サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/12/6~2022/1/12)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 知る・学ぶの通販
  5. 偕成社の通販
  6. ツバメのたび 5000キロのかなたからの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2009/02/01
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:25×27cm/40p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-03-437390-3
絵本

紙の本

ツバメのたび 5000キロのかなたから

著者 鈴木 まもる (作・絵)

だれかがぼくをよんでいる。とおくでぼくをよんでいる。にほんから5000キロもはなれたみなみのくにマレーシアから、1わのツバメがとびたった。なんのためにツバメはどこをめざす...

もっと見る

ツバメのたび 5000キロのかなたから

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

だれかがぼくをよんでいる。とおくでぼくをよんでいる。にほんから5000キロもはなれたみなみのくにマレーシアから、1わのツバメがとびたった。なんのためにツバメはどこをめざすのか…うみをこえ、たびはつづく。ツバメのいきつくさきは?4歳から。【「BOOK」データベースの商品解説】

南の島から飛び立ったツバメ。冷たい風に乗って、朝の光に向かって、雨の中も飛び続ける。海を越え、たどり着いたのは…。ツバメといっしょに旅をしている気分になれる絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鈴木 まもる

略歴
〈鈴木まもる〉1952年東京都生まれ。東京芸術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズで赤い鳥さし絵賞、「ぼくの鳥の巣絵日記」で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。他の著書に「鳥の巣研究ノート」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 四月、青空をピュー...

ジュンク堂

 四月、青空をピューッと横切っていく黒いツバメの姿が目に飛びこんできます。春の訪れを知らせてくれるツバメですが、かれらはなんと五〇〇〇キロも離れた東南アジアからやって来るのです。長い長い旅路の中、迷いなく力強く目的地へまっすぐに飛び続けるツバメの姿に魅了される一冊です。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なるばる日本にやってくるツバメが、ますます愛おしくなる。

2009/04/13 23:11

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 毎年、日本にやってくるツバメが、どんなところから、どんな風に飛んでやってくるのかを描いた絵本。
 日本から5000キロも離れたマレーシアで、1羽のツバメが、何かに呼ばれているような気がして、そこをめざして出発する。村の上から、海辺へと。そして、仲間も一緒に、海を越え、どこか遠いところをめざして飛ぶ。
 海の上や船、雨の日、灯台、漁船の小船など、ページごとに描かれる景色が美しい。そして、日本の春の風景が見えてくる!
 空から見えるれんげ畑や菜の花、働く人、新幹線、川の風景、桜の咲く町
など、ツバメからの視点が心地良い。そして、ツバメは、商店のある町(「ツバメ通り」と表示がある)の一角に巣を作る。
 タマゴから孵ったヒナたちにエサをやる絵には、こう文章がある。
「やっと あえた とうとう あえた
 きみたちが ぼくを よんでいたんだ
 このために ぼくは とんできたんだ」

 実際は、ツバメが、どこをどうやって飛んでくるのかは、正確にはわかっていないようである。だから、科学絵本ではない。
 けれども、作者は、鳥の巣研究家として著書も多く、それがこの絵本にも生かされていて、見ごたえ充分!
 新しい生命を生み、育てるために、はるか5000キロを飛び越えて、日本にやってくるツバメへの愛情といとおしさが、ひしひしと感じられる。それは、日本人のほとんどが持っている気持ちなのだろう。読後感の良さは、そのためかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ツバメが

2016/10/29 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ツバメが軒下に巣を作るとほんと嬉しくなりますね。早くヒナが還らないかなぁ~と散歩の度に巣を見上げてしまったり、ヒナが還ったら元気に餌をねだる様子を足を止めてじっくり観察したり、巣立ちの頃はうまく飛べるのかハラハラしたり、と。ツバメ大好きです。そんなツバメが日本に来るのにこんな過酷な旅路を辿ってたなんて…それでも日本に来てくれるツバメがますます愛しくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/12 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/01 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/28 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/17 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/31 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/26 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/02 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/23 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/25 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/30 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。