サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/02/09
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-07536-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

村の社会学 日本の伝統的な人づきあいに学ぶ (ちくま新書)

著者 鳥越 皓之 (著)

長い歴史の中で工夫を重ね、それぞれの風土に根ざした独自の生活パターンと人づきあいのあり方をかたちづくってきた日本の村々。そこに息づくさまざまな工夫をたどり、そのコミュニテ...

もっと見る

村の社会学 日本の伝統的な人づきあいに学ぶ (ちくま新書)

税込 902 8pt

村の社会学 ──日本の伝統的な人づきあいに学ぶ

税込 825 7pt

村の社会学 ──日本の伝統的な人づきあいに学ぶ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.8MB
Android EPUB 6.8MB
Win EPUB 6.8MB
Mac EPUB 6.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長い歴史の中で工夫を重ね、それぞれの風土に根ざした独自の生活パターンと人づきあいのあり方をかたちづくってきた日本の村々。そこに息づくさまざまな工夫をたどり、そのコミュニティの知恵を未来に活かす道筋をさぐる。【「TRC MARC」の商品解説】

日本の農村に息づくさまざまな知恵は、現代社会に多くのヒントを与えてくれる。社会学の視点からそのありようを分析し、村の伝統を未来に活かす途を提示する。

 日本の村々は、長い歴史のなかで工夫に工夫を重ね、それぞれの風土に根ざした独自の生活パターンと人づきあいのあり方をかたちづくってきた。そのしくみや特徴をつぶさに観察してみると、村を閉鎖的で前近代的なものとみなすステレオタイプこそ、むしろ古びたものにみえてくる。コミュニティの危機が叫ばれる今日、その伝統を見つめなおすことは私たちに多くの示唆を与えてくれるのだ。日本の村に息づくさまざまな工夫をたどり、そのコミュニティの知恵を未来に活かす必読書。【商品解説】

日本の村とはいかなるコミュニティか。「人づきあい」に注目してそのありようを分析し、現代社会とは異なるもう一つの論理を明かす。【本の内容】

著者紹介

鳥越 皓之

略歴
〈鳥越皓之〉沖縄県生まれ。東京教育大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。文学博士。大手前大学大学院比較文化研究科教授。早稲田大学名誉教授。著書に「琉球国の滅亡とハワイ移民」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読む側にゆだねた感じ

2023/10/24 10:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とらとら - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会学、という書名なので、もう少し学術的な本かと思ったけど、わりと軽めの読みものという感じの本だった。村イコール古い封建的なもの、というのではなく、生活者のコミュニティとしての基盤や知恵があるんだよ、ということ。現在、そういったものがなくなってきていること、行政へ頼るしかないようなところなどを、ちょっと憂いている感じだけども激しく批判しているわけでもなく。いろんなことを読む側にゆだねたような文章が多かった。本文のなかにあるお坊さんのような役割なのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村は、日本の伝統的な人付き合いの場。

2023/03/28 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おじゃもんくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

親の実家が農村部なのだが。
子供の頃から街に住んでいる私にとっては、不思議な空間だった。
ドラマ等の物語によく出てくる、封建的閉鎖空間では無く。
田んぼやはたりが広がり、お祭りがあり夜は真っ暗で。
虫やメダカを観察して、楽しんでいたなぁ。

筆者は、日本の村落を長く研究し観察していて。
この本も、日本の隅々の農村・漁村を巡り巡ってたどり着いた結論が書かれていて。
村々が、長い歴史の中で工夫に工夫を重ねて。
それぞれの風土に根ざした、独自の生活の中の人付き合いのあり方。
それを詳細に観察して行くと、村は閉鎖的でも無く古いものでも無いと定義。
村を前近代的なものとみなす、社会のステレオタイプな部分が古びて見える。
村の作り上げたコミュニティーこそ、今の私達に必要なものを示している。
なかなか、目から鱗な事例が多くてびっくりでした。
本書は、村の知恵やコミュニティー・そしてローカルルール等仕組みについて解説して。
中頃で、村の働きや人間関係・思想について。
後半は、村の意図的消滅論や過疎化の危機について書き。
自由主義と共和主義は、個人主義と村社会として。
村は共和主義で、その村の持つ知恵を活かす時代に来ていると締めくくっている。
なかなか奥が深い「村の社会学」でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たわけ者

2023/04/11 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村=田舎と侮るなかれ。都会の砂漠の一粒の砂として生きる気楽さと束になって対応するという生き残り策との対比などから、生きるための知恵のうちの日本人の伝統的な人づきあいを考えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/05/18 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。