サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月と茉莉花 月に歩す(リンクスロマンス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

月と茉莉花 月に歩す (リンクスロマンス)

著者 佐倉 朱里 (著)

滅びた湘国の王族で、唯一生き残った月心は、煬大牙の計らいでめでたく元服し、伶人として朝に仕えることになった。典楽庁の他の伶人に湘の楽曲を伝授する役目を賜った月心だったが、...

もっと見る

月と茉莉花 月に歩す (リンクスロマンス)

923(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

月と茉莉花 ~月に歩す~

900 (税込)

月と茉莉花 ~月に歩す~

ポイント :8pt / 紙の本より23おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

滅びた湘国の王族で、唯一生き残った月心は、煬大牙の計らいでめでたく元服し、伶人として朝に仕えることになった。典楽庁の他の伶人に湘の楽曲を伝授する役目を賜った月心だったが、楽生のうちの一人から度々いやがらせを受けるようになる。日々、傷心していく月心に、大牙は憂慮を抱いていたが…。表題作に、大牙が妃を探す最終話も加えた、切なくも甘い感動の歴史ロマン第三弾、待望のシリーズ完結篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

滅びた湘国の王族で唯一生き残った月心は、煬大牙の計らいで元服し、伶人として朝に仕えることに。だが、楽生のうちのひとりから度々いやがらせを受け、月心は傷心していく…。切なくも甘い歴史ロマン第3弾。シリーズ完結篇。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/08/20 20:40

投稿元:ブクログ

全3巻の最終巻。
楽師の講師としての仕事開始。生徒に手を焼いたり、大牙の探花が始まったり、お父様(王様)とのはじめましてなご挨拶があったり!!・・・二人の間にも慈しみや不安や激情。色んな感情が交錯。
愛を貫いてはいるけど、ちょっと終わり方としては恋愛モノとしては仕方ないとは言え寂しい部分もあり。
でも内容は相変わらずの切な系胸キュン物語です。
とにかくグイグイ引き込まれて、この作品がデビュー作とはとても思えません。時代背景はもとより、心理描写が素晴らしいと思います!!

2010/09/24 23:59

投稿元:ブクログ

1作目が『月と茉莉花』で2作目が『月と茉莉花 ~羞花閉月~ 2』になります。1作目は、故国を滅ぼされた月心と大牙が心を通い合わせるまでで、2作目がそこから元服するまでが書かれています。
今作で完結です。

月心は、盲目のため幼少に王太子の地位を剥奪され、離宮に幽閉されていた。父王が同盟を結びながらも裏切ったことにより湘国は滅亡し、月心も湘国の命運とともに生命を絶とうとするのを王太子・大牙が湘国の書物を諳んじれるため、国へと連れ帰った。それが始まりだった。

月心の世界は狭い。湘国では、世話をする老爺と書物を話し聞かせた師しかいなかった。父王も兄弟も誰にも省みられなかった。国が滅び違う国へと連れてこられて世界は大きくなった。それは大牙と出合った事によるものだ。
大牙は、何も望まない月心にもどかしい気持ちになる。それは仕方のないこと。月心は、望むことを許される立場にいなかったから、望むということを知らない。
非常にもどかしく感じます。
その壁をぶち破れからこそ大牙なのだと思うのです。

今作で大牙は、王太子として娶らなくてはならなくなります。そういうことになると、非常にファンタジーだなと思います。歴史ものというジャンルでは当たり前なのですがBLでは珍しいんではないかと。
そういう展開もありなのではと思いましたね~。

でもでも。最後は、絶対ツッコミ待ちだと思うのですよ。
だって月心を立后させたと書いてあるんですよ!
立后って女の格好をさせて表に出したってことっすよ!
やってしもた~て感じです。
最初は、しんみりしてたんですけど立后って反芻した途端、書かなきゃって思いました。

だって待ってると思ったんだもん(誰がだ)
ほんとやるよね、凄いよ、大牙…。

2014/06/26 10:26

投稿元:ブクログ

シリーズ完結編です。
前回中だるみ感のあったシリーズですが、完結編ということで、
中華風王朝物としては避けられない嫁取り問題勃発。
3つの短編から成ってますが、最初は受が初出仕して
ケチないじめと向き合い成長する姿、2つめがあまあま
ちゅっちゅないつものバカップル、そして最後が嫁取り
問題なのですが……。

普通王朝ファンタジーBLの定石といえば、受を王妃に
してしまう、という展開、もしくは王位を譲って駆け落ち、
そして兄弟に跡継ぎ産ませる、の3通りなんですが、
いやいやいや、予想外きました。
まさか本当に嫁取りしちゃうなんて誰が思ったでしょう?
この時点で、王道BL一直線な方からは非難囂々だと思うの
ですが、常日頃からBLにリアルリアルとリアル感求めてる
方までも非難の嵐だったそうで……。

この世界観、この時代背景からすると、ある意味一番
リアルで普通な判断だと思います。
あの攻のキャラで嫁を迎えない方が、逆に不自然だと
思うし、あの受のキャラもまた自分のせいで血が絶える
だなんて、それこそ世を儚んでみたいな展開になりそう
です(笑)
受があまりに自然と正妃の存在を受け入れるというのは、
自身も元王族としてもっとも自然な思考回路だと思います。
その点について私は逆に好感が持てましたので、最終巻
になってぐぐぐっと作品の評価が上がったのですが、
惜しむらくはイラスト。
雪舟さんの事情により出版がのびのびになったのは、この
時期いろんな作家さんにも波及していたと思うのですが、
それにしてもこれは……。
あまりにガッカリしたのと切なかったので★ひとつ
減らしました。

最後の史書において、受はやっぱり長生きできなかった
のか、などと色々と想像してしまい、それでも二人は
幸せだったんだろうなー、とか甘くて切ないお話を堪能。
ごちそうさまでした。