サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 国家の通販
  5. 岩波書店の通販
  6. 国家を歌うのは誰か? グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国家を歌うのは誰か? グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/107p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-022885-5
  • 国内送料無料

紙の本

国家を歌うのは誰か? グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

著者 ジュディス・バトラー (著),ガヤトリ・スピヴァク (著),竹村 和子 (訳)

精神分析の概念を批判的に検討することの多い哲学出身の理論家バトラーと、マルクス主義的階級分析の視点を手放さない文学研究者スピヴァクが、グローバル化が加速する現代社会の状況...

もっと見る

国家を歌うのは誰か? グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

精神分析の概念を批判的に検討することの多い哲学出身の理論家バトラーと、マルクス主義的階級分析の視点を手放さない文学研究者スピヴァクが、グローバル化が加速する現代社会の状況を、各々の関心や経験に根ざしつつ語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジュディス・バトラー

略歴
〈ジュディス・バトラー〉1956年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校、修辞学・比較文学教授。
〈ガヤトリ・スピヴァク〉1942年コルカタ(カルカッタ)生まれ。コロンビア大学人文学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

展開に向けてのウォーミングアップ

2008/06/10 09:03

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、そのパッケージだけでも、たいへん魅力的なものである。訳者の竹村和子さんも含めれば、スピヴァック、バトラーといった、今日ジェンダーにとどまらず、「思想」を考える際に避けては通れない役者が3人そろい踏みといった書物なのだから。それにタイトルも、「国歌」ならぬ「国家を歌うのは誰か?」ということになれば、そのテーマも納得できそれなりに議論が想定でき、はたして実際どのような議論が展開されたのか、それは興味深いものであるにちがいない。それに、装幀もいい。

だが、残念ながら、本書はその薄さにも明らかなように、そして対話ともペーパーともつかぬ、中途半端なやりとりの分量にも現れているように、いささか議論は不完全燃焼に終わった感が否めない。論点は出た、しかし、展開はまだ。そんな状態にみえる。新刊も準備されているようなので、今後の2人の展開に期待、というのが正直な読後感だ。その意味で、読んでおいた方がよいが、必ずしもマストアイテムではないようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/03 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/02 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る