サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/05/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-128755-3
文庫

紙の本

キャンセルされた街の案内 (新潮文庫)

著者 吉田 修一 (著)

新人社員くんの何気ない仕草が不思議に気になる、先輩女子今井さんの心の揺れ動き(「日々の春」)。同棲女性に軽んじられながら、連れ子の守りを楕性で続ける工員青年に降った小さな...

もっと見る

キャンセルされた街の案内 (新潮文庫)

税込 539 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新人社員くんの何気ない仕草が不思議に気になる、先輩女子今井さんの心の揺れ動き(「日々の春」)。同棲女性に軽んじられながら、連れ子の守りを楕性で続ける工員青年に降った小さな出来事(「乳歯」)。故郷・長崎から転がり込んだ無職の兄が弟の心に蘇らせる、うち捨てられた離島の光景(表題作)など―、流れては消える人生の一瞬を鮮やかに切りとった、10の忘れられない物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

故郷・長崎から無職の兄が弟の家に転がり込んできた。兄は、打ち捨てられた離島の光景を、弟の心に蘇らせる…。表題作をはじめ、「日々の春」「乳歯」など、人生の一瞬を鮮やかに切りとった10の物語を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

日々の春 7−21
零下五度 23−37
台風一過 39−53

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

交錯する人々の心の中

2012/06/04 23:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽかぽか - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画「ベルリン天使の詩」は、行きかう人々の心の声を神様が聞く物語だったけれど、この短編集もそんな風に、色々な職業や年齢の人たちの何気ない日々や心の声を聞いているような気分になる。家出少年、写真家の学生、OL、日雇労働者などなど・・・。

短編集なのでひとりひとりの細かな個性を感じるところまで人物描写を味わうことはできないものの、ある人の心の声を読んでいる途中で、別な人物とすれ違い、今度はその人の心の声が聞こえてきて。それぞれの世界はどこかで繋がっていたり、同じ物を違う角度で眺めていたりといった面白さを味わえる。

それぞれの人の生活は特に大きな出来事が起きる訳ではなく、誰もがそうであるように日々が淡々と過ぎていくが、それでもやはりそれぞれ異なる感覚で、異なる人生を送っていて・・・その雰囲気がヨーロッパのミニシアターっぽくて、それで「ベルリン天使の詩」が浮かんだのかもしれない。

個人的には三話目「台風一過」の、登場人物の眺めている景色の色合いや、細かな音が聞こえてくるような繊細な表現が好み。大きな感動こそないけれど、読んだ後に静かに残る、少しけだるい感じを帯びた余韻がじんわりと心地良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/18 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/06 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/27 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/08 08:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/10 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/20 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/29 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/11 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/25 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/26 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/21 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/05 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。