サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/10/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/603p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-292018-6
文庫

紙の本

漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)

著者 二畳庵主人 (著),加地 伸行 (著)

漢文」とはなにか受験参考書をはるかに超え出たZ会伝説の名著、待望の新版!訓読のコツとは。助字の「語感」をどう読み取り、文章の「骨格」をいかに発見するか――。漢文読解の基礎...

もっと見る

漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)

税込 1,815 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

漢文」とはなにか
受験参考書をはるかに超え出たZ会伝説の名著、待望の新版!

訓読のコツとは。助字の「語感」をどう読み取り、文章の「骨格」をいかに発見するか――。漢文読解の基礎力を養い、真の「国語力」を身につけるために、1970年代より形を変え版を重ねながら受験生を支え続けてきた名著を修補改訂。大学入試攻略などは当たり前、第一人者が気骨ある受験生、中国古典を最高の友人としたい人へ贈る本格派入門書。

基礎とはなにか。二畳庵先生が考える基礎ということばは、基礎医学とか、基礎物理研究所といったことばで使われているような意味なんだ。(中略)基礎というのは、初歩的知識に対して、いったいそれはいかなる意味をもっているのか、ということ。つまりその本質を反省することなのである。初歩的知識を確認したり、初歩的知識を覚える、といったことではなく、その初歩的知識を材料にして、それのもっている本質を根本的に反省するということなのだ。――<本書より>

※本書は1984年10月に増進会出版社より刊行された『漢文法基礎』(新版)を大幅に改訂したものです。【商品解説】

目次

  • 第1部 基礎編
  • 第2部 助字編
  • 第3部 構文編

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (14件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

面白おかしく、しかし本質をズバリ突いた二畳庵先生の名講義が帰ってきた!

2010/10/16 11:16

23人中、22人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 二畳庵主人とは中国思想研究者の加地伸行先生のことだったのか!
 高校時代、予備校にはいかずにZ会(増進会)の添削で大学受験勉強していた私にとって、ほんとうに読んで面白い漢文参考書がこの二畳庵主人による『漢文法基礎』だったのだ。いまからすでに30年(?)近く昔のことである。

 まさに、「二畳庵主人リターンズ」! しかも、覆面を脱いだその人は、加地伸行。儒教研究者という学者の顔だけでなく、歯に衣着せず舌鋒鋭く論じる論客でもある加地氏が書いた文章であるといわれれば、そのとおりだなあと納得する。
 私が読んでいたのは本書の底本である『漢文法基礎』(新版)の前のエディションで、こんなに分厚くなかったのだが、いま講談社学術版を手にして、思わず読み進めている自分を発見してしまう。なんせ面白いのだ。当時の語り口調がそのまま再現されているので、懐かしいという気持ちもあるが、それよりも講義を受けているというライブ感が素晴らしい。ちょっと引用してみようか・・・

 「この私、二畳庵先生は。大学で中国のことを専攻して以来、二十年あまり漢文で明け暮れてきた。・・(中略)・・こう言っては自慢めくが、高校漢文教育の経験豊富である。だから諸君の弱点もよーく知っておるぞ。・・(後略)・・」(初版1977年の「はじめに」より)。

 全篇こんな調子で面白おかしく、しかし本質をズバリ突いた内容の講義が続くわけだ。もちろん、漢文が読めたからといって、現在使われている中国語ができるわけにならないので、実用という観点からいったら得になるかどうかわからないが、この本は読んで絶対に損はないとはいっておこう。小西甚一先生執筆の大学受験参考書のロングセラー『古文研究法』とともに、イチオシの漢文参考書としてすべての読者に勧めたい好著だ。

 ホンモノの学者が書いた受験参考書は、こんなにも面白くてタメになるという良き見本である。受験勉強は、ほんとうは役に立つのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漢文を読み解くに絶対必携の入門書である。

2013/07/30 09:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウルルン - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読まずに漢文を征服する事は、砂漠を旅する事である

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も読み返したい

2017/01/30 17:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じる - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会人ですが、受験時代にこんな素晴らしい先生がいたとは驚きです。
最近、読み下し文の疑問を感じていたので、この本に解決してもらったようでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漢文読解の基礎力を養うために開発されたロングセラー本です!

2020/03/04 09:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、漢文読解の基礎を養うために、1970年代の初版から、より読み易く、理解し易いように改訂を重ねながら、今日まで読み継がれてきたロングセラーの一冊です。同書は、「第1部 基礎編」、「第2部 助字編」、「第3部 構文編」というシンプルな3部構成になっており、それぞれで漢文の読解に必要な技術、スキル、ノウハウが確実に習得できるようになっています。大学入試対策はもちろんですが、もっと上級の中国古典を楽しみたい人にも大いに役立つ一冊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしい!

2019/02/10 09:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔々の受験生時代にZ会の通信教育をしばらく受けたことがあったが、難しくて途中で辞めたが、その際にこの本の原本を購入した。実家の押し入れを探せばあると思うが、懐かしくて今回、文庫本を購入。高度過ぎて受験には不要だったが今読むと面白い。Z会の旬報に掲載されていたますむらひろしさんの漫画「夢降るラビット・タウン」も面白かったなあ。ちなみに二畳庵主人はペンネームで、一般書では「沈黙の宗教ー儒教」などで知られる、加地 伸行先生の著作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漢文とは

2016/07/09 21:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こけさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

無駄のように見えるのだが、実は漢文を学ぶと日本語の根源が見えてくるのだ。あぁこの言い方はもとは漢文の読みから来たのか!とか、さりげなく、深くためになる知識を文法解説の間に入ってくる。おぉ!と驚き、ただ単に文法を学ぶ以上の理解が得られるのだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

賛否両論ある定番

2022/01/23 02:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:719h - この投稿者のレビュー一覧を見る

もはや覆面著者とは言い難い、
加地伸行氏による、定評ある
漢文学習書です。

やや古めかしい語り口に違和感を
感じるか否か、が本書の好き嫌いの
分かれ目になるようです。

個人的には、そこが気に入っているの
ですが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/25 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/02 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/07 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/26 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/17 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。