サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/13
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日新書
  • サイズ:18cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-273671-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

日本水没 (朝日新書)

著者 河田 惠昭 (著)

日本は世界一危険な「水害国」だ! 災害研究の第一人者が、ゲリラ豪雨や台風、洪水、津波、高潮などのメカニズムと日本の深刻な水害リスクを解説し、治水の歴史・現状と今後の対策を...

もっと見る

日本水没 (朝日新書)

税込 902 8pt

日本水没

税込 660 6pt

日本水没

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 16.3MB 無制限
Android EPUB 16.3MB 無制限
Win EPUB 16.3MB 無制限
Mac EPUB 16.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本は世界一危険な「水害国」だ! 災害研究の第一人者が、ゲリラ豪雨や台風、洪水、津波、高潮などのメカニズムと日本の深刻な水害リスクを解説し、治水の歴史・現状と今後の対策を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

【自然科学/自然科学総記】災害研究の第一人者が緊急警告! 止まらぬ地球温暖化で殺人級大雨が日本を壊滅させる。豪雨のメカニズムと日本の深刻な水害リスクを解き、治水の歴史・現状と今後の対策を提示。「熊本地震」の原因や今後の課題についても考察。【商品解説】

災害研究の第一人者が緊急警告! 止まらぬ地球温暖化で“殺人級大雨”が日本を壊滅させる。豪雨のメカニズムと日本の深刻な水害リスクを解き、治水の歴史・現状と今後の対策を提示。「熊本地震」の原因や今後の課題についても考察。【本の内容】

災害研究の第一人者が緊急警告! 豪雨のメカニズムと日本の深刻な水害リスクを解き、治水の歴史・現状と今後の対策を提示。【本の内容】

著者紹介

河田 惠昭

略歴
〈河田惠昭〉1946年大阪生まれ。京都大学大学院工学研究科博士課程修了。京都大学名誉教授、人と防災未来センター長等。著書に「津波災害」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

震災被害を忘れないために是非おすすめ

2017/03/14 18:49

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

巨大災害を研究テーマとしてマスコミにもよく登場する河田先生の著書。東日本大震災以来、地震と津波のリスクはかなり考慮されるようになってきましたが、過去の発生頻度や被害規模から考えると、3大都市圏への高潮・洪水による被害リスクの方が断然大きいという著者の主張が展開されます。そして何より国難となり得るパターンは、南海トラフ地震と首都直下型地震が起こり、河川堤防などにダメージが残る状況で、温暖化によって強大化した台風や、豪雨による河川氾濫、高潮などが追い打ちをかける複合型災害であるというのは非常に説得力があります。「そんな酷い災害が、立て続けに起こるのか」という素朴な疑問が沸きますが、実は江戸時代末期、3年立て続けに南海地震(海溝型地震)、江戸地震(直下型地震)、江戸高潮災害が起こり、その被害による財政圧迫が江戸幕府が倒れる一因となった事実があるのです。
日本の3大都市圏が広大な地下街を持つというのは先進国でも実はかなり特殊な特徴で、それらが高潮災害の際には即、水没してしまうリスクを抱えていることなど、著者の長年の研究成果をまとめた1冊となっています。
私が大学に在学中は河田先生の授業を一度も聞いたことがなかったのですが、これからも災害リスクを広く伝える研究を続けていただきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

災害多発・激化時代をどう生きる

2016/07/22 19:43

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本は世界に冠たる災害大国だ。2011年の東日本大震災は日本や世界に大きな衝撃を与えたが、これ以降も水害、土砂災害、地震、火山噴火等の災害が相次いで発生している。悲しいことだが、死亡を含む被災者数も多く、日本各地で対応に追われている状況だ。
 防災対策、防災技術は時代を経て進歩、発展してきており、世界の中ではトップクラスと言えそうだが、災害の内容は変化し、進化している。だから、現代の人間にとっては災害が発生する度に想定外の連続を経験する。一方では、著者の言われるように、昨年9月の鬼怒川の氾濫、今年の熊本地震などの例をみても、各地の住民や自治体等の対応行動は事前の準備や防災意識が十分だったようにも見えない。
 「第8章 縮災、そして防災省の創設」 に著者の防災研究者としての強い想いが込められている。人が命を失うだけでなく、災害対応の拙さを契機に国家や統治体制が崩壊するという危惧を共有したい。
 2015年3月仙台市で行われた、国連防災世界会議のあるパブリックフォーラムで著者が講演された内容が記憶に新しい。
 災害多発・激化時代をどう生きるか?
知識・情報がいのちを助けてくれる。
自分が必要な知識を取りに行く。
勇気がなければ命を亡くす。
自分一人では安全に生きていけない。
地域コミュニティ単位で共助と互助を!
National Resilience(コミュニティの防災・減災のことで国土強靱化は誤訳)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/12/25 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/26 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/09 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/02 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/31 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/23 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。