サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. ランド世界を支配した研究所

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ランド世界を支配した研究所
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/423,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-370630-6
  • 国内送料無料

紙の本

ランド世界を支配した研究所

著者 アレックス・アベラ (著),牧野 洋 (訳)

ゲーム理論、システム分析、ファイルセーフ、合理的選択論…。—現代史を彩る理論はここからやって来た。【「BOOK」データベースの商品解説】ゲーム理論、合理的選択論、システム...

もっと見る

ランド世界を支配した研究所

2,263(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゲーム理論、システム分析、ファイルセーフ、合理的選択論…。—現代史を彩る理論はここからやって来た。【「BOOK」データベースの商品解説】

ゲーム理論、合理的選択論、システム分析など、議論や理念、人間の感情までも数値と方程式におきかえ、世界を支配することになるさまざまな理論を作り出したランド研究所。その全貌を明らかにした衝撃のノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アレックス・アベラ

略歴
〈アレックス・アベラ〉キューバ生まれ。コロンビア大学卒業。新聞記者、ニュースチャンネルのプロデューサーなどを経て、『ロサンゼルス・タイムズ』の寄稿記者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

大黒柱のない、2X4工法で構成した様な作品

2009/01/20 17:45

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第二次大戦後に、アメリカ空軍の理論的主柱となるために創設されたシンクタンクの歴史と関連する人々の行動を羅列した作品。ランドが空軍の下部組織的なシンクタンクから始まり、独立し拡大していく過程で発生した内部対立を原動力として、一部の研究者が政権に入り逆に空軍の上位に立ってランドに仕事を発注させるようになる。しかしこれは自らの仕事を安定供給する方向で報告書を作成することにもつながっていく。そういったところは読み取れるのだが、著者が自分のどんな意見を伝えたくて本書を上梓したのかが、明確に伝わってこない。
 はじめは空軍寄りでランドの意義を描いていたかと思うと、ランド内の対立を描き出し、ケネディの話をしていたと思ったらジャクソンやニクソンの話題になっていて、ふと気づいたらまたケネディに戻っている。ウォルステッターを描く立場もはっきりせず、陰謀史観的に語ったかと思うと、純粋な研究者の様にみなしたりもする。とにかく視点がはっきりせず、思いついたことをそのまま書いたように話題が点々とするので、全体像を順序だてて把握するのに苦労する。もう少し事実を整理して話題を絞り、構成に配慮すべきだったと思う。あるいは、こういう羅列していく形式がノンフィクションというものなのかも知れない。
 色々不満を並べたが、ランドが現在までのアメリカの政策にどのような影響を与えてきたのかを通して理解するには、良い作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

第二次大戦の米国を設計した「ランド・コーポレーション」の実態を余すところなく描き切ったノンフィクション

2010/02/03 16:10

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第二次大戦の勝利国となった米国が、1940年代から1950年代にかけて世界の覇権国となっていった絶頂期に、その理論的フレームワークをつくりあげたのが、米国空軍のシンクタンクとして出発した民間の非営利組織「ランド・コーポレーション」(RAND Corporation)であった。
 RAND とは、Research ANd Development(研究開発)の頭字語をとったもの。知識産業としてのシンクタンクの原型ともいってよい。

 実質的に国防研究を主要分野として受託研究を行ってきたこのシンクタンクは、理系の研究者にとっては思う存分に研究のできるパラダイスであり、本書では全米から集まってきた最優秀の頭脳の群像が、これでもか、これでもかと描かれている。
 「ゲーム理論」、「合理的選択論」、「システム分析」、いずれも人間行動を数式と方程式で理解しようとした、「合理性の兵士」(Soldiers of Reason)たちの産物であった。彼らは、研究分野における、米国のベスト・アンド・ブライテストたちであったといえよう。
 そして彼らはまた「合理性の使徒」でもあった。20世紀後半の社会科学がこれら米国発の「合理性」理論の圧倒的影響下にあることは、日本についてもいうまでもない。
 
 「ランド」に集まったのは理系研究者だけではない。
 1972年にノーベル経済学賞を受賞した、米国を代表する経済学者ケネス・アローに代表される「合理的選択論」は、経済学だけでなく、戦後アメリカをアメリカたらしめたエッセンスといってもよい。ランド時代のアローの業績は、本書によればいまだに機密解除されていない(!)という。冷戦時代の米国の国防戦略に直接関与していたのである。
 1994年にノーベル経済学賞を受賞した数学者ジョン・ナッシュをモデルにしたハリウッド映画『ビューティフル・マインド』そのものの世界である。この映画では、「非協力ゲーム」の研究で知られる数学者として、暗号解読研究に携わることになったナッシュが、次第に妄想の世界に入り込んで精神を病んでいったことが描かれている。核兵器にかんする機密漏洩を懸念して軍関係者に監視されていた、末期がんで死の床であった天才フォン・ノイマンは例外ではなかったのである。ランドでの研究の性格の一端を示したものといえるだろう。

 米国による世界支配構造の根底にある「合理性」とはいったい何か、それが生まれてきた背景も含めて、さまざまな天才たちの群像をつうじて描く、必読のノンフィクションである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

超保守系シンクタンクの実態

2010/07/12 23:58

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書、ちょっといっちゃっている感じが痛い(というより怖い)一冊なんですが、
万人向けとは思わないけど、個人的には、すごい面白かったです。

 アメリカにはロビイストという集団とともに、シンクタンクという
日本の政治機構にはあまりない
(厳密には日本にも存在しますが)
存在がその政策決定と実行、理論的補完として
機能していましてその最も代表的な存在の研究所について迫った一冊。
 
 飛行機製造会社のダグラス社が資金援助、仕事の発注なんかを行い、
このダグラス社そのものがバックボーンとなり第二次世界大戦直後に
設立され、主に冷戦期の核戦略なんかをリードしてきました。

 主に冷戦期の核戦略と書きましたが、彼らのなした主な業績は物凄く多岐にわたっていまして、
私たちも、インターネットの基礎理論なんかで恩恵を受けております。
 業績としては、アメリカ人お得意の囚人のジレンマからくる、
ゲーム理論、経済を抜きにした厳密な意味でのゼロサムゲーム、
失敗なく完全に遂行するシステム、フェイルセーフシステム、
ノード(結節点)が破壊されても、通信できるインターネットシステム。etcなどなど、
 他にも、色々研究していまして、苦戦するベトナム戦争でのベトコンの士気の高さ根源を研究したり
医療費の自己負担なんかも研究し、施行する上での理論武装に一役買っています。
 早い話、身も心も凍るような冷徹無比の超右翼系保守派のシンクタンクなんです。

 本書で、一番衝撃を受けたのが、ちょっと前のネオコンの信奉者、提唱者、牽引者の殆どが、
このランドの出身だということ。ウォルフォビッツに、ドナルド・ラムズフェルド、
コンドリーザ・ライス。この辺からもその性格が、理解していただけるかと思います。
 
 この研究所の面々を一言で言い表した著者のいい表現がありまして、
概ねどの人も、知的傲慢さと道徳的無神経さを兼ね備えていると、、。
 しかし、チャーチ・オブ・リーズン(合理性の教会)とも呼ばれていまして
どんな主義主張もそれが合理性に見合っている限り、研究対象にすることができ発表できたとか。
ただ、やっぱり研究者の一人ハーマン・カーンがキューブリックの「博士は、、」のモデルになったと
いうぐらいで、(ルメイもいました)みんなどこか少しいっちゃった感、
世界平和のためには、世界を支配するしかないみたいな考えをもっていてうすら寒さを感じます。

 (アクシズのハマーン・カーンってここから来ているのですかね?
  だとしたら、富野さんすごい)

閑話休題。

 大体、人間が理論どうりというか、理屈道理に行動すると思っているのがパラノイアの証拠って
どこかで読んだのですが、まぁ、それは置いといて、、、。

 ちょっと本としては、特定の人物に絞りすぎたり、人物本位でなかったり、
ランドそのものが対象で仕事がメインだったり構成にばらつきはありますが、
アメリカの保守派の人はこんな考え方をしているんだぁという
理解の助けになる本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/17 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/04 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/14 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/13 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/16 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む