サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ポニーテール
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 108件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-407511-9
  • 国内送料無料

紙の本

ポニーテール

著者 重松 清 (著)

マキとフミは、できたてホヤホヤの「新米きょうだい」二人の心は、近づいたり離れたり、すれ違ったり衝突したり…こんなふうにして、わたしたちは少しずつ家族になっていく。母を亡く...

もっと見る

ポニーテール

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マキとフミは、できたてホヤホヤの「新米きょうだい」二人の心は、近づいたり離れたり、すれ違ったり衝突したり…こんなふうにして、わたしたちは少しずつ家族になっていく。母を亡くした小学四年生のフミ。親の離婚で苗字も学校も変えなくてはならなかった六年生のマキ。それぞれの父母が再婚して「家族」となった二人の少女が過ごした始まりの日々を、やさしく見つめる姉妹小説の決定版。【「BOOK」データベースの商品解説】

フミとマキの父母が再婚し、ふたりはできたてホヤホヤの「新米きょうだい」に。ケンカをしたり、仲直りをしたり。ふたりの心は次第に変化して…。家族の始まりの日々を優しく描く。『小説新潮』掲載を大幅に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー108件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

家族とは何かなんていう答えはないのかもしれない

2011/09/03 10:43

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今年のお盆は故郷に帰らなかった。
 母が亡くなって二度目の夏。生前母は「自分たちが死んだらあんたも帰って来にくくなるんだから今のうちに精々帰っておいで」とよく云っていた。
 母のいない故郷の家にはほとんど話をしなくなった父と兄夫婦がいる。自分の故郷であることにはちがいないが、どこかに他人の家のような気がしないでもない。
 故郷を遠く離れた土地で私は別の家族を持っている。私が、昔の言い方をすれば一家の大黒柱である、ちいさな家族である。故郷の家では私はもう家族ではないのかもしれない。
 家族って何だろう。血のつながりの人の集まり? 戸籍上の人の組み合わせ? 企業のように同じ志の集まった集団? どれも合っているようで、でもちがう。
 あんまり考えることさえないのだろうが、重松清さんの小説を読むと、ふと、家族って本当に何だろうって考えることがよくある。
 この『ポニーテール』という長編小説もそうだ。

 小学四年生のフミは二年前に母を亡くして父と二人暮らし。小学六年生のマキは両親が離婚して、母と二人暮らし。それぞれが別の苗字をもった小さい家族だった。二組の家族はフミの父とマキの母が結婚をすることで、新しい家族となって、フミとマキは新しい姉妹になった。
 この物語はそんな「家族の始まりの半年間」を描いている。
 どこかぎこちない姉と妹。何もわからない年齢ではない。互いに気をつかい、互いに寄り添おうとする。そのきっかけは原っぱに捨てられていた一匹の「しっぽの曲った野良猫」。この野良猫への接し方でフミは新しい姉のマキのことが少しばかりわかったような気がした。
 だから、マキのようなポニーテールにしたいとあこがれる。

 でも、家族って何だろう。血のつながりがないフミとマキ、フミと母、マキと父、そして、父と母。ここにはそんな四人の家族になるための、すれちがいや和解や涙や寂しさが描かれていく。
 そして、それは何かあってもいつも元の生活に戻る「仲直りの物語」でもある。

 重松さんはけっして家族とはこういうものだと答えを出すことはない。こういう家族がありました、と描くだけだ。
 答えをさがすのはいつだって読者の仕事。
 しかし、答えがあると決まったわけではない。もしかしたら家族とは何かなんていう答えはないのかもしれない。あるとすれば、そんな難しいことをごちゃごちゃ考えずに、まずはごはんだな、という親や兄弟の妻の、一言に隠れているかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/15 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/30 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/15 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/27 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/18 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/17 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/31 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/24 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/28 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/09 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/07 10:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/30 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/13 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る