サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 99件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/07/01
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011764-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

火星年代記 新版 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 レイ・ブラッドベリ (著),小笠原 豊樹 (訳)

火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊を、彼らなりのやりかたでもてなしたからだ。つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒涛のように火星へ...

もっと見る

火星年代記 新版 (ハヤカワ文庫 SF)

税込 1,034 9pt

火星年代記

税込 1,034 9pt

火星年代記

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.1MB
Android EPUB 2.1MB
Win EPUB 2.1MB
Mac EPUB 2.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊を、彼らなりのやりかたでもてなしたからだ。つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒涛のように火星へと押し寄せた。やがて火星には地球人の町がつぎつぎに建設され、いっぽう火星人は…幻想の魔術師が、火星を舞台にオムニバス短篇で抒情豊かに謳いあげたSF史上に燦然と輝く永遠の記念碑。著者の序文と2短篇を新たに加えた新版登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

8月22日はレイ・ブ...

ジュンク堂

8月22日はレイ・ブラッドベリの誕生日です!
大SF作家は健在、今日で90歳を迎えました。

本欄では、実は存命中の方の誕生日は取り上げないことにしていたのですが、
90歳を越えたら特別、としようと思います。

SFの中のSFの名作― 『火星年代記』もこの度改訂新版が刊行されました。
火星に向かったまま還らない数々の探検隊。それでもなおやってくる地球人。
そして、火星で営まれる火星人の生活。流れて行った時。
描写するその文章の詩を思わせる美しさと、なんだか懐かしくなるような
もの悲しさと、皮肉。
連作短編のなかで、ブラッドベリの筆の魔法に幻惑される、永遠の名作です。

私がブラッドベリの名を知ったのは、星新一さんの著作の中でした。
この『火星年代記』を読んで、星さんはSF作家を目指したのです。
さて、改訂新版では著者序文と2短編が加わり、また年代が少し先に
変更されました。 1999年1月からの話は、2030年からの話となっています。
まだまだ火星は遠い!

【折々のHON 2010年8月22日の1冊】

書店員レビュー

ジュンク堂書店岡山店

タイトルはそれこそ至...

ジュンク堂書店岡山店さん

タイトルはそれこそ至る所で聞いていた作品。SF初心者の私が巨匠の作品を理解できるのか!?と思いつつ本を開くとあっという間に火星の空気に包まれていました。
まるで壮大なファンタジーのようで。火星には河があり、風があり、火星人が住んでいた。彼らは赤い髪をしており、鉱石からできた果物や溶岩で焼いたものを食べ、人間とはテレパシーで会話できる。各章で趣が異なりながらなんて多くの題材を盛り込んでいるんだろう!ともうゾクゾクします。美しい火星の自然、建物。やってくる侵略者人間、火星人の予知夢 地球での戦争、残された人々、誰もいない町。なんとも物悲しい人間の生き様、火星の美しさ。

科学が発展した私たちは火星に空気はないし、広大な遺跡も、河も自然もないとわかる、そう決めつけている。なのにどうだろう、この活き活きとした想像の物語の素晴らしさは。科学に置いていかれて、いつから夢を見ることを忘れてしまったんだろう。忘れかけていた子供の頃の想像力を蘇らせてくれる。ふいに胸が熱くなる、そんな名作です。
SFって苦手……なんて方も、夢を見るのは自由なんだ!と想像の羽をあなたも広げてみませんか?
文庫担当 中原

みんなのレビュー99件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

生と死、光と影、がダンスを踊る

2010/08/18 20:44

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

旧版も持っているのだが、
ブラッドベリに出すお金は惜しくない!
と思い、購入した。

旧版との違いは、カバーと解説だけではない。
冒頭にブラッドベリの序文と
本編に、新たに一話が追加されたことと、
一話が差し替えられたこと。
そして、時間の流れ。
旧版では物語のはじまりが1999年1月だが
新版では2030年1月に変わったこと。

本国での初の単行本化が1950年。
いわばファンサービスというかたちで
「21世紀を迎える読者にむけて、
 ブラッドベリ自身が改訂した」
この版は、1997年に発刊、定本とされた。

27編から成る、「火星移住」のオムニバス。
時を追って、色々な人たちの人生が語られる。
火星に移住するにあたって、
時期をずらして探検隊が送り込まれるが、
第1探検隊から第3探検隊までが
なぜか地球に戻ってこなかった。
厳重な体制でさらに第4探検隊が臨み、
民族大移動がはじまる。
火星で初めてのホットドック屋をひらく男。
樹木を植えて酸素と緑を供給しようとする男。
教会を建てようと、やって来た神父たち。
地球からはなれた彼らが、火星ですることは、
やはり地球でおこなわれていることばかりだった。
そして
たまに現れる火星人たちとのシュールなやりとり。
火星はいったいどうなっていくのだろうか。

翻訳がとてもすばらしいのだろうと思うが、
まるで1枚の長いCDを聴いているみたいだ。
詩のような絵画のような美しさを持つそれぞれの曲が
しずかに、問いかけるように、歌っている。

火星と地球が敵対し派手な戦いを繰り広げる話ではない。
淡々と個人の暮らしが綴られる。
そこに、人生の悲哀、文明への皮肉や警鐘が込められる。
どれだけ時が過ぎようとも、人が生きるかぎり
普遍である生への執着、死への恐怖。
それは愛への執着であり、孤独への恐怖ともいえるだろう。
生まれた星をはなれて暮らすことは
じぶん自身への疑問という絶望がつきまとう。
そんなかなしさが伝わってくる。

27編のうち特に印象的だったのは
「夜の邂逅」と「火の玉」である。
「夜の邂逅」でトマスは考える。時間の色とは、音とは、匂いとは。
あたりまえに存在するものに対しての問い。
これも本編でブラッドベリが伝えてくるテーマのひとつだと思う。
そして時間に対する問いとはじぶんの人生に対する問いでもある。
生きているかぎり時間を消費するわけだけれど、
それはいろんなことを選択したりしなかったりの連続だ。
その瞬間は、正しい選択をしているかどうかわからない。
後になってわかるせつなさ。

「火の玉」では人の獣性がえぐり出される。
人を見下すエゴ。自己顕示欲。偽善。
無欲というステージはあまりにも高いところにある。

美しい表現が散りばめられる中にも
深い哲学が内在している。
きっと何年も何年も読み継がれる本だと思う。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

旧版で持っています

2020/11/29 22:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハヤカワSF文庫に収録される前のNVに入っていた旧版を持っている。火星に押し寄せる地球人たちと火星人の物語は、そのまま新大陸に押し寄せてアメリカ人になったヨーロッパ人の焼き直しのよう。ここには「詩情」としかいいようのない情感があって、繰り返される人間の物語がほんとうに叙情的に描かれる。火星人の残した廃墟でバイロンの詩が連想されたり印象的な場面がいくつもあってその感動は忘れようがない。終幕の『百万年ピクニック』で映し出される「火星人」の姿を目にする。訳文にもリズムがあってブラッドベリの世界をちゃんと日本語に移し替えられていて素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まごうことなき名作

2017/11/11 01:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:通りすがりの偽善者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

電子書籍化されたのをきっかけに、本当に久しぶりに読んだ。
最後に読んでから、少なくとも十年は経っているだろう。
ラストの「百万年ピクニック」まで、何回も読んでも、結末を知っていても、読み終えた後にある種の喪失感とともに未来への希望を抱かせてくれる。
確かに半世紀以上前の古典ではあるが、まごうことなきSF小説の名作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未来の世界に去来する希望と郷愁。火星入植の断片を幻想的に描く盛衰記。

2010/11/11 18:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 未来の火星の物語である本書は、分類するとすればサイエンス・フィクションに分けられるのだろうが、著者が序文で述べているように、サイエンス・フィクション的な内容をほとんど含んでいない。地球人の火星入植がもたらした先住民である火星人の衰退と、時の流れがもたらす火星入植者の盛衰を断片的に拾い上げ、レトリックを駆使して詩的に、幻想的に描く世界は、むしろサイエンス・ファンタジーと言ったほうがしっくりくる。

 本書は、『○○年○○月の話』という独立した話を並べて、一つの作品に構成したオムニバス形式で、先に述べたように、断片的な印象を受ける。それらは、ある火星人の物語であったり、ある火星探検隊の物語であったり、ある火星入植者の物語であったり。このような火星における、さまざまな場所のさまざまな人物を切り取った、一見ばらばらの物語は、頭の中に並べられていくにしたがって、それぞれがパズルのピースに似ていることに気付く。
 そして、最後のピースをはめ終わり、物語を俯瞰できたとき、希望と郷愁が去来する。その一方で、見たくない現実を突きつけられた不快感が襲ってくる。(決して本書が不快なわけではない。)

 物語は火星へ向けて待機するロケットの様子を描く【二〇三〇年一月 ロケットの夏】で始まる。
 生命が存在しないとされる、第三惑星地球から来たという男の白昼夢を見る火星人の夫人と、その夫【二〇三〇年二月 イラ】
 突如、聞いたこともない言葉とメロディを奏でる火星の音楽家たち、そして知らない歌を歌う火星の子供たち【二〇三〇年八月 夏の夜】
 失敗に終わった第一探検隊に続き、火星にやってきた第二探検隊たちの顛末【二〇三〇年八月 地球の人々】
 やがて始まる核戦争から、芸術や科学に到る国家統制から逃げるため、ロケットに乗せろと喚く地球の男【二〇三一年三月 納税者】
 第三探検隊が、死んだはずの家族や懐かしい風景に火星で出会う【二〇三一年四月 第三探検隊】
 そして第四探検隊【二〇三二年六月 月は今でも明るいが】

 ここまでが本書の三分の一ほどで、続く二〇三二年八月から火星入植が始まるが、火星で何が起きたのか、火星人はどうなったのか、なぜ地球人は入植できたのか、そのあと火星人と地球人はどうなったのか、という疑問は本書を読んで欲しい。その先に、著者が描こうとしたテーマが見えてくる。

 私は、その著者が本書で描こうとしたテーマは、『エゴ』ではないかと思う。
 詩的で幻想的な雰囲気をまとってはいるが、
●地球での争いを止めずに新しい土地を目指す地球人たち
●火星人の衰退の原因を作ったにもかかわらず、入植してくる地球人たち
●新しい罪を求めてやってきた神父たち
●想像上の生物を示唆する生産の禁止と焚書
 などの地球での価値観を持ち込もうとする、傲慢な地球人たちが数多く描かれており、北アメリカ大陸開拓史を連想させる物語を通して、人間のエゴを痛烈に批判しているように感じられる。

 本書は、初めて読んだ海外翻訳本で、期待と不安のなか読んだ。読み始めには、棒読みに感じる会話のセリフや、訳で選択された言葉に、一部違和感を感じたが、物語が進むに連れて、レイ・ブラッドベリの詩的な表現が漂う世界に引き込まれていった。読書を中断していても「火星年代記」が頭から離れない。星新一が面白いと絶賛した作品だけのことはある。
 またレイ・ブラッドベリの作品を読んでみたい。

 ところで、新版である本書は、旧版では一九九九年一月で始まる物語が、二〇三〇年一月と改められているそうだが、はじめて「火星年代記」を読む者としては、未来の話という雰囲気が壊れなくて良い。
 他にも【二〇〇三年六月 空のあなたの道へ】が削除され、序文【火星のどこかでグリーン・タウン】、【二〇三三年十一月 火の玉(刺青の男に収録)】、【二〇三四年五月 荒野(太陽の黄金の林檎に収録)】が追加されたとのこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オールタイムな名作SF

2023/05/29 13:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

火星開拓を描いた連作もの。
必ずしも設定が固定されてはいない。

人の心のない物質文明への批判。
いまだに心に刺さる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/15 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/24 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/02 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/11 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/14 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/25 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/03 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/01 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/09 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。