サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. 小学館
  6. テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅
テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅 テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅 テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/15
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-389774-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

著者 児玉 博 (著)

死の2ヶ月前、最期に明かした「真実」 イランで現地採用され、社長に成り上がるや、米原子力事業を6400億円で買った男は、いつ、どこで、何を、どう間違え、東芝を “奈...

もっと見る

テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

1,620(税込)

テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

1,458 (税込)

テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

ポイント :13pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死の2ヶ月前、最期に明かした「真実」

イランで現地採用され、社長に成り上がるや、米原子力事業を6400億円で買った男は、いつ、どこで、何を、どう間違え、東芝を “奈落の底"に突き落としたのか。

2017年10月初旬、横浜市の自宅で3時間半に及ぶインタビューは行われた。実は、西田氏は9時間を超える大手術、3ヶ月に及ぶ入院生活を経て、ようやく退院したところだった 。存亡の危機に立たされていた古巣と同様、西田氏もまた死線をさまよっていた。

――東日本大震災、そして原発事故がなければ、東芝はどうなっていたんでしょうか。
「事故が起きなくても同じような問題が起きたんじゃないでしょうか。先延ばしされただけじゃないかな。すべては経営の問題だから」

この発言から2ヶ月後、西田氏は心筋梗塞で逝去した。享年73。文字通り、最期のインタビューで、語ったのか。
かつて「平成のスター経営者」と謳われ、昨今は「名門崩壊を導いた戦犯」と指弾されていた経営者の「遺言」である。
【商品解説】

目次

  • 序章 戦犯と呼ばれた男
  • 第1章 覇者の経営
  • 第2章 土光敏夫とイラン革命
  • 第3章 雨降る故郷
  • 第4章 パソコン神話
  • 第5章 愚かな争い
  • 第6章 名門陥落はいつ起きたか
  • 第7章 盟主なき帝国
  • 終章 最後の対話

著者紹介

児玉 博

略歴
〈児玉博〉1959年生まれ。早稲田大学卒業後、フリーランスとして取材、執筆活動を行う。著書に「“教祖”降臨」「幻想曲」「堤清二 罪と業」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

社長がアホやから

2017/12/29 07:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若い人は知らないかもしれないが、かつて阪神タイガースのスター選手だった江本孟紀氏が「ベンチがアホやから野球ができない」と暴言を吐いたことがある。
 きっと東芝の従業員もこう言いたいだろう。
 「社長がアホやから仕事ができない」。
 江本氏はこの発言のあとタイガースを退団したが、東芝の多くの従業員も会社を去っている。

 東芝の一連の問題の元凶には歴代の社長の資質の問題がいわれている。
 その中のひとり、西田厚聰がこの本の主人公である。
 衝撃的なタイトルが示す通り、東芝の15代め社長となった西田は早稲田大学から東京大学大学院に進み、西洋政治思想史を学んだ。あの丸山眞男から薫陶を受けたイラン人の女子学生と恋愛におち、イランで結婚式をあげる。
 その関係で西田はイランで東芝の合弁会社に現地採用される。
 西田が東芝に本採用されるのは、31歳の時。
 当然他の同僚たちとは大きく出遅れている。
 しかし、西田は持ち前の力量でさまざなな困難を乗り越え、特にパソコン事業で東芝の名を飛躍的に高め、2005年社長に就任する。
 そして、西田はその在籍期間中に現在の東芝の苦境の原因ともなった原子力事業に積極的に乗り出す。

 西田の経歴を丁寧にたどったこの本を読むと、社長になるまでの西田についてとても魅力的なビジネスマンに見えた。
 原子力事業も正しい情報があがっていれば、それを選択しなかったかもしれないとも思えた。
 しかし、終りの章の著者とのインタビューで、西田の魅力はいっさいなくなった。
 もしかした西田がいう通り、その責は彼の後任の佐々木則夫にあったかもしれないが、そのことを決めたのも西田であるとするなら、いくら言いつくろうと、西田の責任は逃れられないのではないか。

 そして、西田はこのインタビューのあと、12月8日に亡くなる。
 西田はインタビューでも大学院を去った本当の理由を話していないが、その死にあって、学究に残ればよかったと悔やむことはなかっただろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東芝を奈落の底に突き落とした第15代社長の全記録です!

2017/12/18 11:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、アメリカの原子力事業に手を染めたことで、一気に奈落の底に突き落とされた大企業東芝を率いた第15代社長である西田氏の全記録を綴ったものです。彼は、東京大学大学院で政治思想史を学んでいましたが、その後、恋人を追ってイランの地へ向かいます。現地では東芝の合弁会社に採用され、そこから徐々に頭角を現していきます。そして、第15代東芝社長に迎えられます。彼は自身の経験から「運命はコントロールできる」と豪語していたと伝えられています。その後、彼はアメリカの原子力事業に手を染めますが、これが140年もの老舗大企業東芝の大失態となり、崩壊寸前にまで至ります。果たして、彼は東芝をどのようにしようと目論んでいたのか。さらに、彼は東芝に何をしたのか。同書は、彼の口から直接語られた言葉をまとめた貴重な記録です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/18 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む