サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

祭の夜(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-327144-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

祭の夜 (岩波文庫)

著者 パヴェーゼ (作),河島 英昭 (訳)

裏切りと復讐、自殺と自由、不条理な争い、暴力、弾圧—。均斉のとれた構造のうちに複雑な内容が秘められた、パヴェーゼ文学の原質をなす“詩物語”全10篇。当時エイナウディ社で働...

もっと見る

祭の夜 (岩波文庫)

972(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

裏切りと復讐、自殺と自由、不条理な争い、暴力、弾圧—。均斉のとれた構造のうちに複雑な内容が秘められた、パヴェーゼ文学の原質をなす“詩物語”全10篇。当時エイナウディ社で働いていたカルヴィーノが遺稿から編み上げた生前未発表の短篇集で、いずれの作品も詩的想像力に満ち溢れ、完成度がきわめて高い。1953年刊。【「BOOK」データベースの商品解説】

裏切りと復讐、自殺と自由、不条理な争い、暴力、弾圧−。均斉のとれた構造のうちに複雑な内容が秘められた、パヴェーゼ文学の原質をなす詩物語全10篇を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

流刑地 7−32
新婚旅行 33−61
侵入者 63−83

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

祭の夜も寂しい

2012/10/28 21:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

パヴェーゼとはファシズムと戦った人なのか。逮捕され流刑にされた身の上だが、闘士というよりは詩人であったろう。そもそもが巻き添えでの逮捕だったが、そのこと自体によってポジションが色分けされてしまい、暮らしていく空間が定められてしまったかもしれない。
何より彼に去来したのは、愛した郷土に裏切られ、親しい人々と切り離されたことの哀しみ。それから愛した人からの裏切り、あるいは自分が裏切ることになった哀しみ。その透明な哀しみが結晶したような作品集だ。
題材はそのまま流刑中や受刑者である身の上や、その周辺の人々。貧しく、粗暴で、しかし明るく、狡猾で、女好きで、そういう人々を作者は愛してやまないのだ。農夫や人夫である彼らは、純朴であるばかりでなく、経済的な搾取の問題に薄々気付いていて、それゆえに怒りは政治体制や、それを支えているキリスト教的道徳に秘かに向けられていることも作者は感じている。
その点、女達の怒りの矛先は男に向ければ済むのだが、どの男もろくでなしばかりなのは、その先に限界があるせいだし、救いの求め先も限られる。
せめて男も女も、様々な制約からの逃亡先に、恋愛の世界は一見自由とも見えるのだが、その幻想と現実は少しずつ乖離していく。耐えられなくなった者から破局を迎えていく。たぶんそんな構造は遥か過去から連綿と続いていただろうが、パヴェーゼはそれを言語化する術を得た。イデオロギーなり論理なりの進歩と、パヴェーゼ自身の経験がそれを為さしめたのだろう。
表題作は、祭のさなかにも自分浮かれ騒げない人々、逃亡するか破滅するかのぎりぎりの状況を抱えた人々の話だ。神父も役人も、それが個人でなく社会構造の問題だと分かっているがどうしようもない。「ならずもの」の殺人を犯した脱獄囚は女のもとを訪ねるが、看守も世間の人々もあまりぴりぴりしてる風がない。結局は同じ境遇の仲間で、自分と近い精神性を持っていることを了解している、理屈や建前よりもそういうコミュニティの結びつきを信頼しているところにも、新しい世の中への希望の芽があるのではないか。
「丘の中の別荘」は一転して非産階級風の若者の挫折らしきスケッチだが、繊細さ故に傷ついていく彼の姿は、同時代の工員達とも共感できるし、現代の不安にさらされ非リア充化を恐れる若者達にも通じそうだ。
悩み思索に沈んで、世間の華やかな部分に違和感を感じる人たち。彼らは坑道のカナリヤなのかもしれない。農村に、都市の底辺に、そうした人々がこの時代に現れていたことを敏感に嗅ぎ取ったのは、類いまれな感性であり、現代でもまた必要とされる共感力だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/23 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/27 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む