サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本型組織の病を考える(角川新書)
日本型組織の病を考える(角川新書) 日本型組織の病を考える(角川新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/08/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川新書
  • サイズ:18cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-082266-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

日本型組織の病を考える (角川新書)

著者 村木厚子 (著)

公文書改竄、セクハラ、日大アメフト事件…。なぜ不祥事が繰り返されるのか? 冤罪のち厚生労働事務次官を務めた著者が、日本型組織の病の本質、硬直化を打破する「静かなる改革」ま...

もっと見る

日本型組織の病を考える (角川新書)

907(税込)

日本型組織の病を考える

907 (税込)

日本型組織の病を考える

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公文書改竄、セクハラ、日大アメフト事件…。なぜ不祥事が繰り返されるのか? 冤罪のち厚生労働事務次官を務めた著者が、日本型組織の病の本質、硬直化を打破する「静かなる改革」までを語る。『読売新聞』連載を再構成。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜ日本型組織では、同じような不祥事が何度も繰り返されるのか? 2009年に自身も「郵便不正事件」で検察による冤罪に巻き込まれた村木氏が、この病理に対して初めて口を開いた。


どうして、当時の検察は証拠を改竄しなければならなかったか? あの経験を踏まえ、頻発する公文書改竄やセクハラ、パワハラなど日本型組織の不祥事を「建前と本音」というキーワードで読み解いた時、何が見えてくるのか?


さらには、冤罪のち厚生労働事務次官まで務めたからこそ知ることのできた、硬直化した日本型組織を動かす「静かな改革」とは? 退官後も「若草プロジェクト」などで世直しを続ける村木氏が、諦めずにこの国を変えるために世に問うた渾身の書。


解説:猪熊律子氏(読売新聞東京本社編集委員)


〈内容例〉
2009年6月14日、まさかの「たいほ」/話をつまみ食いして作られる供述調書/フロッピーの記録から崩れた検察のストーリー/証人喚問で次々と明らかにされたでたらめ/まさか検事が証拠を改竄していたとは/勾留期間中、読み通した一五〇冊の本/あどけない少女たちが薬物に染まる悲劇/決裁文書の改竄は前代未聞の出来事/軌道修正できない組織の「共通点」/官僚は本当に「劣化」してしまったか/糾弾するだけでは問題は解決しない/「『連立方程式』を解く」のが公務員の仕事/「同質性」の弊害を打破する「他流試合」/公務員を「褒めて」伸ばせば市民も得をする/日本初の「セクハラ研究会」を作った理由/事務次官の仕事の要諦は人事と危機管理/「若草プロジェクト」が誕生したきっかけ/「公的支援はJKビジネスに負けている」/地域の中で更生する仕組みをどう作るか/「諦めない」ことが、日本を変える力になる……ほか【商品解説】

目次

  • 第1章 国家の暴走に巻き込まれた日
  • 第2章 拘置所で目にした日本社会の陰
  • 第3章 日本型組織で不祥事がやまない理由
  • 第4章 公務員はこれからどう生きるか
  • 第5章 村木流「静かな改革」の極意
  • 第6章 退官後も「世直し」を続ける
  • 終章  闘いを支え続けてくれた家族へ

著者紹介

村木厚子

略歴
〈村木厚子〉1955年高知県生まれ。高知大学卒業。厚生労働省入省。郵便不正事件で逮捕されるが、無罪が確定し復職。退職後は「共生社会を創る愛の基金」顧問、津田塾大学客員教授などを務める。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本の組織体質の被害

2018/10/28 01:36

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まな - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が巻き込まれた事件については、「そういえばそんなことがあったな」という程度で、内容を知りもしなかったです。
私自身がパワハラで会社を退職したことがあり、日本型の組織のもつ危うさについて考えを巡らせていた時に本書を手に取りました。
冤罪事件が出来上がってしまう背景の検察側の組織体質と、私がパワハラ受けた会社の体質がびっくりするくらい似ていて驚きました。読み終えた時は、他人事のようにはとてもじゃないけど、思えなくなっていました。
特に「話をつまみ食いして作られる供述調書」の話や、検察側の部下は上司の思い込みに従わざるを得ない点、著者の圧倒的不利な立ち位置など。パワハラを会社に訴えた時の会社側の対応や私の状況と酷似していました。著者は、問題の組織体質の原因の一つとして、同質性の高い、偏りのある狭い仕事の人間関係が、新しい価値観を受け入れにくくし、また常識が通用しない特殊な世界を構築することになってしまうのではとも考えています。
日本の古い体質の会社も同じような状態だと、私は考えます。
1人ではなく、複数の人が集まって成り立つ組織問題なので、一人一人の日常の問題意識が現状を克服するためにやはり必要であると感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

尊敬します

2018/10/06 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛行白秋男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

心の底に大きなとても厚い篤いものをお持ちの方ですね。

ご自身の努力と素質、それに素敵な家族の存在。

それが厚い篤いものを育てたのですかね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

えん罪「郵便事件」の顛末の詳細な記述が秀逸

2018/09/24 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

官僚のトップである事務次官まで上り詰めた村木さんは雇用均等児童家庭局長のときに、郵便不正事件で逮捕・起訴される。えん罪だ。本書はこのえん罪が作られる過程と事件の全容を当事者が詳らかにしている。拘留されていた状況も紹介しながら、そのときの自分の対処の仕方を客観的に著述していて、おそらく、逮捕者の状況をこうして自分のこととして、著わしたものはほかにはあまりないのではないだろう。密室で行われる取り調べの中で、検察に都合の良い調書を作成される様子は、捕まったら犯罪者に仕立て上げられるというもの。しかも、本件では、証拠の改ざんも行われる。その改ざんを冷静に見破ったところから、無実を勝ち取るのだが、普通の人だったら捕まった時点で、もうアウトだ。この事件をきっかけとして、取り調べの可視化の扉が少し開いていく。本書の前半はこうした記述が、本人が体験したことだからこそリアリティーを持って描かれていて秀逸だ。
しかし、中盤は、本書のタイトルである。検察も含み、この間の財務省や日大の不祥事に言及し、日本型組織社会の腐敗についての記述は一般論であり、何かが示唆されるものではなかった。
後半、自身の仕事について、その時々の心の動きが語られる部分については、また興味深い記述が続いていく。均等法以前に厚生労働省に入省した村木氏は、キャリアであるにもかかわらず、お茶くみ仕事が始まったことを告白するし、2人の子どもを育てながら働き続けるなか、同僚である夫が単身赴任していたときもあるし、村木氏が子どもを連れて、地方に赴任したときもある。4カ月もの海外出張もある。そうしたことを経ながら、働き続けた来し方が語られる。
村木氏は退官後、過程にも学校にも居場所を失い、「夜の町」でオトナの餌食になる少女を支援するNGOを立ち上げる。拘置所で見かけた少女がきにかかったからだ。「変わらない」「日本はこうなんだ」「組織は変わらない」と諦めないことがこの国を変える力につながるという。「市民」の力を信じて。
本書のおわりに村木氏は良い市民になることを死ぬまでの目標にすると述べている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/04 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/30 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/11 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/12 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/14 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む