サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

感情類語辞典

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/28
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:21cm/179p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1584-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

感情類語辞典

著者 アンジェラ・アッカーマン (著),ベッカ・パグリッシ (著),滝本 杏奈 (訳)

75の感情について、その感情に由来する外的なシグナル、内的な感覚、精神的な反応などさまざまな反応(感情情報)を、人間の心理描写に活用可能な「類語」として紹介。発展形や書き...

もっと見る

感情類語辞典

1,499 (税込)

感情類語辞典

ポイント :13pt / 紙の本より229おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

75の感情について、その感情に由来する外的なシグナル、内的な感覚、精神的な反応などさまざまな反応(感情情報)を、人間の心理描写に活用可能な「類語」として紹介。発展形や書き手のためのヒントも掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンジェラ・アッカーマン

略歴
〈アンジェラ・アッカーマン〉主にミドルグレード・ヤングアダルトの読者を対象に、若い世代の抱える闇をテーマとした小説を書いている。
〈ベッカ・パグリッシ〉ヤングアダルト向けのファンタジー小説、歴史フィクションの作家。雑誌ライター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

表現の豊かさが判る一冊

2016/12/05 17:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名希望 - この投稿者のレビュー一覧を見る

感情ごとのリアクションがこと細やかに書かれてて、それを読むだけでも楽しいです。近似の感情のリンクもあるのが、辞書として使いやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もしかして、悲しんでいるかも

2016/11/18 08:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画やドラマを見たり、あるいは小説を読んで、心を動かされるときは、目前にひろがっている創作の世界の登場人物たちも、感情が見事に動いている時であろう。
 シナリオだけでなく、演技をする生身の俳優たちも、言葉をどう肉体として表現するか、あるいは小説であれば言葉が生み出す世界を読者である私たちがどう頭の中で動かしていくか、それが大切である。

 この本は「辞典」となっている。
 「感情」をどんな風に類型し、「辞典」としてまとめているのかは、実際この本を手にしてもらうのが一番だが、試しに開くとこんな感じだ。
 例えば、「悲しみ」をひいてみよう。
 まず、「外的なシグナル」として、「泣く」とか「肩をおとす」とか「重い足取り」といった表現が記されている。
 続いて「内的な感覚」。ここでは「胸が痛む」や「視界がぼやける」といったものが列記されている。
 さらには「隠れた感情を表わすサイン」として、「背を向ける」や「唇を噛む」などがある。「震える笑顔」なんていうのもある。
 あまり類型化するのも問題だから、使う時には気を付けなければならない。

 創作者をめざす人には面白い「辞典」だが、案外恋人の心理を知りたい人にも有効かもしれない。
 交際相手のちょっとした動作がどんな「感情」を表現しようとしているか。
 あなたは気になりませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キャラクターの感情表現を広げる本。

2016/06/06 19:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説、漫画、演劇、など、あらゆる創作の登場人物の、感情を表すしぐさや、感情の繊細な表現を広げるのに、とても画期的な本だと思いました。
少し余白もあるので、自分の表現が増えたら書き込んで表現の幅を増やしていけそうです。迷ったとき、新しい表現を見つけたい時、この本をパラパラめくっているだけで、イマジネーションをかきたてられる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あくまで参考程度

2016/01/18 02:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

何か話題になってたので購入しましたが、
個人的にはやっぱり作者が海外の方なので、
翻訳されているとはいえ、日本人の感覚とは少し違うかな……とは
感じました。あくまでヒント程度って本かな。
これ持ってるだけで感情表現がバンバン出来るわけじゃないので念の為。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辞典というより

2017/07/31 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

辞典というよりヒント集です。

海外の著者の訳書になりますので、私たち日本人との感覚のズレもあります。

感情をこういう風にも表現するよね、というヒントであり、そのままパクろうとしようとすると難しいと思います。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/29 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/02 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/08 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/07 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/19 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/08 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/07 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/27 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説の書き方 ランキング

小説の書き方のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。