サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アナログ
アナログ アナログ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/171p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-381222-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アナログ

著者 ビートたけし (著)

全てがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう2人の「アナログ」な関係が始まり…。誰かを大...

もっと見る

アナログ

1,296 (税込)

アナログ

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全てがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう2人の「アナログ」な関係が始まり…。誰かを大切にするとは何かを問いかける恋愛小説。【「TRC MARC」の商品解説】

たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう二人の、「アナログ」な関係が始まった。いまや成立しがたい男女のあり方を描き、“誰かを大切にする”とは何かを問いかける渾身の長編。【商品解説】

なあ、誰かを大切にするってこういうことだろ? ビートたけしが行きついた「究極の愛」。暴力的なまでに純粋な初の書下ろし恋愛小説。【本の内容】

著者紹介

ビートたけし

略歴
〈ビートたけし〉1947年東京都生まれ。芸人、映画監督。テレビやラジオの出演、映画や出版の世界などで活躍する。著書に「新しい道徳」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

そういうこと。実感

2017/10/17 09:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

デジタルが横行しているこの時代に「ちょっと急ぎすぎだろ。すこしのんびりいこうぜ」と語りかけつつ、喜びや嬉しさ、また幸運を願う昂揚感を思い出させてくれるステキな1冊。男友達の会話に下ネタが散りばめられているのは、その友達がきっとたけしさんで真っ向から励ましたり、慰めたりが恥ずかしいから照れ隠しでこんなこと言ってしまうんだなってことが伝わる。みどりと悟の出会いからの関係性に私自身常々考えていたことがみごと顕れていて、悩みながらも進んでいる道に誤りがないことを確信。そういうことだよね。ありがとう、たけしさん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新潮社の汚点

2017/11/06 06:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:碑文谷 次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ライバルの文芸春秋が、又吉直樹で大ベストセラーを生み出したのに刺激されて、それじゃわが社も、と文芸出版の老舗がビートたけしを引っ張り出して「ピュアな恋愛長編小説」として売り出したものの(多分)、新潮社の社名を穢しただけの代物となった。

新潮社の編集者は、”世界のたけし”に恐れおののいてか、小説作法のイロハを教えていないらしい。たとえば30代のオヤジは、三人とも安っぽい涙のオンパレードで、昭和初期の少女小説の登場人物顔負け。三人ともそういう安易な造型で終始するので(つまり生きていないので)、読者も「まさか、こんな場面で泣くの?」と白けてゆく一方。たとえば、新幹線の中で母親を想って号泣し、驚いた隣の乗客が席を立った、などというシチュエーションは我々の現実生活の中では起こりえない。本当に号泣したいほど悲しみに突き動かされたら、一人デッキへ向かうだろう。それが、大人の分別というものではあるまいか。さらに、人間は本当に悲しいときは、必ずしも号泣したりはしないものだ、という程度の指導は、編集者の責務なのではないか。なぜ、この部分だけでも書き直しさせなかったのだろうか?

せっかく、デジタル時代にアナログ情緒を持ち込む、という着想を得ながら、登場人物が生きていないため全く小説にも何もなっていないまま出版したことは、新潮社出版史の汚点以外の何物でもあるまい。あまり読者をバカにしなさんな、と言いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アナログ

2017/10/05 01:20

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さとるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただただ、つまらないw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/22 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/02 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/15 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/06 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/09 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/23 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/14 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/24 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/26 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/01 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/04 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む