サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 七姫物語 第4章 夏草話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

七姫物語 第4章 夏草話(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3561-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

七姫物語 第4章 夏草話 (電撃文庫)

著者 高野 和 (著)

七人の宮姫が立つ世界、東和の地。七宮の称号を持つ空澄姫は対立していた三宮常磐姫と会談し、その和解を人々に示した。だが、各勢力との対立はまだ続く。そんな最中、空姫と呼ばれる...

もっと見る

七姫物語 第4章 夏草話 (電撃文庫)

637(税込)

七姫物語 第四章 夏草話

637 (税込)

七姫物語 第四章 夏草話

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

七人の宮姫が立つ世界、東和の地。七宮の称号を持つ空澄姫は対立していた三宮常磐姫と会談し、その和解を人々に示した。だが、各勢力との対立はまだ続く。そんな最中、空姫と呼ばれる少女は、市井の少女カラスミとして、ツヅミの街に立っていた。そこはかつて、琥珀色の姫を掲げていた水都ツヅミ。人々を見上げ、出会い、すれ違い、そして再会し、少女は歩き続ける。そして、その眼差しは探していた光景を見つけ出す—。少女カラスミが見つめる世界。第9回電撃ゲーム小説大賞“金賞”受賞作、待望の第4弾!七姫物語第四章「夏草話」開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

次の展開に向けた対話をする人々

2006/09/22 09:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

三宮と七宮の和睦を皮切りにそれぞれ次に向けた交渉や対話が始まります
小休止というか一段落ついて、それぞれの立場や政治的な思惑などを明確にする感じです
キャラクターの後ろにカメラが付いて回っているような映像的な印象を受けました
ただ、切り替えが細かく、あわてて読もうとすると少し読みづらいかもしれません
ゆっくりと状況をイメージしながら読み進めるべき作品ですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/23 21:50

投稿元:ブクログ

黒の姫と遊撃隊長、思ってたよりざっくばらんな仲のようで。「かけおちってより借金つくって夜逃げだな」。それもまたよし! そして相変わらず空気感がすてきな作品です。(何が言いたいんだか)

2007/04/09 02:17

投稿元:ブクログ

こういう話があるから、ライトノベル読みはやめられない。これで刊行ペースがせめて定期的だったら文句なしなんだけど(苦笑)

2007/01/09 14:15

投稿元:ブクログ

思い出した頃に続きが出る良作シリーズ。黒騎士の人見てると、この世界の偉い人のお傍にいるのはみんなこういう素敵な価値観持ちなのかとおもっちまいます。でも、そこがいい。

2006/10/17 19:05

投稿元:ブクログ

話が動いてるのやら動いてないのやら。しっかり続けてくれれば文句は無いので、次の巻をのんびり待ちます。

2010/06/19 08:28

投稿元:ブクログ

今回も独特で柔らかい雰囲気が丁寧に書かれてます。
話としては動きはほとんど無かったのだけど、カラカラが自分の立ち位置を決めたようで、これからどう他の宮姫達と関わっていくのか楽しみ。

今回の見所は絵描きのエヅ。さり気なく主要キャラより出番が多かったりw

2006/10/28 17:53

投稿元:ブクログ

文章・挿絵ともに雰囲気を味わう小説です。故に読みにくい箇所が多々あるのですが、それをじっくり読んで、そこから浮かび上がる風景を想像して楽しめるのがいい。ささっと読み飛ばさずにゆっくり読むべし。ゆっくり読んでも刊行速度も比例してゆっくりなので大丈夫です。

2006/10/07 10:08

投稿元:ブクログ

総評:中の中の上
 確か、もっと丁寧な日本語使うヒトだと思ってたケド、知らない間に言葉がちょっと崩れた気がする。でもま、作風を壊す程じゃないので看過。シリーズ…とゆーよりは高野さんの持ったモノなんだろーケド、全編通して流れるほわほわ感が最大の売りだろーね。今作も高野節は変わらず、高野さんにはずっとこのままでいて欲しい。ただ、刊行ペースは上げてもらわないと、前の話を忘れる。。

2006/09/17 21:46

投稿元:ブクログ

絵と雰囲気がマッチしてて毎回、この空気感がすきだと思う。トエルも、テンも好きだ。
国とり物語、みたいな感じなのに、やわらかい所もあって本当に不思議な世界。ゆっくり歩いているカラを、ちゃんと見ていてあげたくなる。カラカラさんとヒカゲが並んで歩いてると本当に可愛い。

2007/09/21 19:20

投稿元:ブクログ

ほんわか癒し系ストーリー。最近のライトノベルにありがちな軽い会話の応酬の連続・・・的なものもなく、しっかりとしたストーリーを柔らかく包みこむ書き方が好きです。

2011/05/28 23:32

投稿元:ブクログ

新書にて購入

 ファンタジー。ライト。中華風。
 幼い姫の視点で、世界が描かれているのに、裏工作、根回し、遠くまで見通している何人もの、それぞれの都市の権力者達。そんなのばかり、わらわらわらわら。
 でも、主役が幼い素直な姫と目立ちたがり屋の陽気な将軍と温和そうで将軍とよく漫才する若い左大臣なので、ほのぼのしている。
 今回は同盟が絡んでやっぱり腹黒。
 黒いお姫様と空姫(カラとして)の邂逅。策にひっかかり危うい目にあう将軍テン。
 見所いっぱい。
 個人的には武のお姫様好きですが、彼女はかわれない。空姫はなんでも吸収していってしまうタイプで、側にあの腹黒二人と、妙に洞察力に優れた衣装係さんがいるのです。(衣装係さんと左大臣のトエと仲が怪しいです)
 末は絶対、黒姫に負けない、素晴らしい暗躍家に育ちそうです。しかも、無表情なヒカゲさんの感情とかを洞察するという訓練つき(笑)。
 それにしても、テンに相手がいないのが不思議です。
 今回はラストで、四カ国同盟、結成。

2012/04/25 17:12

投稿元:ブクログ

四都同盟

 姫を失った4都をめぐる動きの果て
 
そしてカラは4都を見て周り、また1姫と出会う。
 7姫は成長しているのかな。
 

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む