サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

和解 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/161p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-103001-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

和解 改版 (新潮文庫)

著者 志賀 直哉 (著)

和解 改版 (新潮文庫)

432(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

感涙

2014/02/10 12:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

父子の「和解」の場面では、思わず涙が止まらない。
昔ながらの日本の家族が描かれた逸品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

修飾語に頼らず読ませる筆致

2003/03/17 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナガタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

つもったわだかまりをかかえ、断絶してきた父と息子の物語。そろそろ二人の関係をなんとかしたいと思いながらも放置し、互いに年をとってしまった。母に圧されて、息子は不承不承も一通の手紙を書こうとする。しかし、書けない。

理屈ならいくらでも書ける。でもこじれた父子の感情が、理屈を繰りのべたとこ
ろでほどけはしないことなど、重々分かっている。だから父の感情に訴えかける
ような手紙を書きかけてみた。しかしすぐ止めた。

「相手を動かそうと云う不純な気持ちが醜く眼についてとても続けられない」

手紙を書こうとして、書く事の目的、己の意図とまざまざと向かい合った時、このような気持ちになったことのない人がいるだろうか。

結局、主人公は父に本気で謝る気もなかったのに、いざ父を向かい合うと、つい、言葉が1人で走り出すかのように深謝してしまうのだ。

全体が、実に飾らない言葉で綴られている。

謝ってから、父が孫の顔をみに、息子の家を訪ねてきた。3時の電車で帰る父を駅
で見送る場面が圧巻だった。

「笛がなると、皆は「さよなら」と云った。自分は帽子を手にかけて此方を見てい
る父の眼をみながらお辞儀をした。父は、「ああ」と云って少し首を下げたが、そ
れだけでは自分は何だか足りなかった。

自分は顰め面とも泣き面ともつかぬ妙な表情をしながら尚父の眼を見た。すると父
の眼にはある感情が現れた。それが自分の求めているものだった。意識せず求めて
いたものだった。自分は心と心のふれあう快感と亢奮とで益々顰め面とも泣き面と
もつかぬ顔をした−−」

目を見て相手の感情を推し量り、物足りないからさらにじっと見つめたときに、よ
うやく、納得のいく思いに至って感極まった内面世界が、直裁的な言葉だからこそ
強く伝わってくる。

小説家の文体も時代を背負っているといってしまえばそれまでだけれど、私は、音
楽や映像よりも、言葉は時代を突き抜けてもちうる個性を築きやすいと思っている。

現在の日本語は、比喩全盛だ。でも修飾せずに描写するこの大家の文章には、今の小説にない迫力が漲っている。このような文体のバックラッシュがいずれくるのだろうと思わずにいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/01 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/12 04:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/28 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/07 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/15 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/16 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/12 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/13 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/25 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/22 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る