サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 講談社の通販
  6. ブルー・バックスの通販
  7. 単純な脳、複雑な「私」 または、自分を使い回しながら進化した脳をめぐる4つの講義の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 85件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/09/05
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/473p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-257830-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

単純な脳、複雑な「私」 または、自分を使い回しながら進化した脳をめぐる4つの講義 (ブルーバックス)

著者 池谷 裕二 (著)

母校で後輩の高校生たちに語る、脳科学の「最前線」。私とは何か、心はどこから生まれるのか。切れば血の吹き出る新鮮な情報を手に、脳のダイナミズムに挑む。知的興奮が沸きあがる4...

もっと見る

単純な脳、複雑な「私」 または、自分を使い回しながら進化した脳をめぐる4つの講義 (ブルーバックス)

税込 1,430 13pt

単純な脳、複雑な「私」

税込 1,430 13pt

単純な脳、複雑な「私」

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 24.7MB
Android EPUB 24.7MB
Win EPUB 24.7MB
Mac EPUB 24.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母校で後輩の高校生たちに語る、脳科学の「最前線」。私とは何か、心はどこから生まれるのか。切れば血の吹き出る新鮮な情報を手に、脳のダイナミズムに挑む。知的興奮が沸きあがる4つの講義を収録。〔朝日出版社 2009年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

「心」はいかにして生み出されるのか? 最先端の脳科学を読み解くスリリングな講義。脳科学の深海へ一気にダイブ!

ベストセラー『進化しすぎた脳』の著者が、母校で行った連続講義。私たちがふだん抱く「心」のイメージが、最新の研究によって次々と覆されていく──。「一番思い入れがあって、一番好きな本」と著者自らが語る知的興奮に満ちた一冊。【商品解説】

目次

  • 第一章 脳は私のことをホントに理解しているのか
  • 第二章 脳は空から心を眺めている
  • 第三章 脳はゆらいで自由をつくりあげる
  • 第四章 脳はノイズから生命を生み出す

著者紹介

池谷 裕二

略歴
〈池谷裕二〉1970年静岡県生まれ。薬学博士。東京大学大学院薬学系研究科准教授。脳研究者。海馬の研究を通じ、脳の健康や老化について探求をつづける。著書に「記憶力を強くする」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー85件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

学際的であり、豊富な事例紹介にあふれた本

2015/12/10 00:22

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常、なんとなく感じていることを、脳科学が脳活動の変化を客観的に指標化して証明する事例がたくさん載っている本です。

 怖がっている人に、愛し合っている人が手を握ってあげると、島皮質という恐怖を感じる脳部位の活動が減るとか、事例が豊富なだけなら、こんなに人気は出ない。

 面白いのは、思ってもみなかったけど、脳にはこんな機能があるのか!とか単純なようでいて、へんてこりんな作りでもあり、なんともアンバランスな脳。

 例えば、ネズミの脳の報酬系のある部分に電極を差し込んで刺激し続けると、寝食も忘れて餓死するんです。マズローっていう人がいて、人間の欲求はいろいろあるけど、ピラミッド構造で、生理的欲求とかそういうのが満たされてから、安全の欲求とか、承認欲求に行くとか言ってましたが、そんなことなかったんですね。

 でも、旧バージョンの知識がいまだに看護や福祉の教科書に載っています。薬物等のアディクションが生理的欲求よりも優先順位が高いってのは、もっとアナウンスされてもいいと思うんです。

 苦さは本来、毒物の危険信号だから、ブラックコーヒーとかビールといった苦味に対して「リスクを侵す快感」があって子どもはそういうの、わかんないけど、学習によって後天的学習ってのができるってのは、大人な私にグッとくるものがありました。

 この本で「他人の心が理解できるのはなぜ?」ってのがあって、痛みがあるからこそ、危険を察知する能力が長けて、無意識のうちに痛みを感じないように身体に過剰な負担をかけないようにします。

 ここで実験があって、3人でバレーボールのテレビゲームをやって、対戦相手は見えない状態で、トスで3人全員でボールを回し合う。で、この対戦相手の2人がグルで、この2人がコンピューターで楽しくトスしあっていたのに、突然、本人だけがのけ者にされて、コンピューターの2人間でボールをトスしあうっていう「のけ者」状態にした時、その人の脳のMRIは、痛みに反応する脳部位と同じ領域が活動したとのことです。

 だから心が痛いってのは、ホントに痛みがある。のけ者にされたくないってのは身体が損傷を受けるくらいに痛みを感知する感覚システムで、社会的な痛みってのは、ホントに痛いわけです。

 仲間からの疎外を感知するために痛みが伴う。だから家族の人から愛情たっぷりに育てられた人からしたら、無縁とか下流とかいった他人の痛みを想像して、痛覚系回路が活性化することがある。だから、池谷さんは共感の心も痛みから生まれている、とします。

 脳科学がすごく学際的な学問で、ひょっとしたら脳の分析によって、これからもっと研究が進んで、私たちの脳のクセがわかってきたら、もっとケアの場で、がんとかの社会的苦痛についても新しい知見が起こるかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高!です!

2019/06/30 09:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブルーバックスに於いて分厚い本ですが、面白すぎて(正確には興味深過ぎて)、一日で読了してしまいました。あまりに興味深過ぎて、随所でメモを取ってしまいました。誰かにアウトプットしたくなります。
 著者が近しい年齢である点に親近感もあったし、また本の中身が高校生への座学講義スタイルなので、かなり専門的な内容でも話し口調風に易しく感じます。
 講義を聴く高校生もレベルが高く、そのうちの一人が東大の理科三類へ合格したのも頷けました。
 本書を読了して脳科学を勉強してみたくなりました。より正確に言うならば、池谷先生に教わりたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最新の脳科学の成果から私たちの抱く心象イメージの生成について解説した画期的な科学書です!

2020/02/06 11:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、理科系の難解な知識をとても分かりやすく解説してくれると大好評の講談社「ブルーバックス」シリーズの一冊で、同巻は最新の脳科学の成果を理解できる画期的な科学書です。同書では、近年の科学技術、特に脳の研究によって明らかになってきた、私たちが抱く「心象イメージ」について詳細に解説したものです。内容構成も、「第1章 脳は私のことをホントに理解しているのか」、「第2章 脳は空から心を眺めている」、「第3章 脳はゆらいで自由をつくりあげる」、「第4章 脳はノイズから生命を生み出す」といった興味深いものとなっています。これで、脳と心の繋がりが分かります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/22 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/18 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/14 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/29 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/31 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/19 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/26 02:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/25 03:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/25 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/02 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/05 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。