サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度
ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度 ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/28
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:20cm/509,5p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1442-0
  • 国内送料無料

紙の本

ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度 (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)

著者 ジョン・クラカワー (著),菅野 楽章 (訳)

モンタナ州・ミズーラにある名門大学のアメフトチームが引き起こしたレイプ事件。被害者への誹謗中傷、理解のない警察、加害者の特権意識…。詳細なインタビューと取材から、レイプス...

もっと見る

ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度 (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モンタナ州・ミズーラにある名門大学のアメフトチームが引き起こしたレイプ事件。被害者への誹謗中傷、理解のない警察、加害者の特権意識…。詳細なインタビューと取材から、レイプスキャンダルの真相と司法制度の矛盾を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

レイプ犯の8割以上が、顔見知りである。

モンタナ州第2の都市、ミズーラ。
この町のシンボルは、15,000人の学生が通い、800人以上の教員が勤めるモンタナ大学である。
同大学のアメフトチーム「グリズリーズ」は、市民たちの誇りでもあった。だが、2010年から2012年にかけてグリズリーズの選手たちが引き起こした複数のレイプ事件が明るみに出ると、静かな大学町の空気は一変する。
被害者への誹謗中傷、理解を示さない警察、事件を不起訴にする検察、加害者の特権意識、世間の偏見……なぜ加害者は町ぐるみで守られるのか。なぜ被害者たちが、捜査と裁判の過程でセカンドレイプに苦しまねばならないのか。
詳細なインタビューと丹念な取材を通して、レイプスキャンダルの真相と司法制度の矛盾に斬り込む、全米ベストセラーノンフィクション。【商品解説】

著者紹介

ジョン・クラカワー

略歴
〈ジョン・クラカワー〉1954年生まれ。ジャーナリスト、作家、登山家。著書に「荒野へ」「空へ」「信仰が人を殺すとき」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/09 17:10

投稿元:ブクログ

断言できる、2017年に読むであろう本の間違いなくベスト3に入る傑作ノンフィクション、これが本書「ミズーラ」である。

舞台はアメリカ、人口7万人でモンタナ州第2の都市であるミズーラ。この街で1.5万人の学生を有するミズーラ大学のアメフトチーム「グリズ」は市民の最大の娯楽であるが、このアメフトチームのメンバーにより相次いで女子学生へのレイプが引き起こされる。

しかしながら、「素晴らしいスポーツマンがレイプなどをするわけない」という狂信的な市民の反応を背景として、大学・警察・検察の怠慢により、犯人の男子学生は罪を逃れ続ける。そればかりか、弁護側の卑劣な尋問により、被害者の人格までもが攻撃される「セカンドレイプ」とも呼べる事態が引き起こされる。

著者のジョン・クラウワーは、緻密な取材を元に、ミズーラで起こった一連の不正義を明らかにしながら、それが決してミズーラという街の特殊性に起因するのではなく、アメリカという国家に存在する社会的な問題であるということを暴きだす。

何せ、ある調査によれば、アメリカ疾病予防管理センターの調査によれば、アメリカ人女性の19%がこれまでにレイプ被害を受けたことがあるとされているのだから。また、別の調査によれば、8割以上は顔見知りによる犯行であり、その被害のほとんどは表面沙汰にならない。それはミズーラで現に起こっていたように、レイプ被害者に不利な司法制度に基づく高い犯人の不起訴・無罪率、司法過程でのセカンドレイプという問題があるからである。

実際、直近では大学のスポーツ選手によるレイプ事件は何もアメリカに限ったことではない。私自身の母校でも過去に同様の事件があったし、近年では千葉大学での事件が記憶に新しく、決して他人事ではない。

本書には、こうしたレイプの再現や、愚劣の極みとも呼べる裁判、被害者の心的外傷など、読み手にとっても辛く生々しい叙述が多いが、レイプがいかに被害者の人権や尊厳を傷つけるものであるかを理解することができる。その点で、男女問わず、多くの人に読まれるべき一冊。

そうそう、男性だからレイプ事件の被害者にならないわけではない。前述のアメリカの調査では、男性の1.7%も一生のうちにレイプ被害にあうそうである。

2016/11/24 17:55

投稿元:ブクログ

ある性暴力事件を中心に、被害者の一次被害だけでなく、事件後の二次被害も克明に記される。
著者の入念な取材、性暴力事件に関する資料、論文の読み込みから、いわゆる「レイプ神話」というものが、いかに間違ったものかを知らせてくれる。

ノンフィクション・ルポルタージュ ランキング

ノンフィクション・ルポルタージュのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む