サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/28
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:20cm/509,5p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1442-0

紙の本

ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度 (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)

著者 ジョン・クラカワー (著),菅野 楽章 (訳)

モンタナ州・ミズーラにある名門大学のアメフトチームが引き起こしたレイプ事件。被害者への誹謗中傷、理解のない警察、加害者の特権意識…。詳細なインタビューと取材から、レイプス...

もっと見る

ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度 (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

亜紀書房翻訳ノンフィクション第2期 15巻セット

  • 税込価格:41,140374pt
  • 発送可能日:1~3日

亜紀書房翻訳ノンフィクション第2期 16巻セット

  • 税込価格:43,670397pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モンタナ州・ミズーラにある名門大学のアメフトチームが引き起こしたレイプ事件。被害者への誹謗中傷、理解のない警察、加害者の特権意識…。詳細なインタビューと取材から、レイプスキャンダルの真相と司法制度の矛盾を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

レイプ犯の8割以上が、顔見知りである。

モンタナ州第2の都市、ミズーラ。
この町のシンボルは、15,000人の学生が通い、800人以上の教員が勤めるモンタナ大学である。
同大学のアメフトチーム「グリズリーズ」は、市民たちの誇りでもあった。だが、2010年から2012年にかけてグリズリーズの選手たちが引き起こした複数のレイプ事件が明るみに出ると、静かな大学町の空気は一変する。
被害者への誹謗中傷、理解を示さない警察、事件を不起訴にする検察、加害者の特権意識、世間の偏見……なぜ加害者は町ぐるみで守られるのか。なぜ被害者たちが、捜査と裁判の過程でセカンドレイプに苦しまねばならないのか。
詳細なインタビューと丹念な取材を通して、レイプスキャンダルの真相と司法制度の矛盾に斬り込む、全米ベストセラーノンフィクション。【商品解説】

著者紹介

ジョン・クラカワー

略歴
〈ジョン・クラカワー〉1954年生まれ。ジャーナリスト、作家、登山家。著書に「荒野へ」「空へ」「信仰が人を殺すとき」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年11月号より

書標(ほんのしるべ)さん

米国では今、キャンパスレイプが社会的問題として取り上げられている。この書籍は、2010年から2012年に、北西部モンタナ州の大学都市ミズーラにて多発したレイプ事件を、詳細な取材を通して纏めた作品である。レイプは日常的にありふれた犯罪であるにも関わらず、実情があまり知られていない。8割以上が顔見知りの犯行であるという驚きの事実や、被害者が事件後にも受ける様々な苦痛、被害者への中傷的偏見、加害者の罪の意識の欠如、司法制度の矛盾など、数多くの問題点を浮き彫りにする。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハードカバー500ページ越えでも一気読み。

2020/05/31 03:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカ、モンタナ州で第二の都市ミズーラにはモンタナ大学があり、そのアメフトチーム「グリズリーズ」(愛称グリズ)は市民の誇り。だが2010年から2012年にかけてグリズの選手たちが起こした複数の性暴力事件が明らかになった。
巻き起こったのは被害者への誹謗中傷。何故被害者は告発することをためらうのか、何故被害者はセカンドレイプに苦しめられなければならないのか、何故加害者は守られてしまうのか。
インタビューと取材を通して、著者はレイプ事件の真相と司法制度の矛盾に迫る。

いやー、つらい。
ノンフィクションだからこそ、物語的着地点がない。
罪に問える場合がある一方で無罪判決が出るものもあり、だとしても被害者の苦しみはなくならないわけで、ただただやりきれない。その事件の前に戻れないか、とひたすら思う。
「レイプ犯の、八割以上が顔見知りである。」と帯にあるように、本書で描かれている事件の被害者と加害者は顔見知りどころか家族ぐるみでの長い付き合いであったりもする。だから被害者側の衝撃は大きい、自分のよく知っているはずの人がそんなことをするなんて信じられない気持ちや信じたくない気持ちにも押しつぶされるから。

しかも加害者側は市民が応援するアメリカンフットボールチームのスター選手だったりするわけで、「チーム優勝のために有力選手が逮捕なんてとんでもない。そもそも彼らは普段からモテモテなんだから女性をレイプする必要なんかない。女に陥れられている!」とオヤジ概念に固まった方々から擁護されてしまうという・・・ある都市のある時期を切り取っただけだけど、それは全世界のこういう問題にそのまま置き換えられるわけで。
加害者側の言い分を聞きたいような、聞きたくないような。他者を尊重しない言動がいかにして培われたのか、迫るのは本書の趣旨とははずれる気がするが。『彼女は頭が悪いから』とセットにして考えたい。
日本でもここ最近だけでセクハラ → 性暴力の件がどれだけ騒がれたことか。
だいぶ変わっては来たけれど、それでもやはり被害者側が叩かれ、加害者側が責任を取らないことは多いので。
誹謗中傷は恐ろしい。何事においても「自分だったらそんなことはしない」 → 「そんなことをするやつがおかしい」という発想が「自分が正義」になってしまう危険、それが人を追い込むこともあると誰もが自覚しなければ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/04 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/09 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/14 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/09 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/20 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/24 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/05 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。