サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

履歴書代わりに
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02040-2
  • 国内送料無料

紙の本

履歴書代わりに

著者 吉村 昭 (著)

吉村昭の世界を一冊に。単行本未収録エッセイ集。歴史証言者の、こだわりの世界と記録の軌跡。【「BOOK」データベースの商品解説】場所、記憶、追悼、取材、披露宴、相撲、家族、...

もっと見る

履歴書代わりに

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

吉村昭の世界を一冊に。単行本未収録エッセイ集。歴史証言者の、こだわりの世界と記録の軌跡。【「BOOK」データベースの商品解説】

場所、記憶、追悼、取材、披露宴、相撲、家族、病気、万年筆、紀行、そして青春…。歴史の証言者・吉村昭の、こだわりの世界と記録の軌跡を綴った、単行本未収録のエッセイを収載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉村 昭

略歴
〈吉村昭〉1927〜2006年。東京生まれ。学習院大学中退。小説家。歴史文学、記録文学の第一人者。吉川英治文学賞、菊池寛賞、日本芸術院賞など受賞多数。著書に「ふぉん・しいほるとの娘」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

履歴書に偽りなし

2011/07/23 08:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は吉村昭さんの『冷い夏、暑い夏』を自身のベスト本のひとつだと考えています。
 この一作だけでも、吉村昭さんの作家としての在り様が信じられますし、吉村昭さんという作家が好きでもあります。
 この作品は吉村昭さんの弟の死を描いた私小説風なものですが、吉村さんの作家としてのすごさはそれを単に肉親の死という情感で描かなかったことで、吉村さんが得意とした硬質な記録風作品に仕上げていることです。
 自身の肺結核を描いた吉村さんの初期の作品はまだ文学臭が立ち込めたものでもありますが、それらの短編に登場する弟の姿と『冷い夏、暑い夏』に最後の姿をとどめる弟の姿はまったく違います。
 初期の短編に登場する弟は文学という創意でまとわれていますが、『冷い夏、暑い夏』の弟にはそういう余分なものが削ぎ落とされています。
 吉村昭さんはその死後(吉村さんは2006年に亡くなりました)も、記録文学の第一人者として、多くの人々に記憶される作家にちがいありません。

 そんな吉村さんが遺された多くの文章のなかから単行本未収録エッセイを集めた一冊が本書です。
 本のタイトルの『履歴書代わりに』というエッセイはありません。この本全体が吉村さんの「履歴書代わり」となっています。
 そもそも作家とはその書いた作品が自身の履歴そのものです。
 だから、自身の青春期を綴った「私の青春」という文章だけでなく、吉村さんがこよなく愛した長崎という町のことを書いた数編のエッセイもまた吉村昭という人物の履歴なのです。
 自身の好みも欠点も赤裸々に描く、特に吉村さんの場合は創意というやっかいなものを極力排した文章を特徴とした作家ですから、そういう点では「履歴書に偽りなし」ということになるのだと思います。

 人は物語に多くのものを求めます。
 心の鼓動であったり鼻の奥をツンと突きさす悲しみであったりします。
 それを創るのではなく、それを表現することに徹した作家、それが吉村昭という作家だったのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/31 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る