サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/02/03
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7791-2784-7

紙の本

僕は美しいひとを食べた

著者 チェンティグローリア公爵 (著),大野 露井 (訳)

全篇にちりばめられた、古今東西の食人にまつわる膨大な逸話の引用から浮かび上がる、「真実の愛の行為」としての食人の姿とは…。妖しい輝きを発する告白体のカニバリズム小説。【「...

もっと見る

僕は美しいひとを食べた

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全篇にちりばめられた、古今東西の食人にまつわる膨大な逸話の引用から浮かび上がる、「真実の愛の行為」としての食人の姿とは…。妖しい輝きを発する告白体のカニバリズム小説。【「TRC MARC」の商品解説】

人を喰うことは、常に神を喰うこと

 私たちは神への深き愛ゆえに、神との融合を求めて聖餐を催し、その血肉に見立てたパンと葡萄酒を体内に取り込んで恍惚とする。だとすれば、兄弟たる人間へのフィリアゆえにその肉体を貪る行為も、貴き愛と呼べるだろう......
 なぜ男は「美しいひと」を食べたのか。全篇にちりばめられた、古今東西の食人にまつわる膨大な逸話の引用から浮かび上がる、「真実の愛の行為」としての食人の姿とは。この、妖しい輝きを発する告白体の小説こそ、カニバリズム文学のイデアへの最接近を果たした奇書と呼んでも過言ではない。【商品解説】

著者紹介

チェンティグローリア公爵

略歴
〈チェンティグローリア公爵〉1893〜1965年。オーストリア=ハンガリー帝国公使であったハインリヒと青山光子の長男。ロンスペルクの元領主。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

エログロナンセンスものではありません

2022/04/25 23:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

猟奇殺人犯の告白でもなければ人肉食思考の変態小説でもなく、なぜか気品漂うカニバリズム研究文学になっているのがスゴい。
(当時はセンセーショナルな背徳小説だったのかもしれないけど)

主人公は穏やかで優しく、被食者(美しいひと)も食べられることに愛情を感じており、つまりはこれはロマンス小説という感じ。怖くないし、気持ち悪くもない。訳文も綺麗。

漫画ファンとしては、藤子・F・不二雄「ミノタウロスの皿」、諸星大二郎「美少女を食べる」、また大和和紀「レディー・ミツコ」のファンにオススメしたい。

後ろ三分の一は著者とその一族の解説。著者の母親は日本人で、オーストリア貴族と明治時代に結婚して渡欧したミツコ・クーデンホーフ=カレルギー。ミツコ伝説は知っている物の、その前の家系やその子孫の事は知らなかったので、ここにまとめて下さっていて嬉しい。(がまさかハンスがカニバリズム小説を書いていたとは。しかも面白い!)

表紙のイラストもちょっと病的な書き込みで品があってぴったり。と思ったらヒグチユウコさんで納得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。