サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大追跡 下(扶桑社ミステリー)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/25
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-06597-3
文庫

紙の本

大追跡 下 (扶桑社ミステリー)

著者 クライブ・カッスラー (著),土屋 晃 (訳)

女装した“強盗処刑人”は罠とは知らず、ベルたちが待ち受ける銀行に乗り込み、銃撃戦となる。逃亡を図る犯人を、ベルは最新のテクノロジーと不屈の闘志で追い詰める!【「TRC M...

もっと見る

大追跡 下 (扶桑社ミステリー)

税込 669 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女装した“強盗処刑人”は罠とは知らず、ベルたちが待ち受ける銀行に乗り込み、銃撃戦となる。逃亡を図る犯人を、ベルは最新のテクノロジーと不屈の闘志で追い詰める!【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大追跡 下

2018/08/18 10:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

クライブカスラーが船やモーターサイクルが好きなのが良くわかり追跡のシーンが目に浮かぶように書かれているところが面白かったです。最後に、初めの情景にもどり機関車が引き上げられるシーンとなりマリリンと帰宅するシーンは映画の1シーンを想像させるものでした。映画化されればヒット作品となる気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西部劇映画を観てる感覚の作品。

2017/12/11 10:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西部劇映画を観てる感覚の作品。1906年という時代を彷彿とさせる描写。蒸気機関車、ロコモービル(蒸気自動車)、服装の記述などなど。冷酷非情の銀行強盗“強盗処刑人”の手掛かりを如何にして掴むかという頭脳戦の前半、ヴァン・ドーン探偵社捜査員:アイザック・ベルの罠に嵌って素性を知られてしまってからの大胆な立ち回りへ。但し、素性が明かされたあとの“強盗処刑人”=ジェイコブの不用心な大胆行動や展開の粗さがちょっと気になったが、サンフラシスコ地震(史実)の混乱から機関車での追撃戦へと大転換。ここからは単なる機関車同士の追撃戦で退屈ではと思ったのだが、何と何とむしろスケールが広がった感じで、これぞ西部劇と言った快感で一気読みでした。そして、ラストは、これ以上の犯罪を止めさせるため、“強盗処刑人”=ジェイコブの妹・マーガレットが兄を道ずれに湖底へと沈んでいく悲しい結末。むしろ心優しい美女だったので、凄く残念でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/10 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/06 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/09 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/23 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/11 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。