サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

駅の文字、電車の文字 鉄道文字の源流をたずねる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/14
  • 出版社: 鉄道ジャーナル社
  • サイズ:18cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-415-32422-7
新書

紙の本

駅の文字、電車の文字 鉄道文字の源流をたずねる

著者 中西 あきこ (著)

日本固有鉄道掲示規程の施行によって登場した「すみ丸角ゴシック体」、駅名標の決まりと移り変わり、車輛に書かれた標記の文字…。現場のこだわりを映す電車文字を訪ね歩く。【「TR...

もっと見る

駅の文字、電車の文字 鉄道文字の源流をたずねる

864(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本固有鉄道掲示規程の施行によって登場した「すみ丸角ゴシック体」、駅名標の決まりと移り変わり、車輛に書かれた標記の文字…。現場のこだわりを映す電車文字を訪ね歩く。【「TRC MARC」の商品解説】

鉄道文字には旅客に向けたものと、現場の業務用に必要なもの、その二つの流れがある。もとより職員や職人の手書きという方法に拠ったので、具体的な書き方は細かく定める必要があった。
見やすく判読しやすいことは必要で、文字のかたちや大きさなども今日まで規程や図面によって指定されてきた。
そのことが鉄道文字に、市中に見られる一般の様々な文字とは異なる性格を与えてきた。
単なる記号でない鉄道文字の現状を通して、そこに秘めたサービスの心の真実をさぐる。
「されど鉄道文字」から2年。より深みへ。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

好評だった前作『されど鉄道文字』から2年。より深みへ誘う新作の登場

2018/09/26 20:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「鉄道ジャーナル」での連載が50回目を迎える2018年9月に、これまで綴られてきた文章をまとめて、2作目となる新刊。新宿駅のガムテープ案内表示文字が一時期話題になりましたが、誰でも読みやすい文字が必要な駅で生まれた文字、書体があります。日本の鉄道は明治中期に鉄道国有の方針が決まり、輸送の円滑のために車両の規格や運転の取り扱いの統一が図られました。そして、鉄道で使われる文字についても具体的な様式が決められたのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鉄道に使われている文字がちょっと違っている理由がわかります!

2018/09/15 12:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、我が国の鉄道、例えば駅舎や列車に使われている文字が、一般に市中で見られるものとは少し変わっている理由について語られた興味深い書です。もともと、鉄道における表示は、旅客を対象に書かれたものと、職員向けに書かれたものという2つの大きなタイプがあります。従来はどちらも手書きで書かれていたこともあって、統一感を出すために、様々な規則を作りました。それが今も続いているため、一般に見られる看板や広告などの文字に比べて、鉄道で使われる文字はやや異なった雰囲気を与えてくれるのです。鉄道について、特にそこで使われる文字について深く知り、より鉄道についての深みを味わうことのできる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鉄道趣味の新境地

2018/10/24 09:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「されど鉄道文字」の続編である。全国に広がった国鉄書体(すみ丸ゴシック)、駅名標記載法の移り変わり、電車形式の標記文字等、鉄道に関係する文字についての一冊である。駅名の記載方法や文字の形を定めた規程類は、わが国の鉄道が開業してから26年後に初めて制定され、その後全国の記載方法を統一する執念のもと、幾度となく改訂された。国鉄時代に電照式の標示器を製造していたのは、東京、大阪、九州の3社であり、その文字は、規程があったにも関わらず、職人が手書きした原稿をもとに文字を切り出すため、3社三様だった。国鉄で使用したすみ丸ゴシックは、見易さもさることながら文字を切り出す作業が容易であったことも、この書体が採用された理由である。名鉄電車の車両番号数字にローマン体といわれる独特の字体を採用した経緯やその製造工程など、様々な角度から鉄道文字について考察されており、鉄道趣味の新たな分野を築いた著作であると思う。ただし、書体に詳しくない一般読者に対する配慮がもう少しあればと悔やまれる。例えば、「大阪地下鉄では、和文にヒラギノフォントに代えてヒラギノUD角ゴシックN、欧文にパリ地下鉄サイン用書体として設計されたパリジーヌを使用」と文章のみの説明である。この文字を見たければ、大阪まで足を延ばせということか・・・。鉄道文字や駅のサイン計画に興味があれば、この著者の前作や、「駅をデザインする」(ちくま新書)の併読もお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鉄道 ランキング

鉄道のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。