 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/18 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む