サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゲノムが語る人類全史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390774-1
  • 国内送料無料

紙の本

ゲノムが語る人類全史

著者 アダム・ラザフォード (著),垂水雄二 (訳)

骨を残さず絶滅した第四の人類がいた! 化石人類に含まれる微量のDNAを抽出して解読する技術の発展がもたらした知見をもとに、人類進化の実像を明快かつ平易に語る。考古学ではわ...

もっと見る

ゲノムが語る人類全史

2,430(税込)

ゲノムが語る人類全史

2,000 (税込)

ゲノムが語る人類全史

ポイント :18pt / 紙の本より430おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

骨を残さず絶滅した第四の人類がいた! 化石人類に含まれる微量のDNAを抽出して解読する技術の発展がもたらした知見をもとに、人類進化の実像を明快かつ平易に語る。考古学ではわからなかった「世界史」の最先端。【「TRC MARC」の商品解説】

◆考古学ではわからなかった「世界史」の最先端◆

ヒトゲノム計画以降、急速な進化を遂げたDNA解読技術によって、
私たちは数万年前の人類のゲノムも抽出・分析できるようになった。
それにより、遺骨や遺跡の存在が不可欠だった従来の歴史学は一変。
ゲノムの痕跡を辿ることで、骨さえ見つかっていない太古の人類から
現在の私たちへと繋がる、祖先の知られざる物語が解き明かされた――

・ホモ・サピエンスはネアンデルタール人と何度も交配していた
・DNAにのみ痕跡を残す、知られざる「幻の人類」が発見された
・狩猟から農耕への移行を加速させたのは、二つの突然変異の出現だった
・現存する全人類の共通祖先は、わずか三五〇〇年前、アジアにいた
・ヨーロッパを二度襲ったペスト菌はどちらも中国からやってきた


【目次】

■序 章 人類の歴史はDNAに刻まれている
ヒトゲノム計画以降、急速な進化をとげているDNA解読技術によって、考古学
ではわからなかった祖先の物語が次々と明らかになっている。戦争、侵略、移動、
農耕、病、セックス……。本書は人類の旅路をゲノムで読み解く新たな歴史書だ。

〈第1部 人類の誕生から繁栄まで〉

■第一章 ネアンデルタール人との交配
四万年前のネアンデルタール人。その骨からDNAを抽出すると驚くべきことが
わかった。私たちの祖先は彼らと何度も交配し、子をなしていたのだ。だがそれ
だけではない。私たちのDNAには他にも、未知の人類集団の痕跡が残っている。

■第二章 農業革命と突然変異
長らく狩猟生活を送っていた人類は、一万年ほど前から突如として農耕・牧畜を
開始し、それは一気に世界中へとひろがった。そのきっかけは何だったのか?
実は、農業革命の時期には、ある二つの突然変異が人類のあいだに拡散していた。

■第三章 近親相姦の中世史
シェイクスピアの戯曲でも知られるリチャード三世。死後五〇〇年以上経って、
彼の遺体が駐車場の地下から発見された。だがそこから抽出されたDNAは、現
在生きている男系子孫のDNAとは一致しなかった。一体どういうことなのか?

〈第2部 世界はどこに向かうのか?〉

■第四章 人種が消滅する日
かつて遺伝学は、人種差別や優生学と繋がったこともある。しかし現在では、人
種間よりも人種内の方が、実は違いが大きいことがわかっている。突然変異によ
って白い肌の人間が現れたのも、歴史的にみればごく最近の話にすぎないのだ。

■第五章 遺伝学は病気を根絶できるか?
数々の遺伝子が発見されるにつれ、ゲノム・データから個人の病気を特定・治療
することへの期待が高まっている。患者のゲノムに潜む特異な変異を炙りだす手
法も開発されたが、それは遺伝学者たちに新たな難題を突きつけることになった。

■第六章 犯罪遺伝子プロジェクト
二〇一四年、フィンランドでは八〇〇人の暴力犯罪者のゲノムがスクリーニング調
査された。また、二六人の小学生を銃殺したアメリカ人の青年も、地元当局によっ
てゲノムが解読された。果たして彼らの中から「犯罪遺伝子」は見つかったのか?

■第七章 ホモ・サピエンスの未来
ヒトの眼はふつう三色色覚だが、女性の八人に一人は四色色覚を生じうる変異遺
伝子をもっている。こうした変異遺伝子の四分の三は、ここ五〇〇〇年以内に生
じた新しいものである。人類は進化する種であり、その歴史はDNAに刻まれる。

■解 説 ゲノムで辿る日本人のルーツ 篠田謙一(国立科学博物館人類研究部長)【商品解説】

著者紹介

アダム・ラザフォード

略歴
〈アダム・ラザフォード〉進化遺伝学者。サイエンス・ライター。ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジにて博士号取得。『ガーディアン』紙の寄稿者、科学ドキュメンタリー製作者。著書に「生命創造」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

遺伝学と人類進化

2018/01/22 16:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

DNA分析による人類進化の研究についての
最新の本(原著が2016年、日本語版が2017年発行)なので、
大いに期待して読んだ。

だがまず、文章がちょっと読みづらい。著者が気取った言い回しを多用していて、
さらに科学者なので、確実でないことは断定しないで、周辺の事実から
積み上げていくという形で語ることが多い。言い方も慎重なので、曖昧な言い方になる。
本題から少しそれたような話もあったり、逆に専門的で少し退屈な話もあった。

内容については、期待していた人類の進化と拡散についての話は
最新情報が豊富で面白かったけど、分量がわりと少ない。
DNAとか遺伝学とかについての部分は、著者が専門家なので、とても面白かったし、勉強になった。

著者が本書の中で一貫して言っているのは、いわゆる『人種』という概念は科学的には無効であると。
一部の人間(ヨーロッパ系など)の皮膚の色が白くなったのも、つい最近のことであるという。
例えば、ハンガリーとスペインの埋葬地、およびルクセンブルグから出た男のDNAから、
これらの狩猟採集民が、8000年ほど前に黒い肌を持っていたことが分かっているという。
一方で、7700年前のムータラの洞窟にいたスウェーデンの一族は、白い肌と金髪に関係した遺伝子の変異型を持っていたし、
透き通った青い目にも一定の役割を果たす遺伝子の変異型も持っていた。

そして人類は、農耕や牧畜など、周りの環境を変えることで自らの遺伝子を変化させてきたのだという。

専門家らしく、記述に正確を期そうとしている本。
『ラザフォード(著者)の法則』は、頭に残った。
クズなものから権威あるものまで、あらゆる報道機関から出てくる無数の見出しについて、↓
  
『「科学者がXについての遺伝子を発見」と見出しに書かれていても、Xは複雑な人類の特性で、
そんな遺伝子は存在していないがゆえに、実際は発見されていない。』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/09 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/15 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/28 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/01 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む