サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東芝の悲劇
東芝の悲劇 東芝の悲劇
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/21
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03175-3

紙の本

東芝の悲劇

著者 大鹿靖明 (著)

東芝は、経済環境の激変や技術革新の進化の速度に対応できず、競争から落伍したわけではない。ただただ、歴代トップに人材を得なかっただけであった−。20年にわたる徹底取材から東...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東芝は、経済環境の激変や技術革新の進化の速度に対応できず、競争から落伍したわけではない。ただただ、歴代トップに人材を得なかっただけであった−。20年にわたる徹底取材から東芝・失敗の本質を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

虚栄。嫉妬。粉飾。責任逃れ。
社員20万人を擁する名門企業の、かくも無様なトップたち。
これは日本の悲劇でもある。
東芝崩壊の全真相がわかる、決定版・調査報道ノンフィクション。

粉飾決算、原子力事業の失敗、主力事業の切り売りと、日本を代表する名門企業が瀕死の危機に瀕している。東芝の凋落は、経済環境の変化や技術革新に対応できなかったからでなく、強大なライバルの出現により市場から駆逐されたからでもない、と著者。20年にわたり東芝を取材してきた著者が、歴代社長の「人災」という視点から、東芝崩壊の全貌を生々しく描き出す。権力に固執し、責任をとらず、思考停止したトップを擁する組織は必ず滅びる――これは東芝という一企業の悲劇でなく、日本の政官財の縮図であり、日本社会への教訓である。
[目次]第一章 余命五年の男/第二章 改革の真実/第三章 奇跡のひと第四章 原子力ルネサンス/第五章 内戦勃発/第六章 崩壊【本の内容】

著者紹介

大鹿靖明

略歴
〈大鹿靖明〉1965年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。ジャーナリスト。「メルトダウン」で講談社ノンフィクション賞を受賞。ほかの著書に「堕ちた翼」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (15件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

東芝トップの無様な状況が赤裸々に語られます!

2017/12/01 09:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、メディアで騒がれている東芝の企業問題の真実を赤裸々に伝える報道ノンフィクションの書です。社員20万人を抱える日本の名門企業が、如何にしてあそこまで落ちぶれ、崩壊寸前の状況に直面しているのか。その真実を詳細に伝える画期的な書です。そこには、虚栄、嫉妬、粉飾、責任逃れなど、同企業のトップにおける様々な問題があったと同書は語ります。企業の内部に潜む影、本書はそれを見事に明らかにしてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東芝の迷走の元凶に鋭く迫る!

2018/11/30 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

東芝の迷走・凋落の様を描いた本はかなり多数出版されていますので、どれを読むか迷うところですが、本書は福島原発事故に関する著作で講談社ノンフィクション賞受賞の大鹿氏の手による作品ということで読んでみました。
東芝の凋落は歴代社長の人事抗争により経営が歪められてきたことが最大の原因と位置づけ、1990年代後半以降の7代にわたる社長の人間像を丹念に描き、これらのトップがどのような決断をしてきたかを追っています。
ハードカバーで350ページ超の大作ですが、引き込まれて一気に読めました。後付けになるとは言え「この時点で何とかしていれば、ここまでひどい状況にはならなかっただろうに」と思わせられる箇所がいくつも出てきます。
最終的に東芝の命運を決したのはアメリカのウエスチングハウス社の買収だったのですが、世界的には衰退傾向である原子力産業になぜあれほど東芝が入れ込んでいたのか、その理由が本書で明らかにされています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名門の没落

2017/11/30 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後の日本の発展をひっぱてきた東芝が、これだけ問題を起こすとは。その悲劇を、的確に分析しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/22 03:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/22 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/13 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/16 17:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/16 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/27 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/11 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/04 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/30 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/13 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/18 06:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/25 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。