サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 中央公論新社の通販
  6. 中公新書の通販
  7. ヒトラーの時代 ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒトラーの時代 ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/07/22
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102553-1
新書

紙の本

ヒトラーの時代 ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか (中公新書)

著者 池内紀 (著)

ナチス体制はなぜ短期間に実現したのか。ドイツ国民がそれを支持した理由は何か。労働環境の改善、社会福祉の拡充などの巧みな施策、ゲシュタポによる弾圧−。様々な角度から、ヒトラ...

もっと見る

ヒトラーの時代 ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか (中公新書)

税込 929 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ナチス体制はなぜ短期間に実現したのか。ドイツ国民がそれを支持した理由は何か。労働環境の改善、社会福祉の拡充などの巧みな施策、ゲシュタポによる弾圧−。様々な角度から、ヒトラーを独裁者に押し上げた「時代」を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

ナチス体制はなぜ短期間に実現したのか。国民がそれを支持し続けた理由は何か。ヒトラーの政治家デビューから人気絶頂期までを描く。【商品解説】

ナチス体制はなぜ短期間に実現したのか。国民がそれを支持し続けた理由は何か。ヒトラーの政治家デビューから人気絶頂期までを描く。【本の内容】

著者紹介

池内紀

略歴
〈池内紀〉1940年兵庫県生まれ。ドイツ文学者、エッセイスト。著書に「海山のあいだ」「恩地孝四郎」「闘う文豪とナチス・ドイツ」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

ヒトラー本は沢山あるけれど

2019/07/24 09:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒトラーとナチスなどに関する本や研究書は、沢山あります。今更…と思われる方も多いでしょう。この中公新書でも結構あります。しかし、いくら本が沢山あれども、ヒトラーとナチスの問題は書き尽くせないでしょう。どんどん新しい視点の本が出てきます(そうでないつまらないものもありますが)。本書は、奇抜ではないですが、あまり誰も触れなかったヒトラーとナチスの周辺のドイツについて兵にまとめられています。文字の書体など一見どうでもいいことですが、少し掘り下げると、その背景にナチスの思想が潜んでる。それとドイツの伝統がどのように絡んでいるのか、結構興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「カフカの恋人」が「アウシュヴィッツで死んだ」?

2019/07/25 23:08

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あとがきにあるように「カフカが愛した姉や妹や恋人がアウシュヴィッツで死んだことを、かたときも忘れなかった」とあるが、「ミレナへの手紙」の邦訳者がミレナ・イェセンスカーはアウシュヴィッツではなくラーフェンスブリュック「で死んだ」事は忘れていては困る。彼女がラーフェンスブリュックで送られたから、そこで元共産党員で反共に転じたり、マルティーン・ブーバーの息子のラファエル・ブーバーの元妻だったりと似た経歴を持っているマルガレーテ・ブーバー-ノイマンと知り合ったから、ブーバー-ノイマンが回想録や「カフカの恋人ミレナ」といった著書でイェセンスカーの存在を故国以外で知らしめる役割をしたのだから。
 ブーバー-ノイマンが共産主義者から反共に転じるきっかけとなった「プロレタリアートの祖国・ソ同盟」の真の姿について、「フィロ・アトラス」というフィロンを会社名にしているので、ドイツ社会に同化したユダヤ教徒であってもキリスト教には改宗していない人々向けの出版社が出した亡命への紹介の本の中で「フランコ政権下のスペイン」(1938年に出版された本だから、当時はまだスペイン戦争が終わっていない事を著者が忘れているようだ)とともにソ連が「入国する国ではない」と記した事で「アトラス作成チームは、きわめて正確な情報を得ていたようだ」と書いている。ブーバー-ノイマンの義理の兄にあたるヴィリー・ミュンツェンベルクの「武器としての宣伝」(原著は1937年刊行)にゲッペルスが「農業集団化」やホロドモール、「スターリン記念白海・バルト海運河」などを言及した演説を引用して「悪質な反共宣伝」に対して反論を試みているから、ソ連を「地上の楽園」とでも思っている共産主義者や容共主義者でもなければ、それなりの情報は当時でも入手出来たのが分かる。
 また「ソヴィエト占領地区、またキエフや南ロシア全土で凄惨なユダヤ人殺戮が発覚するのは、数年あとのことである」と続くが、1938年当時に「ソヴィエト占領地区」なるものが存在しない事は置いていても、「キエフ」とあるからバービーヤールだと思う。この出来事は1941年にドイツ軍がキエフを占領してから特別行動隊がユダヤ人を「殺戮」したのに、これでは未だ起きていない出来事を他の独裁政権の暴力組織が引き起こして、それを「数年あとのこと」とあるからドイツ軍が発見した事になってしまう。
 他にも帯に制服姿のヒトラーの写真を使っているのに、「よほどの必要がないかぎり、ヒトラーはナチスの制服を身につけなかった」とか1935年の再軍備を1955年のドイツ連邦共和国での再軍備と混同したのか、「ヴェルサイユ条約は過酷な賠償金を課す一方で、ドイツにおける一切の軍備を禁じていた」とかヒトラーの政権掌握の直後に「旧ドイツ国防軍首脳との夕食会」とか信じられないような間違いだらけで、岩波新書の「独ソ戦」にある「ドイツ解放軍」の計画をソ連側に提起したのは実際には巻末で著者が紹介しているビーヴァーの「スターリングラード」にあるようにヴァルター・フォン・ザイトリッツ-クルツバッハ砲兵大将なのにパウルス元帥と混同したのといい勝負だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/09/09 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/24 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/07 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/18 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。