サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/06/02
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/463p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-08803-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

狼たちの城 (扶桑社ミステリー)

著者 アレックス・ベール (著),小津 薫 (訳)

第二次世界大戦の末期、ニュルンベルクのユダヤ人古書店主イザークにポーランド移送の通知が届いた。彼は絶望のなか、レジスタンスに関わる元恋人に助けを求めるが、彼女が用意したの...

もっと見る

狼たちの城 (扶桑社ミステリー)

税込 1,320 12pt

狼たちの城

税込 1,320 12pt

狼たちの城

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 2.9MB
Android EPUB 2.9MB
Win EPUB 2.9MB
Mac EPUB 2.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第二次世界大戦の末期、ニュルンベルクのユダヤ人古書店主イザークにポーランド移送の通知が届いた。彼は絶望のなか、レジスタンスに関わる元恋人に助けを求めるが、彼女が用意したのはゲシュタポ犯罪捜査官の身分証で…。【「TRC MARC」の商品解説】

ナチス×スパイ×名探偵
前代未聞の歴史反転ミステリー!

招聘されたゲシュタポ犯罪捜査官。
その正体はユダヤ人の古書店主!


第二次世界大戦の末期、ニュルンベルクの
ユダヤ人古書店主イザークと家族のもとに
ポーランド移送の通達が届く。彼は絶望の
なか、レジスタンスに関わっていると聞い
たかつての恋人クララを頼るが、彼女が用
意してくれたのはゲシュタポの特別犯罪捜
査官アドルフ・ヴァイスマンとしての偽の
身分証だった。イザークは受け渡しの場で
ヴァイスマンに間違われたまま、ナチスに
接収された城内で起きた女優殺人事件の捜
査に臨むことに。ゲシュタポの深奥部で彼
は無事生き抜き、事件を解明できるのか?【商品解説】

著者紹介

アレックス・ベール

略歴
Alex Beer
アレックス・ベール
1977年、オーストリアのブレゲンツ生まれ。ルステナウで育ち、広告業界で2年過ごしたあとウィーン大学で考古学を学ぶ。2008年、本名のダニエラ・ラルヒャー名義で執筆活動を開始。2017年、アレックス・ベール名義で、第一次世界大戦後のウィーンを舞台とする刑事アウグスト・エメリッヒ・シリーズの第一作『Der zweite Reiter』を執筆、レオ・ぺルッツ賞を受賞。2019年、オーストリア・ミステリー大賞を受賞。2020年には本書の続編が発表された。ウィーン在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

狼たちの城

2021/06/23 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ユダヤ人のイザークがゲシュタポのヴァイスマン少佐になりかわり殺人事件と家族を助けるという一人3役のような作品でしたがイザークがゲシュタポのいる城や本部で自分の心に打ち勝ち試練を乗り越えて目的を達成していくところが面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ナチ×スパイ×名探偵×歴史反転ミステリー

2021/09/26 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kapa - この投稿者のレビュー一覧を見る

1942年3月ニュルンベルク。ゲシュタポ高官宅で人気女優の惨殺死体が発見される。スキャンダラスな事件解決のために、ベルリンのゲシュタポは特別犯罪捜査官アドルフ・ヴァイスマンを送り込む。一方ユダヤ人古書店主イザーク一家のもとにポーランド移送命令が届く。家族を守るため、抵抗勢力メンバーと聞いたかつての恋人クララを頼るが、彼女が用意してくれたのはヴァイスマンの偽の身分証だった。イザークは受渡しの場でヴァイスマンに間違われたまま、女優殺人事件の捜査をする。なりすましの露見、抵抗勢力との接触などの危機に直面しながら、事件解決と家族の命を守るための素人捜査官のドラマが始まる。イザークの犯罪トリック推理も興味津々だが、ゲシュタポ深奥部でどのように生き抜き、危機を脱するかが面白い推理小説。
ナチ「反転」物語には、負傷親衛隊にすり替わりドイツを脱出する英国兵士を描いた「アルファベット・ハウス」(早川文庫)や親衛隊から殺人事件捜査を命じられるベルリン元敏腕刑事でユダヤ人のオッペンハイマーの「ゲルマニア」(ハラルト・ギルバース集英社)がある。オッペンハイマーには事件を解決しても命の保証はなく、行くも地獄、戻るも地獄であるが、イザークは偽物であり捜査の素人、しかも、抵抗勢力に加担、また、家族も守らなければならない、とさらに立場は厳しい。
古書店主として得た知識を活用し、捜査官然とふるまうイザーク。敵国英国のホームズや頽廃的とされた著書が焚書され、ドイツ市民権を剥奪されたユダヤ人諷刺作家クルト・トゥホルスキーの箴言を引用しながら、有能な助手の親衛隊伍長シュミットを翻弄しつつ使いこなすところは、皮肉たっぷりのホームズ=ワトソン・コンビだ。
フィクションであるが、作者は「場所的にも時代的にもできるだけ真実に近づけるように」したという。「ユダヤ人問題の最終的解決」を決定し、イザークがその議事録に翻弄されることになる「ヴァンゼー会議」は2か月前に開催されている。容疑者とされたニュルンベルク・ゲシュタポ長官代理ノスケは実際には会議出席者ではないが、別の地で長官となり、独ソ戦で「特別行動部隊」指揮官となった同姓の親衛隊がいる。ノスケの肩書ユダヤ人問題担当課長は実際にはあのアドルフ・アイヒマン、「人民法廷」の「死刑執行人」裁判長オットー・ローターは、ローラント・フライスラーがモデル。そして捜査指揮権を巡ってナチス内部の権力闘争カオスも描かれる。
イザークはヴァイスマンに似てはいたが、整髪し髭をおとして綺麗なスーツを着ただけで「彼は風采よく見えた。ドイツ的な魅力があった。厳しくて尊大で。」街ではアーリア人女性から言葉をかけられるし、ラーン秘書からは愁眉を送られる。「前の日にはまだ、彼に唾をはきかけ、侮辱的な言葉を浴びせかけていた人々が、今日は彼に敬意を示している。彼らの丁重さは、髪型と親衛隊のしるしに、むけられているのだ。彼らは、その奥に隠れているユダヤ人を、今なお見下している。」ナチ社会をイザークは体現したのである。
2020年続編『隠れた敵』Der verborgene Feindが出版された。前作から2週間後。イザークは、ノスケの秘書ラーン嬢を通じてナチ支配層にアクセスし、抵抗勢力のスパイをとなる。一方2年前と同じ手口で二人の若い女性が絞殺される殺人事件が発生。事件解決を急ぐベルリンは、ヴァイスマンにこの事件の解決を命令、イザークはまたも特別捜査官になってしまう。しかも彼の評判を妬む者も現れ、自らの身辺も危うくなる、という展開のようだ。敗戦までヴァイスマンのままでやり通せるのだろうか。そして家族の命運は?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/06/12 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/04 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/18 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。