サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「天皇機関説」事件(集英社新書)
「天皇機関説」事件(集英社新書) 「天皇機関説」事件(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/14
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720878-8
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「天皇機関説」事件 (集英社新書)新刊

著者 山崎雅弘 (著)

複雑な側面をいくつも持つ「天皇機関説」事件。その全体像を俯瞰し、事件の発端と背景、主な登場人物の横顔、経過と結末、そして事件によって引き起こされた波紋が、日本の進路をどう...

もっと見る

「天皇機関説」事件 (集英社新書)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

複雑な側面をいくつも持つ「天皇機関説」事件。その全体像を俯瞰し、事件の発端と背景、主な登場人物の横顔、経過と結末、そして事件によって引き起こされた波紋が、日本の進路をどう変えたかを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

【推薦!】

作家・半藤一利氏(『日本のいちばん長い日』『昭和史1926-1945』著者)

「これは昭和史の重要な分岐点だ。現在と酷似する状況に慄然とする」



天皇を神格化する政治家と右翼組織が結びついたとき、事件は起こった



「天皇機関説」事件は、この学説を主張する憲法学者の美濃部達吉に対する、天皇を崇拝する退役軍人や右派政治家による攻撃が発端となっている。一九三五年二月に始まり、約半年に渡る「機関説」排撃運動の中で、美濃部に対する政治的な弾圧が行われただけでなく、言論や学問の自由も奪われ、立憲主義が事実上停止した。その結果、「権力の暴走」を止める安全装置が失われ、日本は破局的な戦争へと突き進む。

この事件は、社会がどのように「壊れて」いくのかを物語る昭和史の重要な分岐点である。現在の政治・社会状況との類似点に戦慄が走る……!



【目次】

第一章 政治的攻撃の標的となった美濃部達吉

1 貴族院の菊池武夫が口火を切った美濃部攻撃

2 美濃部攻撃の陰の仕掛け人・蓑田胸喜

3 美濃部達吉が述べた「一身上の弁明」

4 当代随一の憲法学者・美濃部達吉

5 国会の内外でエスカレートする「美濃部叩き」



第二章 「天皇機関説」とは何か

1 天皇機関説と天皇主権説(天皇神権説)

2 上杉慎吉と美濃部達吉の「機関説」論争

3 文部省も加わった天皇機関説の排撃運動

4 美濃部擁護の論陣を張った「帝国大学新聞」

5 昭和天皇も認めていた天皇機関説の解釈



第三章 美濃部を憎んだ軍人と右派の政治活動家

1 「陸軍パンフレット」に対する美濃部の批判

2 軍人勢力各派は「機関説問題」にどう反応したか

3 右翼団体による「機関説排撃運動」のエスカレート

4 騒動を岡田内閣打倒に利用しようとした立憲政友会

5 美濃部が『憲法撮要』に記した「統帥権」の意義



第四章 「国体明徴運動」と日本礼賛思想の隆盛

1 次第に追い詰められた岡田啓介首相

2 急激に力を持ち始めた「国体」というマジックワード

3 岡田首相の第一次国体明徴声明の発表

4 さらに激しさを増した美濃部と機関説への糾弾

5 消えかけた火を大きくした美濃部の「第二の弁明」



第五章 「天皇機関説」の排撃で失われたもの

1 窮地に立った岡田内閣と第二次国体明徴声明

2 天皇機関説事件から二・二六事件へと通じた道

3 美濃部の学説と共に排斥された、自由主義と個人主義

4 際限なく称揚される「天皇」「国体」という錦の御旗

5 実質的に機能を停止した日本の「立憲主義」


【本の内容】

著者紹介

山崎雅弘

略歴
一九六七年、大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。二〇一六年七月に刊行した『日本会議―戦前回帰への情念』(集英社新書)で、大手メディアが報じてこなかった同組織と政権の関わりや、改憲に向けた活動の詳細を明らかにし、注目を浴びる。このほか、『戦前回帰 「大日本病」の再発』(学研プラス)『5つの戦争から読みとく日本近現代史――日本人として知っておきたい100年の歩み』(ダイヤモンド社)など、著書多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む