サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/10/31
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-331351-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

「本屋」は死なない

著者 石橋 毅史 (著)

出版流通システムの現況や、取り巻く環境の厳しさに抗うように、「意思ある本屋」でありつづけようとする書店員と書店主たち。その姿を追いながら、“本を手渡す職業”の存在意義とは...

もっと見る

「本屋」は死なない

税込 1,870 17pt

「本屋」は死なない

税込 1,496 13pt

「本屋」は死なない

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 763.1KB
Android XMDF 763.1KB
Win XMDF 762.8KB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

出版流通システムの現況や、取り巻く環境の厳しさに抗うように、「意思ある本屋」でありつづけようとする書店員と書店主たち。その姿を追いながら、“本を手渡す職業”の存在意義とは何かを根源的に問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石橋 毅史

略歴
〈石橋毅史〉1970年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業後、出版社勤務を経て、新文化通信社入社。『新文化』編集長を経て退社。フリーランス。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

「昔は良かった」的な...

ジュンク堂

「昔は良かった」的な過去の振り返り方には、生産性が無い。何かが失われる一方、何かが続き、そして何かが生まれている筈だ。石橋毅史はそのことを信じ、北へ、西へ、東へと車を飛ばす。
盛岡には、かつて、何点もの独自のベストセラーを自店で育て全国の書店に発信していった伊藤清彦がいた。和歌山には、住民一〇〇人にも満たない山村に店を構え、これと思い定めた絵本の読み聞かせを続ける井原万見子がいる。そして名古屋の古田一晴は、饒舌に語り続ける今泉を受けて、ポツリと返した。
「俺はそれを今もやっています。」
その一言を、石橋はとても大事に思う。
そもそも彼を駆り立てたのも、リブロを退社し、五坪の「ひぐらし書店」を開店した原田真弓の次の言葉だった。
「情熱を捨てられずに始める小さな本屋。それが全国に千店できたら、世の中は変わる。」
「本屋の未来」を問い続ける石橋に、鳥取の奈良敏行は短く答える。
「つまりそれは、人だ、ということですよね?」
読者、書店員、出版業界関係者を問わず、書店を愛する全ての人たちに読んで欲しい。

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

あとがきに『「本屋」...

丸善札幌北一条店さん

あとがきに『「本屋」とは小売業の一形態としての書店業全般を指さない。「本」を手渡すことに躍起になってしまう人、まるでそれをするために生まれてきたかのような人』とある。取り上げられている「本屋」は、業界では有名人ばかりで既知のことも多かったが、章ごとに考え込み何度もページを行きつ戻りつした。感想を綴る今も、書いては消しして一向に進まない。自信を持って己が「本屋」だとは言えない。また、お客様にとって「本屋」が最良なのかはわからない。しかし、括弧が付こうが付くまいがお客様に本を売るのが本屋の仕事であり、それは八百屋が野菜を売ることと何ら変わるものではない。この本の良さをお客様にどう伝えるか。本屋ではない方々にどう売るか。著者が車で移動する場面が、さながらロードムービーのようである。第3章では和歌山へ。第6章では鳥取へ。第7章では全国をさまよい、第8章では名古屋へ向かう。章ごとに紹介される「本屋」の個性によって色が異なるオムニバス映画。日本各地に一般には知られなくても、自分の仕事に賢明に取り組んでいる人々がいる。本屋が死のうが死ぬまいが、それこそがかけがえのないことのように思う。文芸 伊藤

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

切実さとのあわい

2012/09/05 18:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いたちたち - この投稿者のレビュー一覧を見る

全国で主張を持って本を売る書店主・書店員を訪ねる記。

街なかには幅広く基本書を揃える大手書店があり、即日届くネット書店もある。
数十坪の個人経営の書店が営業する意義とは何か。
情緒的な筆致のルポとして読ませるが、切実さと独りよがりの心地よさのあわいを漂っているように感じられる、書店員たちも著者も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/26 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/30 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/04 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/09 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/10 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/29 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/03 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/14 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。