サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/27
  • 出版社: 医学書院
  • サイズ:21cm/335p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-260-03157-8
専門書

紙の本

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズケアをひらく)

著者 國分 功一郎 (著)

【小林秀雄賞(第16回)】【紀伊國屋じんぶん大賞(2018)】【毎日出版文化賞企画部門(第73回)】中動態とは何か。若き哲学者がバンヴェニスト、アレントに学び、デリダ、ハ...

もっと見る

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズケアをひらく)

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小林秀雄賞(第16回)】【紀伊國屋じんぶん大賞(2018)】【毎日出版文化賞企画部門(第73回)】中動態とは何か。若き哲学者がバンヴェニスト、アレントに学び、デリダ、ハイデッガー、ドゥルーズを訪ね直し、アガンベンに教えられ、そして新たなスピノザと出会うことで中動態の世界に迫る。『精神看護』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

【本書「あとがき」より】  中動態の存在を知ったのは、たしか大学生の頃であったと思う。本文にも少し書いたけれども、能動態と受動態しか知らなかった私にとって、中動態の存在は衝撃であった。衝撃と同時に、「これは自分が考えたいことととても深いところでつながっている」という感覚を得たことも記憶している。  だが、それは当時の自分にはとうてい手に負えないテーマであった。単なる一文法事項をいったいどのように論ずればよいというのか。その後、大学院に進んでスピノザ哲学を専門的に勉強するようになってからも事態は変わらなかった。  ただ、論文を書きながらスピノザのことを想っていると、いつも中動態について自分の抱いていたイメージが彼の哲学と重なってくるのだった。中動態についてもう少し確かなことが分かればスピノザ哲学はもっと明快になるのに……そういうもどかしさがずっとあった。  スピノザだけではなかった。数多くの哲学、数多くの問題が、何度も私に中動態との縁故のことを告げてきた。その縁故が隠されているために、何かが見えなくなっている。しかし中動態そのものの消息を明らかにできなければ、見えなくなっているのが何なのかも分からない。  私は誰も気にかけなくなった過去の事件にこだわる刑事のような気持ちで中動態のことを想い続けていた。  (中略)  熊谷さん、上岡さん、ダルクのメンバーの方々のお話をうかがっていると、今度は自分のなかで次なる課題が心にせり出してくるのを感じた。自分がずっとこだわり続けてきたにもかかわらず手をつけられずにいたあの事件、中動態があるときに失踪したあの事件の調査に、自分は今こそ乗り出さねばならないという気持ちが高まってきたのである。  その理由は自分でもうまく説明できないのだが、おそらく私はそこで依存症の話を詳しくうかがいながら、抽象的な哲学の言葉では知っていた「近代的主体」の諸問題がまさしく生きられている様を目撃したような気がしたのだと思う。「責任」や「意志」を持ち出しても、いや、それらを持ち出すからこそどうにもできなくなっている悩みや苦しさがそこにはあった。  次第に私は義の心を抱きはじめていた。関心を持っているからではない。おもしろそうだからではない。私は中動態を論じなければならない。──そのような気持ちが私を捉えた。  (以下略)【商品解説】

著者紹介

國分 功一郎

略歴
〈國分功一郎〉1974年千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学准教授。専攻は哲学。著書に「スピノザの方法」「暇と退屈の倫理学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

自発でも強制でもない、真の「自由」を求めて

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

「中動態」はどういうものなのか。
そもそも聞きなれない言葉である。
中動態は、能動態と受動態というような形態を表す言葉と定義されているが、著者である國分氏はそう簡単には片づけられない深い概念があるというのである。中動態という形態は、実は、万学の祖といわれる古代ギリシャ哲学者のアリストテレスの時代から、すでに存在していたのいうのである。國分氏は、中動態が存在するラテン語で著されたスピノザ『エチカ』に着目して、その概念を追求していくのである。國分氏の指摘によって、我々の何気ない行為は、能動態でも受動態でもない中動態そのものであることに気づかされるのである。そして、そのことは自分のあり方や、人とのコミュニケーションを見直すきっかけになるはずである。今回この内容について、医学書院から出版されたことは非常に興味深く、中動態という概念を知ることで、精神医学の観点から切り拓いていく可能性を探っているのである。中動態の世界に生きているのならば、我々は、やはり複雑で曖昧で、難しい生き物であると痛感すると同時に、決して失くしてはいけない「自由」を追求すべきだと確信するのである。

医学書担当 辻

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

國分功一郎「僕はこの本で自由という言葉を強調したかった」

2018/06/05 15:22

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

能動/受動という自明の二項対立に留まらない、失われた中動態を読み解くことで、生権力の打開を暗示する好著。「ものを考える」という時に起こっているのは、人間が考えるということではなくて、人間の精神の中で観念が次々につながっていくということ。「本人の意志や、やる気ではどうにもできない病気」であることが理解されない。本書のスリリングな問いは、ここから始まる。著者は昔からずっと「善きサマリア人の譬え話」に強い関心を抱いていて、その関心がいま自分の中でこれまでになく高まっているのを感じているとのこと。主体を楕円で考える…中動態の可能性をもう一回発見した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/31 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/10 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/18 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/22 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/06 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/02 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/04 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/17 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/14 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/31 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/09 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/18 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/28 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。