サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/20
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:16cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-120090-8
文庫

紙の本

蠅の王 新訳版 (ハヤカワepi文庫)

著者 ウィリアム・ゴールディング (著),黒原 敏行 (訳)

飛行機が墜落し、無人島にたどりついた少年たち。協力して生き抜こうとするが、次第に緊張が高まり、暗闇に潜むという〈獣〉に対する恐怖が募り…。ノーベル賞作家の代表作を新訳で紹...

もっと見る

蠅の王 新訳版 (ハヤカワepi文庫)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

飛行機が墜落し、無人島にたどりついた少年たち。協力して生き抜こうとするが、次第に緊張が高まり、暗闇に潜むという〈獣〉に対する恐怖が募り…。ノーベル賞作家の代表作を新訳で紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

飛行機が墜落し、無人島にたどりついた少年 たち。協力して生き抜こうとするが、次第に 緊張が高まり……。不朽の名作、新訳版登場【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

「イギリスの子供なら」

2017/10/15 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

「イギリスの子供なら」
ある場面でこの台詞に出くわした時、「ロビンソン・クルーソー」を通読しておいてよかったと思った。そうでなければ、ここに込められている情報の質を、もっと低く見積もっていたに違いない。

心残りはサイモン。真の賢者にして勇者。
そしてピギー、「火」を授けられた者。彼の本当の名前は何だったんだろう。

およそ四半世紀ぶりの再読。初読は新潮文庫版。映画で見た後、原作にあたった。その後うっかり手放してしまい、もう一度読み直したいと思った時には絶版になっていた。だから今回、信頼する訳者のひとりである黒原敏行氏(「闇の奥」「ブラッド・メリディアン」「すばらしい新世界」)の訳で読むことができて、とても嬉しい。今度は手元に置いておこうと思う。絶やしてはならない火のようにして。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さなころに読んだ「十五少年漂流記」に出てくる少年たちはみんな良い子だった気がする

2019/02/07 22:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さなころに読んだ「十五少年漂流記」に出てくる少年たちはみんな良い子だった気がする。同じようなシチュエーションに置かれたこの少年たちの行動はダークだ。でも、あの立場に置かれたらと仮定するとこの小説に出てくる少年たちの行動の方に真実味を感じる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい、わかりやすい

2018/05/31 23:45

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wanko - この投稿者のレビュー一覧を見る

英語の本を購入して挑戦してみましたが、難しかったので、日本語のこちらの本を購入しました。読みやすく、わかりやすいです。本を読むのがあまり得意ではないですが、こちらは読みやすいです。どきどきしながら日々読んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

狂気と理性。

2021/02/13 14:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年たちの内なる残虐性、狂気というものが徐々に発露していく描写がおぞましかった。
本作の主人公ラルフをはじめとする何人かの少年たちは、それに抵抗し理性を保とうとするものの、
狂気や暴力の前では理性など無力だと思い知られる。

本作は寓話性や抽象的な要素が多く含まれており、それ故に我々の世界で起こるあらゆることのメタファーとしても読み取れる。
集団として標的を見つけることで、異様な興奮状態に陥り嬉々として攻撃する描写などは、現代のいじめそのもの。
ジャックがラルフに恨みを持つことで、分断に拍車がかかっていく過程は人種問題やヘイトクライムを想起せずにいられない。

本作の舞台となる無人島は社会の縮図としてもとらえることが可能であろう。
いつの時代も我々に必要なのは、槍による武装ではなく、
ほら貝と眼鏡を用いた理性的な対話と団結なのだと再認識させられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/22 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/02 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/24 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/05 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/19 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/10 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/06 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/15 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/20 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/31 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。