サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ティファニーで朝食を

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ティファニーで朝食を
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 129件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-501407-0
  • 国内送料無料

紙の本

ティファニーで朝食を

著者 トルーマン・カポーティ (著),村上 春樹 (訳)

ホリーは朝のシリアルのように健康で、石鹸やレモンのように清潔、そして少しあやしい、16歳にも30歳にも見える、自由奔放で不思議なヒロイン。—第二次世界大戦下のニューヨーク...

もっと見る

ティファニーで朝食を

1,296(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ホリーは朝のシリアルのように健康で、石鹸やレモンのように清潔、そして少しあやしい、16歳にも30歳にも見える、自由奔放で不思議なヒロイン。—第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に、神童・カポーティが精魂を傾け、無垢の世界との訣別を果たした名作。【「BOOK」データベースの商品解説】

ホリーは少しあやしい、16歳にも30歳にも見える、自由奔放で不思議なヒロイン。第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に、神童・カポーティが精魂を傾け、無垢の世界との訣別を果たした名作。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ティファニーで朝食を 5−138
花盛りの家 139−165
ダイアモンドのギター 167−186

著者紹介

トルーマン・カポーティ

略歴
〈トルーマン・カポーティ〉1924〜84年。ニューオリンズ生まれ。作家。著書に「夜の樹」「草の竪琴」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー129件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

翻訳ってすごい

2015/09/03 20:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:湯川 - この投稿者のレビュー一覧を見る

オードリーヘップバーンの映画で有名な「ティファニーで朝食を」ですが、この作品は映画とは別物だと思っていいでしょう。

主人公のホリーは自由奔放で、一見すると周りに迷惑かけまくりのように見えても、どこか強い魅力がある。周囲の登場人物も、その魅力を感じて、彼女のことを見守っている。

私はこの作品を最初は原文のままで読みました。
村上春樹さんはサリンジャーの翻訳が合うと思ったのですが、カポーティの原文のよさを十分に分かって引き出していると感じました。翻訳って奥が深い。

どの話もどこか切なさを感じますが、特に最後に収録されている「クリスマスの思い出」は美しい文で、個人的にはいちばん好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上春樹が 救い出した 有名作品

2008/03/30 20:59

16人中、15人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村上春樹は 本作が 映画「ティファニーで朝食を」によって もっと言うと主演のオードリーヘップパーンによって かなりの「誤解」を受けている点を あとがきで書いている。

 映画は僕も一回しか見ていないが 今でも非常に印象が残っている。オードリーの美しさ、格好よさは折り紙付きであるし 主題曲の「ムーンリバー」も誰もが知っている曲である。

 「そんな映画化」が本作にとって どれだけ幸せなことであり 一方 どれだけ不幸なことであったか。それを村上は 冷静に見極めている。
 おそらく映画だけを観て原作を読まない人が多かったろう。そうして結果として このカポーティの優れた中篇は ある意味で読まれず 「埋葬」されてきたのではないか。
 今回 村上は 自分が訳す事で ある程度の人数が本作を手に取る機会を与え、結果として本作を「墓」から救助したかったに違いない。そういう村上の本作への「愛情」が この度の翻訳の原動力になったと僕は確信している。

 読んで見ると ホリーの「破綻したイノセント」をひしひしと感じる。ここまで極端ではなくても こういう人は 確かに会ったことがあるような既視感を絶えず感じた。何かが「壊れる」ことは 時として とても美しいものがある。硝子細工は それが正しく いつ壊れるかわからないというカタルシスを帯びている点で 美しいのだ。本作に漂う稀有の「美」は きっと そんな 硝子細工のホリーという人物造形から来ていると強く思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/10 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/07 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 06:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/30 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/18 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/26 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/14 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/14 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/18 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/24 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/23 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/04 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/14 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む