サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/09/21
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-112948-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

香華宮の転生女官 2 (角川文庫)

著者 朝田小夏 (著),べっこ (イラスト)

中華世界に転生した元OL・凛は、庭園管理をする司苑に左遷された。嫌味な先輩女官にもめげず、実績をあげていく凛。そんな中、皇帝が倒れ、隠し子だという美男子・徐玲樹が権力を掌...

もっと見る

香華宮の転生女官 2 (角川文庫)

税込 704 6pt

香華宮の転生女官2

税込 704 6pt

香華宮の転生女官2

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中華世界に転生した元OL・凛は、庭園管理をする司苑に左遷された。嫌味な先輩女官にもめげず、実績をあげていく凛。そんな中、皇帝が倒れ、隠し子だという美男子・徐玲樹が権力を掌握する。さらに元婚約者が転生してきて…。【「TRC MARC」の商品解説】

中華世界に転生した、元OLの凜。
現世スキルで逞しく暮らしていたある日、驚きの辞令が出る。
小遣い稼ぎのつもりだった賭博がばれ、香華宮の庭園(後苑)の管理をする司苑に左遷されてしまったのだ。
嫌味な先輩女官に意地悪をされたり、肥料撒きをさせられたりと苦労する日々……。
しかし彼女は、持ち前のガッツと明るさで、司苑の仕事でも実績をあげていく。

そんな中、皇宮を揺るがす一大事が勃発!
皇帝が突如倒れ、隠し子だという美男子・徐玲樹(じょ れいじゅ)が権力を掌握したのだ。
皇帝の甥にあたる子陣(しじん)も、後継争いに巻き込まれ、香華宮はにわかに不穏な空気となる。

同じころ、皇宮では、この時代には無いはずの「天津飯」のデリバリーが大流行。
不審に思った凜が配達員をよく観察すると、なんと彼は同じく現世から転生した元婚約者・悠人で――!?

面白さ、ますます加速中! 波瀾のシリーズ第2弾!【商品解説】

目次

  • 第一章 湖の死体
  • 第二章 髪飾りの女官
  • 第三章 父子の確執

著者紹介

朝田小夏

略歴
1980年静岡県生まれ。Hartnell College卒、The Art Institute of Seattle 卒。『天命の巫女は紫雲に輝く 彩蓮景国記』で第4回角川文庫キャラクター小説大賞優秀賞を受賞しデビュー。同作は発売後即重版がかかり、シリーズ化された。他の著作に「後宮の木蘭」シリーズがある。美しく緻密に作りこまれた世界観と親しみやすいキャラクター造形、端正な文章で読者の支持を得ている。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

2巻

2023/05/01 23:45

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさか彼氏もこっちにきてたとは…
しかも彼氏も転生してるけど、環境が結構悪かったっぽいですべ。
一波乱あるかなと思いましたが、復縁はなさそうでよかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

話は面白いけど、主人公が苦手だ

2022/12/26 02:08

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S910 - この投稿者のレビュー一覧を見る

突然中華風異世界の皇弟の養女に成り代わってしまったOLの物語2巻目。
皇上陛下の隠し子が新キャラとして登場して香華宮を引っかき回したり、同じく転生していたらしい元婚約者と出会ってしまったりしながら、事件を解決するまで。

転生転生って言ってるけど憑依なんだよなぁ、と毎回ツッコみたいし、結局反逆とか内乱とかの事件だよね。
親子げんか扱いしたけど、人が死んでるし、最後の戦闘でもけが人は主人公以外にもいて、なんならきっと死人も出たんじゃないの?
だいぶ納得できない温情措置だったわ。
不満だけでなく面白くもあるけど。

現代日本人感覚の女だからって泣き寝入りしないし身分に関係なく友達を作ろうとしたり、悪習に抵抗するのはいいんだけど、思い込みが激しくて、現代日本的な身分差のない自由主義が当然でそれを押しつけようとするところは苦手な主人公だなぁ。
良くも悪くも気性が激しい。
日本だって自由主義的になって差別が少なくなったのは歴史的に見ればごくごく最近で、現在だって経済格差とかで差別は生まれている。
この作者と主人公の周りは貧乏に苦しんだ人がいないんだろうな、と思っちゃった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/04/21 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/19 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/02/25 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。