サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

働く男(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 88件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/09/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790452-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

働く男 (文春文庫)

著者 星野 源 (著)

音楽家、俳優、文筆家とさまざまな顔を持つ星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説した一冊。映画連載エッセイ、自作曲解説、手書きコード付き歌詞、出演作の裏側ほか、「...

もっと見る

働く男 (文春文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

音楽家、俳優、文筆家とさまざまな顔を持つ星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説した一冊。映画連載エッセイ、自作曲解説、手書きコード付き歌詞、出演作の裏側ほか、「ものづくり=仕事」への想いをぶちまける。文庫化にあたり、書き下ろしのまえがき、ピース又吉直樹との「働く男」同士対談を特別収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

自作曲解説から手書きコード付き歌詞、出演作の裏側、映画連載エッセイまで、くだらなさも真剣度も120%全部盛り! 文筆家、音楽家、俳優の星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説。ピース又吉との対談も収録。〔マガジンハウス 2013年刊を大幅に加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。

音楽家、俳優、文筆家とさまざまな顔を持つ星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説した一冊。映画連載エッセイ、自作曲解説、手書きコード付き歌詞、出演作の裏側ほか、「ものづくり=仕事」への想いをぶちまける。

文庫化にあたり、「働く」ことについて現在の気持ちをつづった書き下ろしのまえがき、芥川賞作家となったピース・又吉直樹との「働く男」同士対談を特別収録。【商品解説】

音楽家、俳優、文筆家の星野源が手がけた様々な仕事を自身で解説した、[働く男]のある意味攻略本。巻末にピーズ又吉との特別対談。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー88件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

面白く読めました。

2015/10/26 16:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

又吉直樹さんとの対談も掲載されており、非常に楽しく読める作品でした。
「才能があるからではなく、才能がないからやるという選択肢があってもいいじゃないか。
そう思います。
いつか、才能のないものが、面白いものを創り出せたら、そうなったら、才能のない、俺の勝ちだ。」
文才がないと評されていた星野さんの言葉。
この本を読んで思いました。星野さんの勝ち、だと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

音楽をお供に・・・。

2015/09/30 23:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kurumiruku - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVや音楽で接する機会が多いので興味が沸き購入しました。
中々才気に溢れた方で楽しく読めました。
ファンの方なら必読です。
今後この人の音楽もより楽しく聴けそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンでなくても読みやすく楽しい一冊

2017/02/24 13:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kotori - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分なりの表現を交えつつ、映画の内容を紹介しているのですが
全く興味のないジャンルの映画でさえも読む側にも興味を与え
今度見てみようかな・・と思いました。
色々な方面からのとらえ方をするので、
考え方によってこんなに違うんだという衝撃があったり、
心の闇がチラリと垣間見えたり
人間らしさを包み隠さず「これが自分」と表現しているところがとても好感を持てました。
ファンではなくてもとっても読みやすく、興味深い一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今の星野源ができあがるまでのルーツがわかる本

2017/01/17 17:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自身の作品解説、エッセイ、彼のルーツとなっているミュージシャン、俳優などへの想いなど、盛りだくさん詰め込まれた一冊。
ユーモアと笑い、そして時にエロに溢れて、読みやすい文体ですが、彼の奥底にある仕事とカルチャーへの熱い想いが伝わってきます。
知れば知る程味わい深い男、星野源。読後は彼の演技や音楽をまた違った角度から楽しむことが出来ます。文庫版の付録には又吉直樹との対談付き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高です!

2017/01/13 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

星野源さんが大好きで思わず買いました。
とても文章が読み易く何回も読み返してます。
本なのに歌詞の解説などあっておもしろかったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

源さん!

2015/09/11 10:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uzura - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本も所有しておりますが、こちらも購入しました。
新たに加筆されている部分も多く、買ってよかったです。
体調に留意されながら、お仕事頑張って欲しいな。。と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星野源め、好きだけど。

2016/01/30 11:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪空スウィング - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミュージシャン、俳優、文筆家……、なにをやっても星野源は華麗にこなしていく。見た目の謙虚さとはうらはらに。そう、星野源は決して器用な人ではない。ただ、自らの願望に熱く、素直な人なのだと、この本を読めばよく分かる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

適度なファン本

2015/09/29 13:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゐづみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

分量のおおよそ半分を占めるひざの上の映画館がなかなか参考になる。自分は星野源のライトなファンであるが、それなりに楽しめた。惜しむらくは、単行本カバー裏の全裸の写真が収録されなかったことか。(紙内に小さな写真はあるが……)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/09 09:53

投稿元:ブクログ

単行本も持っているのだけれど、表紙が好きで
追記もあるとのことで購入。

アルバム聞いてはこの本開く。

2016/05/22 10:18

投稿元:ブクログ

どんなに辛い現実の中にも、ユーモアや笑いが隠されているということだ。いい人生だったかどうかは、それをどれだけ見つけられるかにかかっている。幸せかどうかは、自分が決めるのだ。
幸せは奥深く多様である。

2015/10/25 20:38

投稿元:ブクログ

才能が無くても、
憧れで面白いものを作ることが出来る。
言い回しが心地よくてどんどん読み進めることが出来る。
星野源の魅力が満載。

2016/02/05 11:55

投稿元:ブクログ

ショートショートで短時間で読める本を…と思い、手に取りました。星野源さんに興味持つことになった。しかし、本の内容がもともとファンでないと楽しめない内容になっていると思う。又吉さんはおもしろかったです。星野さんがつまらないわけではないです。

2016/12/21 19:03

投稿元:ブクログ

書き下ろし多数。単行本部分は入院前、文庫化に伴って加筆された部分は入院後。やはり病気での休業は大きかったんだな。俺を支える○○にMGSとタマフルとRHYMESTERのマニフェストが入ってるのがなんとなくうれしい。牛タン=牛とディープキス、ですってよ。

2016/12/30 19:17

投稿元:ブクログ

単行本部分は再読。
その後死の淵から蘇る入退院を経た
文庫版追記部分が感慨深い。

上京観劇の往復に一気読み。

【購入・12月11日読了】

2017/02/21 23:18

投稿元:ブクログ

紅白での一曲しか知らなかったので、ほんとによく「働いて」いたんだなぁ、とこの本を読んで知りました。
大病だったのに、無事に仕事ができて、よかったですね。
新しいいのちを、楽曲に込めてほしいなぁ、と感じます。