サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

モンテ・クリスト伯 改版 1(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 107件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/421p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-325331-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

モンテ・クリスト伯 改版 1 (岩波文庫)

著者 アレクサンドル・デュマ (作),山内 義雄 (訳)

モンテ・クリスト伯 改版 1 (岩波文庫)

929(税込)

モンテ・クリスト伯 1

821 (税込)

モンテ・クリスト伯 1

ポイント :7pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー107件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

復讐は簡単なものじゃない。人間は単純なものじゃない。

2007/05/12 22:01

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語は、やはり完訳版で読んで欲しい。作品によっては抄訳版でも充分面白さが伝わるものもあるけれど、「モンテ・クリスト伯」は厳しい。主人公の性格からして、違ってしまうのだ。
 息継ぎなしで語ってみれば、「無実の罪で牢獄に入れられた男が7年の後、脱獄に成功し、手に入れた莫大な富をもって、かつて自分を陥れた男たちに復讐していく」話だが、この一見単純なストーリーの随所に捻りを入れて引っぱりまくり、文庫本7冊を長いと感じさせずに、読ませる読ませる。流石、巨匠アレクサンドル・デュマだ。
 最終巻である7巻も半ばを過ぎた所で、一人の青年が主人公モンテ・クリスト伯に言った。
「自由な、思慮をもった人間にたいして、そうした専制的な権利があるものとお考えのあたなは、いったいどういうお方なんです?」
 彼は人生に絶望し自殺しようとしたところを、モンテ・クリスト伯に止められたのだが、「お前は何様なのか?」この問いかけこそ、物語を読み進めていく中で、私が幾度となく胸に浮かべたものだった。

 無実の罪によって人生を狂わされた青年エドモン・ダンテスには、確かに自分を陥れた男達に復讐する権利があっただろう。法律や国家が正義の助けとならないならば、なおのこと。
 だが彼は、エドモン・ダンテスであることを捨て、モンテ・クリスト伯という別人の顔で復讐を実行にうつした。復讐も善行も、全てを金の力に任せて進める彼のやり方に、私はどうにも馴染めなかった。報いを受けるべき者にも家族はいる。それぞれの生活も、守りたいものもある。そして、それが善意からなるものであっても、神のごとき君臨する立場から押しつけていいものか、と。

 青年の糾弾が直接の原因ではないが、物語の終盤、モンテ・クリスト伯は揺れる。復讐を続けることに迷い、運命の皮肉に葛藤し、自らの引き起こしてしまった悲劇に恐れ戦く。彼の中で、捨て切ることができなかった心優しき青年エドモン・ダンテスが蘇ってしまうのだ。
 性格のよろしくない私は、(もっと悩め、苦しめ)と、モンテ・クリスト伯の姿を面白がって読んでしまったが、彼もあっさり改心したり復讐を諦めたりするほど柔ではない。
 このあたりの人間ドラマが「モンテ・クリスト伯」の一番の読みどころなのだが、やはり抄訳版だと、軽く流されてしまう。人間の複雑さを堪能するためには、やはり完訳版がお薦めだ。いや、本当に、ジュニア版を読んだ時はのけぞった。主人公の性格が変わっている! なんだか、単純に良い人すぎて、落ち着かなかった。
 アルセーヌ・ルパンもそうだったが(彼もジュニア版と完訳版だと別人だと思う)、影があって、厭らしい部分もあってこそ、人間は面白いのだ。そんなことをしみじみ思わせてくれる完訳版「モンテ・クリスト伯」は、やっぱり名作だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おすすめしたい人

2016/01/18 17:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メロリーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代作家の作品しか読まない人にぜひ読んでみて欲しい〜!
あと、映画観て話わかった気になっちゃってる人も!
あとあと、はじめて長めの作品に挑戦したい人にも。
びっくりする程、エンターテインメントに富んでいて、飽きずに
きっと最後まで夢中で読めちゃいますから。(あくまで私基準です)
できすぎだと思う所もあるかもしれないけど、マンガを読む感覚で
カタルシスを感じて欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

★10個ぐらいあげたい!

2004/12/31 22:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「モンテ・クリスト伯」、いわずと知れた「巌窟王」である。
余りにも有名すぎて逆に今まで特別読みたいとも思わずにきてしまっていたが、
ここにきてちょっと興味を引かれ、今更のように手に取ってしまった。

全7巻もある長編だが、読み始めると長さを感じることもなくどんどん読み
進めることができる。
詳しいストーリーについては「勿体無い」のでここでは割愛させてもらうが、
人間関係が入り乱れての復讐劇が繰り広げられ、とにかく面白いのである。

大人が読んでこれほど面白く、またハマッてしまう物語は他にないだろう。
さすがに永年読み継がれてきただけのものはある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「物語」の原初的な魅力

2002/02/06 16:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろぐう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 長大なお話で、読み始めるのにかなりの決心が要るが、いったん読み出すと面白くてやめられなくなる。
 主人公のエドモン・ダンテスは、同僚らの陰謀によって婚約披露宴の席で逮捕され、無実の罪で牢獄へ送られる。お話は、彼が苦心の末に牢から脱獄し、自分を陥れた人々に復讐を果たすまでの波瀾万丈の大ロマンだ。
 この話を読んでいると、現代の洗練された小説を読み慣れた私たちが忘れていた、「物語」のもつ原初的な魅力を思い出させてくれる。次にこの話はどんな風に展開するのだろう、窮地に陥った主人公がどうやって危機を脱出するのだろうと、手に汗にぎりハラハラドキドキするようなあの楽しさだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説の面白さは、すべてここに集約されている!

2001/08/17 22:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:子竜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小説とは何か、と論ずるつもりはないが、「モンテ・クリスト伯」という長編小説が、人に文章を読ませ(読まずにはいられなくさせ)、多くの人を心底から楽しませるという迫力において、おそらく世界中の小説の最高峰に位置する作品であるというと、少々大げさに聞こえるであろうか。
 しかし、それが事実であると言わざるをえない。
 小説には様々なタイプがあり、面白いと評するにもいくつもの角度からいえるわけであるが、この小説をして「面白い」、或いは人を「夢中にさせる」と言って、いったい何人が異論を唱えるであろうか。
 だれもが素直に十分に堪能できる、世界の傑作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中盤頃から俄然面白みが出る小説

2017/04/09 21:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩波文庫のフォントのとっつきにくさと、古いということから敬遠してましたが、田中芳樹のラインの虜囚をきっかけに読もうと思い購入!ナポレオン没落時のフランスが舞台。ある若者の復讐物語とのことですが、途中まで予想どおり、とっつきにくかったのですが、中盤から俄然面白く、早く先が知りたくなる展開でした。まだまだ先は長いお話しですが、きっとオススメのお話な気配がしています^_^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母へプレゼント

2012/07/30 14:12

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MOG - この投稿者のレビュー一覧を見る

母が少女時代に読んでいたく感動したらしく、(ただ、感動したのは亡くなった人に
なりすまして脱獄し、お宝を頂くところらしい)ドラマや映画まで見たと言うので
母にプレゼントしました。

少女時代と、老年に差し掛かって読むのとはまた印象が違うと思いますが、
また新たな読後感を持ったようで、感動していました。

私自身は、↑の宝を横取りの部分が好きではないので読んでません。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/12 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/31 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/27 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/18 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/13 04:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/07 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/16 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/25 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む