サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 226件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/10/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/548p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-207267-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

死にがいを求めて生きているの (中公文庫)

著者 朝井リョウ (著)

植物状態のまま眠る青年と見守る友人。美しい繫がりに見えるふたりの“歪な真実”とは? 朝井リョウ、天野純希、伊坂幸太郎らの競作企画「螺旋プロジェクト」による、若者たちの見え...

もっと見る

死にがいを求めて生きているの (中公文庫)

税込 968 8pt

死にがいを求めて生きているの

税込 968 8pt

死にがいを求めて生きているの

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 19.1MB
Android EPUB 19.1MB
Win EPUB 19.1MB
Mac EPUB 19.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

植物状態のまま眠る青年と見守る友人。美しい繫がりに見えるふたりの“歪な真実”とは? 朝井リョウ、天野純希、伊坂幸太郎らの競作企画「螺旋プロジェクト」による、若者たちの見えない傷と祈りに触れる物語。【「TRC MARC」の商品解説】

誰とも比べなくていい。
そう囁かれたはずの世界は
こんなにも苦しい――

「お前は、価値のある人間なの?」

朝井リョウが放つ、〝平成〟を生きる若者たちが背負った自滅と祈りの物語

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。
二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは?
毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。
交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、
目隠しをされた〝平成〟という時代の闇が露わになる。
今を生きる人すべてが向き合わざるを得ない、自滅と祈りの物語。【商品解説】

収録作品一覧

白井友里子 7−46
前田一洋 前編 47−83
前田一洋 後編 84−115

著者紹介

朝井リョウ

略歴
朝井リョウ
一九八九年岐阜県生まれ。二〇〇九年『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。一一年『チア男子!!』で高校生が選ぶ天竜文学賞、一三年『何者』で直木賞、一四年『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。その他の著書に『星やどりの声』『もういちど生まれる』『少女は卒業しない』『スペードの3』『武道館』『世にも奇妙な君物語』『ままならないから私とあなた』『何様』、エッセイ集『時をかけるゆとり』『風と共にゆとりぬ』などがある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー226件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

絶対評価での学校生活は生きづらい

2023/12/19 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物たちの想いを心に留めていくと、今の時代のなんとない生きづらさを言語化している気がする。ナンバーワンよりオンリーワンと歌われ、学校での相対評価から絶対評価へと変わった社会で育ってきた登場人物たちは、新たな心の苦しみ、悩みに立ち向かうことになった。世界から順位付けされるシステムを手放す代わりに、自分で自分を見つけなければならない終わりのない旅(自分探しの旅か)の始まりだった。この物語の終わりに、答えの一つが提示されているわけではない、心にしっかりとくびきを打たれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無対立

2023/03/05 00:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

螺旋プロジェクト「平成」を担当する作品。

正直「共通ルール」について
これほどがっつり扱うとは思っていなかった。
朝井リョウの作品の中で
「ルール」の要素が明白に浮いていて、
読みにくさがあった。

特にエピローグにあたる
「南水智也」の章はほとんど海族山族の話でかなりだれた。
そのせいで作品全体がだれた印象になってしまった。

「ルール」要素を抜けば、
ちゃんといつもの朝井リョウ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/11/08 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/14 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/15 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/01/03 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/14 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/12/30 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/13 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/01/11 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/30 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/10/31 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/01/25 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/11 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/12/27 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。