サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

忌品 戦慄ホラー小説集 (TOKUMA NOVELS)

著者 太田 忠司 (著)

医者から老眼適齢期だと言われた。治療法はただひとつ、眼鏡をつくることだという。そんな折り、訪れた両親の家で、亡父が使っていた眼鏡を見つけた。幼い頃は入室厳禁だった書斎の机...

もっと見る

忌品 戦慄ホラー小説集 (TOKUMA NOVELS)

税込 901 8pt

忌品<新装版>

税込 550 5pt

忌品<新装版>

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.4MB 無制限
Android EPUB 6.4MB 無制限
Win EPUB 6.4MB 無制限
Mac EPUB 6.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

医者から老眼適齢期だと言われた。治療法はただひとつ、眼鏡をつくることだという。そんな折り、訪れた両親の家で、亡父が使っていた眼鏡を見つけた。幼い頃は入室厳禁だった書斎の机に置かれていたのだ。掛けてみると、書棚にぎっしり埋め尽くされた本の背表紙がくっきりと読みとれる。その中に異彩を放つ一冊の黒革表紙の本があった。ある予感に駆られ、それを開いた。どのページも白紙だ。しかし、三分の一ほどめくったとき、それは現れた…(「眼鏡」より)。“遺品”に宿る魔の力を題材にしたホラー小説全八篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

それは彼岸からの声。死者の魂が、あなたを裁く! 「遺品」に秘められた魔の力と、それに引き寄せられてしまったひとびとを描く、身も凍る戦慄ホラー小説集。書下ろし短篇「手紙」を含む全8篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

眼鏡 7-35
口紅 37-67
69-99

著者紹介

太田 忠司

略歴
〈太田忠司〉作家。著書に「久遠堂事件」「狩野俊介の記念日」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こういっちゃあなんですが、魅力的ではない著者名、っていうのがあるんですね。筆名って、そういう意味ではかなり損得があると思いますよ。でね、太田のホラー、面白いんですけどね、何となく・・・

2006/12/01 21:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前にも書きましたが、私にとって太田忠司は深谷忠記と同一人物なんですね。共通なのは「忠」っていう一文字の位置だけなんですが、ともかくカブる。だから、なんとなく読まない。太田作品については以前、一冊だけ読みましたが、深谷のミステリなど背表紙を見ることはあっても、手にしたことすらありません。
で、太田についていえば、読んだ作品は十二分に面白かったんですが、その後、一冊も読まずに来てしまいました。正直、私に言わせれば全く失礼な話なんですが、名前が野暮なんですね。特に、太田。平凡。それなら、この本のカバーデザインをやっている松 昭教のほうが、グーンと魅力的。ま、これってイメージだけの話なんですよ。深谷についてだって・・・ねえ。
で、カバーの靴の絵、でいいんでしょうか、これって松 昭教の作品なんでしょうか。それとも私の見落としでしょうか。結構、いい味、出してます。全体にかかったグレーが、いかにもホラーだぞ〜って。早速、カバーから
「医者から老眼適齢期だと言われた。治療法はただひとつ、眼鏡をつくることだという。そんな折り、訪れた両親の家で、亡父が使っていた眼鏡を見つけた。幼い頃は入室厳禁だった書斎の机に置かれていたのだ。掛けてみると、書棚にぎっしり埋め尽くされた本の表紙がくっきりと読みとれる。その中に異彩を放つ一冊の黒革表紙の本があった。ある予感に駆られ、それを開いた。どのページも白紙だ。しかし三分に一ほどめくったとき、それは現れた・・・・・・(「眼鏡」より)。“遺品”に宿る魔の力を題材にしたホラー小説全八篇。」
だそうです。各話を内容も含めて簡単に紹介しましょう

眼鏡 :カバーの案内通りの内容
口紅 :看護婦の峰子が嫉妬するほどに美しい山形寿美子・恒之夫妻。いつか恒之を奪ってやる、と心に決めた峰子は
靴 :蒲生政二が押入れのバッグの底に見つけたのは、今年の春、小学校に入学予定の桃子のために買ったものだった
ホームページ :松浦光弘のもとに届いたメール、その指示に従って覗いたホームページは、去年亡くなった沖田萌子が開設したものだった
携帯電話 :面接帰りの富谷大輔がホームで目を合わせた男は、どこか不吉な気配を漂わせていた。虚ろな
スケッチブック:狭川充樹に取材を申し込んだ記者が聞きたかったのは、連続殺人犯である少女のことと・・・
万華鏡 :画家としてデビューする19歳の藤崎華子の後ろ盾となるのは日本画壇に衝撃を与えた伯父武彦
手紙 :死を迎えようとしている作家がしたためた七通の手紙、それは・・・

データ的に書けば順番に6話までは「問題小説」が初出、「万華鏡」はアンソロジーに『十二宮12幻想』として発表され、「手紙」は書き下ろしです。個人的には「手紙」はピンときませんでしたが、あとはどれを取っても面白いです。でも、血筋というものが共通な「眼鏡」「万華鏡」が好きです。あとは、話の運びに一つのパターンがあって、先が見えるところが惜しいかな。
十分に楽しめるんですが、森奈津子『シロツメクサ、アカツメクサ』を読んでしまうと、同じホラーでも森作品のほうが、エロスという根源的なものを底流に持つ分、オリジナリティにとみ、変化球の多さでも上かな、なんて思います。特に、家族の問題を扱うと、森の技が光るんですね。読み比べてみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

8つの宿る恐怖

2020/07/08 08:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

スニーカーから携帯電話まで、さまざまな因縁が明かされていきます。生きた人間でもなく漂う死者でもなく、物言わぬ遺品こそが何よりも恐ろしいのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/08 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/23 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/09 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/17 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/23 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/01 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/02 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/10 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。