サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:20cm/431p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-4621-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

公認会計士VS特捜検察

著者 細野 祐二 (著)

粉飾決算はなかった! 会計論争で検事を打ち負かしても、一、二審有罪。「司法の闇」を弾劾する辣腕公認会計士渾身の書。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

公認会計士VS特捜検察

税込 1,980 18pt

公認会計士vs特捜検察

税込 1,980 18pt

公認会計士vs特捜検察

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.0MB
Android EPUB 7.0MB
Win EPUB 7.0MB
Mac EPUB 7.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

細野 祐二

略歴
〈細野祐二〉1953年生まれ。早稲田大学政経学部卒業。公認会計士。2004年までKMPG日本およびロンドンにおいて会計監査、コンサルタント業務に従事。著書に「国際金融取引の実務」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

キーワードは「粉飾決算」

2008/09/21 09:50

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

キーワードは「粉飾決算」。本書は、粉飾決算をめぐる公認会計士と泣く子も黙る東京地検特捜部の戦いの一部始終を描いたもの。

「粉飾決算」と一口にいっても、その仕組みが少々複雑です。こういう経済犯の場合は、そこに意思があったのかということも問題になり、犯罪としての認定が難しいです。

本書は3部構成で、1部は衝撃的な逮捕から勾留、自白の強要と読んでいてもハラハラする内容です。特捜部に拘留されたら、だれでも「落ちる」そうです。

落ちなかった人といえば、ホリエモン。彼は変な人ですが、そういう点でも変わっていたのだな、とつくづく感心してしまいました。

2部は一審。事件の概要が少しずつ明らかになってきます。さまざまな関係者の立場で証言が左右にぶれるのは、人間の弱さが出てきます。

3部は控訴審。新証言などが出てきて、違った展開があるのかとおもいきや・・・

やはり、この世の中には「本音」と「建前」があるのだな、と思います。公認会計士の本来業務である”会計監査”は、会計的に正しいことを市場の参加者に知らしめる役割を持っています。しかし、一方ではクライアント企業からはお金をいただいている。普通の商売であれば、お金をいただいた方のために動くのが当たり前ですが、会計士の場合、お金を払う人とサービスの提供を受ける人が異なるのです。

「粉飾決算」問題は、非常に重要な問題ですが、会計監査制度も見直す時期が来ているのでは??

http://blog.livedoor.jp/c12484000/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

会計士の常識は、どこまで非常識?

2008/01/10 23:32

16人中、16人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koratan_cpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、会計制度と司法制度という日本を支える二大制度の相互矛盾点を鋭く描いた書籍である。
著者は現役の公認会計士。過去にかかわった案件に関して逮捕・起訴され、その後二審にて有罪判決を受けている。自らの主張が裁判の場で通らなかったという無念さが根底にあり、身の潔白を証明すべく執念で書かれた一冊という印象を強く受けた。
容疑は粉飾決算の有無という会計制度に深く関係するものと、犯罪に手を染めた経営者に加担したという司法制度に関係するものの二点である。著者は粉飾決算は無かったと主張しており、経営者との共謀も成立し得ないという主張を展開している。
粉飾決算容疑に対する反論については、同業に身を置く者としては全く同意見である。何よりも恐ろしいと感じたのは、会計士が主張する理論の正当性が司法の場ではそれほど重要視されていないということ。この分野の主張は著者に完全に軍配が上がっているが、判決ではそれがサラッと無視されている(むしろ後者の容疑でうまく有罪に押し込められたような感じがする)。
同業者として強く反応したのは、会計士の常識が司法の場で非常識に聞こえてしまっているという点である。もしこの状況がこれがまかり通ると、会計監査業務は過度に萎縮してしまい、業務が硬直してしまうのではないかと大変恐ろしく感じられる。
ただ、会計士が日ごろ呪文のように唱えている会計・監査に関する理論は、よくよく考えてみると煮え切らない、奥歯に物が挟まったようなものが多い。それが一般的にはあまり理解されない(しにくい)性質であることもまた事実。司法の方々もその分野では専門家ではないため、理解不足からそういう結果になってしまうのかもしれない。
そういった会計士と世間の理解のギャップを浮き彫りにしており、会計士が取り組むべく課題も突き付けているといえる。同業者のみならずこれから会計士を目指そうという人々や、経理に携わる人、また経済犯罪に立ち向かう司法の方々にも是非読んでほしい一冊である。

http://blog.goo.ne.jp/koratan_cpadotcom/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/29 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/20 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/01 06:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/22 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/23 04:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/16 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/13 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/22 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/20 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/08 06:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/14 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/22 08:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。